トランプ大統領、172億円の所得 2005年の納税申告書が流出

アメリカのNBCテレビは3月14日夜、ドナルド・トランプ大統領の2005年度連邦確定申告書の写しを公開し、所得額は1億5000万ドル(当時のレートで約172億円)で、連邦所得税の納税額は3800万ドル(約43億6000万円)だったと報じた。

匿名の情報提供者が、トランプ大統領の伝記を手掛けた調査報道ジャーナリストの
デイビッド・ケイ・ジョンストン氏に、トランプ氏の2005年度確定申告書の最初の2ページを公表した。14日深夜、ジョンストン氏はMSNBCのキャスター、レイチェル・マドー氏が司会を務めるテレビ番組「レイチェル・マドー・ショー」に出演し、公表された納税申告書について述べた。

以前から、トランプ大統領に確定申告書を公表するよう求める声が上がっていた。

「この文書が入手可能となりました」と、マドー氏がコメントした。 「これは、一連の流れの中でもっとも重要な出来事かもしれません」。また彼女は、申告書が公開されたことで、監査中のため納税記録は公表できないとしていた大統領の主張に疑問が生じると強調した。

ジョンストン氏は自身のウェブサイト「DCReport.org」で、その2ページについての分析を公開した。このサイトは、14日夜にアクセスできなくなった。

「The Daily Beast」によると、納税報告書では、トランプ大統領が「2005年に1億5000万ドル以上の収入があり、そのほんの一部にあたる税金を通常の連邦所得税として支払った」ことが示されているという。

「The Daily Beast」のデイビッド・ケイ・ジョンストン記者は、トランプ大統領の2005年の連邦所得税申告書の最初の2ページと思われる文書を入手し、その分析を自身のウェブサイト「DCReport.org」で公表した。「The Daily Beast」はこれらの文書を独自に検証することはできなかった。

この文書では、トランプ氏とメラニア夫人が通常の連邦所得税として530万ドル(約4億円)、すなわち4%に満たない金額を納税していることを示している。しかし、トランプ夫妻はいわゆる「代替ミニマム税(AMT)」として、3100万ドル(約35億6000万円)を追加で納税した。トランプ氏は以前からこの税の廃止を求めている。

ホワイトハウスは声明を発表し、トランプ大統領は「法的に求められる以上の税金を支払う義務はない」と述べた。


ホワイトハウスからの声明は以下の通り。

.@WhiteHouse statement on Maddow show @realDonaldTrump tax return via @ewstephe pic.twitter.com/nP8Z0o94p6

— David Shepardson (@davidshepardson) 2017年3月15日



マドウ氏の番組が報じたトランプ氏の納税申告に対するホワイトハウスの声明

あなたたちは視聴率を取るために必死だ。法を犯してまで、10年以上前の2ページほどの所得税申告書をニュースにしたいとは。

大統領に選出される前、トランプ氏は世界で最も成功した実業家の1人だった。彼の企業、家族、従業員たちに法的に要求される以上の税金を支払う義務はない。

報道されているように、トランプ氏は3800万ドルを支払った。建設事業による多額の減価償却費を差し引いた、1億5000万ドル以上の所得に対する税額だ。それと同時に、売上税や物品税、雇用税など、数千万ドルの税金を納めている。この違法に発表された申告書がそれをまさに証明している。この正確な所得額、納税額にもかかわらず、納税申告書を盗み、公開するのは完全に違法行為だ。不誠実なメディアはこの計略を続ければよい。そうしているうちにも大統領は、すべてのアメリカ人のためになる税制改革を含む課題に力を注ぐだろう。


トランプ氏の過去の納税については、2015年に大統領選への立候補を表明して以来、有権者の関心の的だった。民主党員や一部の共和党員たち、そして多くの一般市民が、過去40年間の大統領候補が慣習だった納税申告書の公開を要求していた。


トランプ氏はそうした要求をかわしてきた。大統領に就任後2日目には、ホワイトハウスのケリーアン・コンウェイ大統領顧問が「人々の興味がないから、大統領は納税申告書を公開しない」と語った。

公開を拒否し続けたトランプ氏は、現在内国歳入庁(IRS)の監査が入っているために納税申告書を公開できない(IRSは、監査は納税申告書の公開を妨げるものではないと言っている)として、何か月もの間この問題を避けてきた。民主党候補だったヒラリー・クリントン氏が私用メールアカウントで送受信したメールを公開したら、自分の納税申告書も公開すると約束してもいる

ニューヨークタイムズは2016年10月、大統領候補だったトランプ氏の1995年の納税申告書のうち3ページを入手したと報じた。申告書を見ると、9億1600万ドル(約1051億円)の損失を計上している。申告書の内容を調査した専門家によると、20年間にわたって個人所得税の支払いを回避するための措置だった可能性がある。

トランプ氏は、ニューヨークタイムズの報道の1週間後、2016年10月9日の大統領選討論会で巨額の控除を受けていたことを認めた。「控除は素晴らしいことだ」とトランプ氏は語ったが、その前に「私は税金を払っている」と主張している。

討論会の後、トランプ氏の息子エリック氏は、父は「莫大な税金を支払っている」と語った。しかし彼が持ち出したのは、個人所得税ではなく、トランプ氏のファミリー企業「トランプ・オーガナイゼーション」がビジネスで納税した話だった。

2016年9月26日に行われた最初の大統領候補討論会で、クリントン氏はトランプ氏が納税申告書を公開しないことを非難した。申告書を見ればトランプ氏がおそらくほとんど税金を払っていないことがわかるからだ。

トランプ氏は、「それは私が賢いことの証明だ」と反論していた。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます





(スライドショーが見られない方はこちらへ)




2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png





QRコードでジュースをおごる? スマホで注文する「イノベーション自販機」 首都圏20駅で試験運用開始

2017-03-15-1489563723-9034568-01.jpg

JRの駅構内の飲料自販機開発などを手がけるJR東日本ウォータービジネスは、スマホアプリと連動して商品を購入できる「イノベーション自販機」の試験運用開始を発表しました。

このイノベーション自販機は、スマートフォンアプリ「acure pass」上で商品の選択・決済が可能。自販機ではQRコードをかざして商品を受け取るだけです。このため、QRコードをシェアすれば友人や家族に飲料をプレゼントすることもできます。

2017-03-15-1489563824-7808477-09.jpg

アプリで飲料を購入すると、QRコードとして出力。それを自販機に読み込ませることで受け取れます。購入後のコードは180日間有効で、それを経過すると失効します。

2017-03-15-1489563854-8852435-02.jpg
QRコードをかざして商品を受け取る

2017-03-15-1489563909-2923236-03.png
商品ラインナップ

対応する決済サービスは、モバイルSuica、LINE Pay、ネット銀聯。クレジットカードはビザ、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレス、ディスカバー、ダイナースクラブなど。直接購入も可能ですが現金投入口はなく、交通系ICカードや一部のICクレジットカードのみで購入が可能です。

2017-03-15-1489563956-6347963-06.png

一度に5本まで買える「通常購入」と1カ月単位でまとめ買いができる「定期購入」が可能で、このうち定期購入では30本までまとめ買いができます。


ジュースをTwitterやLINEでプレゼント可能



また購入時に使うQRコードは「プレゼントURL」として出力でき、アプリではSMS、LINE、Twitter、Facebookへの投稿に対応。URLの有効期限は3日間で、期限を過ぎるとURLの再発行が必要になります。

同社では友人や家族に対する言葉のコミュニケーションに加えて、ドリンクをプレゼントする使い方を提案しており、これは「駅という生活インフラ化されたロケーションだからこそ成立するコミュニケーション」とアピールしています。

2017-03-15-1489564097-2923602-08.png
最寄りのイノベーション自販機設置駅を表示できる

機能面ではこのほか、子どもや車椅子利用者の購入を補助する「低位置メニュー」機能を装備。低位置メニューの起動ボタンを押すと、画面の下部に別ウィンドウを表示し、カーソルボタンで商品を選べるようになるモードです。

ハードウェア上のスペックとして、画面には46型ディスプレイを2枚搭載。外形寸法は幅が1297mm、高さが2095mm。奥行きは不明ですが、JR東日本の駅構内でよく見かける自販機よりもかなり厚みがある印象を受けました。

2017-03-15-1489564146-8907333-10.jpg
画面左下にある「低位置メニュー」ボタン

2017-03-15-1489564182-1886165-11.jpg
押すと画面最下部に小さなメニューが出てくる

当初設置予定の駅は首都圏20駅。設置を各駅と交渉中とのことで、現在は東京駅、品川駅、大崎駅、新宿駅、池袋駅、上野駅、横浜駅などへの設置が決まっています。設置エリアの拡大は未定です。3月14日より約1年間にわたり試験運用する予定です。

購入コードの有効期限は約半年間ですが、在庫切れなど、運営会社都合で商品を受け取れない場合は、別の日に改めて受け取るよう案内するほか、季節ごとのラインナップ切り替えなどで商品を取り扱わなくなった場合は、返金処理を行うといいます。

2017-03-15-1489564227-480342-12.jpg


キャッシュレスの一歩先へ



本サービスは、単に物が買えるというだけでなく、コミュニケーションに付随して間接的に物を贈るために、自販機の機能を拡張した点に新規性があります。

海外では、現金を使わない「キャッシュレス」の一歩先を行く「ペイレス」の取り組みがトレンドです。これは、米国のマクドナルドやスターバックスが導入しているもので、スマートフォンアプリで商品を選択・決済し、レジでは商品を受け取るだけというサービス。客のレジ待ちの解消や、店員の接客コストの削減に大きな威力を発揮します。

イノベーション自販機でも、同様の仕組みを導入するものの、マクドナルドやスターバックスのように行列待ちや接客コストの削減には役立ちません。とはいえ、ジュースをTwitterやLINEといったSNSでプレゼントできるというサービスは、スマホで注文・決済するからこそ実現したサービスとも言えます。

駅という生活インフラの場を活かし、長い間固定化されていた「自販機と利用者」という一対一の関係を技術とアイディアで変えていく姿勢は大いに評価したいところ。商品の価格帯が100~200円程度と、気楽にやり取りできる範囲の金額というのもSNSと相性が良さそうです。

現金購入のための機構を除外し、スマートフォンアプリと連携して使うことを前提としていることから、自販機というよりは、商品の受け取り機という側面が強いイノベーション自販機ですが、今回の発表会では、将来的にインバウンド対応なども視野に入れているということで、訪日外国人向けのラインナップ整備や、言語表記の変更などに対応する可能性にも言及されました。

【関連記事】



(2017年3月14日「現金もSuicaも時代遅れ? スマホで注文・決済する「イノベーション自販機」が首都圏20駅に設置」より転載)
芸能人の熱愛・破局

【熱愛】元SMAP中居正広の新彼女・武田舞香のご尊顔wwダンサー・振付師との写真を女性セブンがスクープ(画像あり)

続きを読む

「心の除染」って、なに?〜『「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか』を読んで

これが現実に起きていることだとは、にわかには信じられなかった。

原発事故によって多量に降り注いだ放射性物質。それに対して、放射性物質を取り除く「除染」よりも、放射能を怖れる気持ちをこそ取り除く「心の除染」をすべきである――そんなことを主張する市長がいるというのだ。

それは、福島県伊達市の仁志田昇司市長。

今年2月に出版された
『「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか』(黒川祥子/集英社インターナショナル)には、原発事故後のあまりにも理不尽な「嘘のような本当の話」があますところなく描かれている。

福島県伊達市は、全村避難となった飯舘村の斜め上、そして福島市と隣接する人口6万2000人の市だ。福島第一原発からは約60キロ。そんな伊達市は、著者・黒川氏の生まれ故郷でもある。

著者が伊達市を取り上げたのは、自らの故郷であるという個人的理由からだけでなく、「原発事故のさまざまな問題の『縮図』が、ここ伊達市にあると思う」からだという。それは原発事故後の伊達市に「未だかつてなかった制度」である「特定避難勧奨地点」という制度が適用されたことに始まる。「地域」ではなく、「地点」。つまり、地点とは世帯、家。家ごとに特定に避難を勧奨するという制度だ。

これによって、何が起きたか。

「同じ集落、同じ小学校、同じ中学校に、避難していい家と避難しなくてもいい家が存在する。『勧奨』だから、避難はしてもしなくてもいい。年寄りが今まで通り自宅で農作業をしながら暮らしても、東電から毎月慰謝料が支払われる。一方、『地点』にならなかったら、子どもが何の保障もなくこの土地に括り付けられる」

この制度は2011年6月30日から12年12月14日までの実質1年半、存在した。その1年半の間に、地域社会はズタズタに切り裂かれたという。

ちなみに「地点」に指定された場合の優遇措置は以下の通り。

「市県民税、固定資産税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、国民年金保険料、電気料金、医療費の全額免除。

避難費用、生業補償、家賃補助、通学支援、家財道具、検査費用の支給、日赤から家電6点セット(30万円相当)が支給される。義援金、援助物資を受け取る権利もある。

賠償として、東電から精神的慰謝料として家族一人あたり、月10万円。これは避難してもしなくても支給される」

同じ地域に住んでいて、隣の家がこれだけの優遇措置があるのに自分は何もない。これほど残酷に地域社会を分断するシステムはないだろう。

一方、伊達市は3.11があった年の夏、華々しく「除染先進都市」としてデビューした自治体でもある。市長は国際原子力機関(IAEA)本部にも招かれ、同市の除染担当職員・半澤氏は「除染の神様」と呼ばれるほどだ。その背景にいるのは、原子力規制委員会委員長・田中俊一氏。田中氏は事故後いち早く、伊達市の放射能アドバイザーに就任、除染を指導したのだ。

田中氏の名前が出てきた時点で既に怪しい雲行きだが、結果はどうなっているのか。

除染先進都市として名乗りを上げたものの、伊達市ではいまだ市内の7割を占める地域で全面的な除染が行われていないのだという。

「伊達市より『遅れて』ではあっても近隣自治体は、居住地への全戸全面除染を行っているというのに、住民の生活圏である宅地を放射性物質が降り注いだ『そのまま』にしているのは例を見ないと言えるだろう」

そんな伊達市は、「全世界で初めてとなる壮大な実験」を行った自治体でもある。

「個人線量計(ガラスバッジ)を約5万3000人もの全市民に1年間装着させ、実測値を得たのだ。この貴重なデータは今後、原子力国際機関はじめいろいろなところで活用されていくだろう。おそらく、被曝管理基準を緩和させるものとして」

事故直後から、伊達市の対応は被害を過小評価するものだった。

例えば4月14日の文科省調査「福島県学校等空間線量及び土壌モニタリング」によると、郡山市、福島市、本宮市、二本松市、伊達市の調査対象校でもっとも空間線量が高いのが伊達市の小国小学校。校舎外平均1メートルで5.2マイクロシーベルト、50センチで5.6マイクロシーベルト。が、3月23日という、もっと線量が高かったことが予想される時点で伊達市は小学校の卒業式を強行している。それも、親たちの不安の声を無視して。ちなみにこの年に卒業式をしたのは、仲通りの県北地域では伊達市と大玉村のみ。

新年度が始まると、そんな高線量の学校に子どもたちが通い始める。ちなみにこの小国小学校は、原発事故後も子どもが通う小学校の中で、もっとも高い放射線量だったという。しかし、自治体はなんのアクションもしない。それどころか、市の広報で市長は「何も心配ない、大丈夫」と繰り返す。

それだけではない。4月の時点で伊達市では、一部学校をのぞいて屋外活動が再開された。全村避難となった飯舘村とそれほど変わらない線量で、校庭の除染もされていないのに。そんな伊達市には福島県の放射能健康管理アドバイザー・山下俊一氏(ミスター100ミリシーベルトのあの人)も講演にやってきて「大丈夫」と繰り返す。他の人の講演でも、たばこやポテトチップスに問題がすり替えられてばかり。

そうして伊達市は、「子どもも放射能と『闘わせる』戦闘員として位置付け」る。学校給食の地産地消だ。

「この時期の食品の出荷制基準は、現在の5倍の500ベクレル/kgだ。放射能が降り注いで3カ月経ったか経たないかで、農家のために『子ども』も放射能と闘えと言っている」

不安に思った親が子どもに弁当を持参させれば、「気にしすぎる親、心配しすぎの親」というレッテルが貼られ、「放射能を心配する親」は、時が経つにつれ行政にモンスターペアレンツのような扱いを受けるようになっていく。

そんな伊達市では、前述した「特定避難勧奨地点」の設定などについて、住民の意見が一切反映されないというのも特徴だ。「住民説明会」が開かれても、区民会長などに限定され、子育て世代は参加できない。高齢者だけが密室で、重要すぎることを一方的に決めてしまう。原発事故によって剥き出しになる、自治体の権力性・暴力性。平時から民主的で開かれた行政であれば、決して起こりえないことだろう。

そんな伊達市の小国地区で、特定避難勧奨地点について、全住民を対象とした説明会が開催されたのは、地点の設定までわずか2日となった日。

「もしここに残った場合、どんなリスクを背負うことになるのか」という住民の質問に、国の原子力災害現地対策本部室長は「普通に暮らしていただいて問題はありません」と回答。「地点に漏れても、その子どもたちを守るために、国はちゃんと手当てをしてくれるのでしょうか」という質問には、「放射線被曝で健康影響が将来的に確認される場合、因果関係を含めて整理されるべきことですが、この場では言いにくいのですが、最後の司法の場の話になる可能性もあります」と、「勝手に裁判でも起こせ」というように突き放す。

「はっきり言ってここは、計画的避難区域にするべき場所なのではないですか!」

市会議員の一人がそう叫ぶと、会場からは一斉の拍手。

それにしても、地表1センチで100マイクロシーベルト/時を超えるような高線量の地域を抱えながら、なぜ、市はこれほどまでに「避難しない」ことにこだわるのか。市会議員の一人は言う。

「問題は、県庁です。小国から県庁まで直線で7キロ、裏道を使えば20分で行ける。ここを計画的避難区域にしてしまうかが、県と国の悩みの種だった。まさに、小国は県庁ののど仏ですよ。小国を計画的避難区域にすれば、渡利地区だって同じぐらいの線量ですから、ここもそうならざるを得ない。こうして避難が福島市に及んだら、何万人もの人間を避難させないといけなくなる。その人たちをどこに避難させるのか。当然、県庁も所在地を動かさざるを得ない」

住民の命や健康より、国や県の事情が優先される。

さて、特定避難勧奨地点の指定については、敷地内のたった2カ所の測定のみで、指定の根拠も曖昧。また、指定するにあたって「妊婦や子ども」への配慮も強調されたが、伊達市では「子ども」は小学生以下。南相馬市は「18歳以下」であるにもかかわらずだ。結果、中高生がセーフティネットから振り落とされる形となってしまった。そんな状況の中、自暴自棄になる中高生も当然出てくる。

「うっせーな! 気をつけろとか、放射能のこと、いちいち言うな。オレはどうせ、結婚できねえんだから、じいちゃんの作った野菜を食うぞ!」と言う高校生。

「だって、私、結婚できないから。もう、どうでもいい」と言う中学生。

フランスの測定機関に子どもの尿を送ると、セシウムが検出される。

一方、小国に隣接する保原町には、「特定避難勧奨地点」のことは何ひとつ伝わっていなかった。しかし、家の中でも3マイクロシーベルトくらいはある。子どもを抱える夫婦は避難を考えるものの、認知症が始まっている年老いた両親は頑なに「避難しない」と言う。今の家の住宅ローンを払いながら、避難先の家賃や生活費、高齢の両親の生活費までとても賄えない。

父親は、子どもたちに謝る。

「ごめんね。悪いけど、避難させてあげられない。お父さん、お金持ちなら避難させてあげられるけど、金がないから。でも、できる限りのことはするからな」

これほどに辛い「謝罪」があるだろうか。

一方、伊達市は7月、田中俊一氏の協力を得て、市内全域で除染をすることを宣言。また、「健康管理」として市民にガラスバッジをつけさせることを決定。そして市長は「放射能に負けない宣言」を発表し、市民に「除染の担い手であれ」と主張する。

市長は、政府主催のワーキンググループで以下のように述べている。

「私が一番問題だと思うのは、原発事故というのは現在進行形で、人災だという意識、これが市民の間にあるというのは問題だと。つまり、国、東電の責任だ、だから除染は国、東電が行うべきで、我々はやらなくていいのだ、こういう話なのですね。(中略)私は、そうではないのだよ、我々がやらなければだめなのだと言うためにも、支援センターを設置したわけであります」

なぜ、被害者であり「除染のプロ」でもなんでもない人々が、被曝しながら人災の尻拭いをしなくてはならないのか、私にはまったくわからない。さらに市長は、市民も「モンスターペアレント」扱いする。

「少子化と晩婚化による問題がある。過剰な愛情といいますか。ある懇談会で、(中略)50近い女性の方が、この子は私の40過ぎてから生まれたたったひとりの子どもだ、この子に何かあったら大変だ、こんな放射能のところに置いていいのか、こういうふうに私に言う。大丈夫です、この程度は大丈夫ですと言いたかったのですけれど、言ってもしようがないというか、理解されない。(中略)もともとモンスターペアレントというのがいまして、一部ですけれども、これが教師から行政へ向かっているというふうに私は考えております」

が、学校も頼りない。179マイクロシーベルトのホットスポットが放置されていた学校では、それを問いただす親に教頭が「公表すると動揺する」から黙っていたと笑いながら言う。親が騒ぐと子どもがいじめられるぞ、と脅す校長までいる。

さて、伊達市では12年に除染が始まるのだが、12年12月、今度は「特定避難勧奨地点」がまたまたなんの説明もなく解除される。避難していた世帯への支援も当然打ちきられ、住民は翻弄される。

そうして鳴り物入りで「除染先進都市」としてデビューした伊達市の市長は、13年はじめには「除染は手段であって目的ではない」と言い出し、「安全だと思えるようになるには心の問題という面もあります」などと述べ始める。また、3.11から3年目の節目には「除染の限界」を言い出し、「放射能に負けない宣言」をブチ上げ、精神論で乗り切ろうという方向に舵を切る。

そうして13年9月、田中俊一氏の後継者として伊達市のアドバイザーになった多田順一郎氏は、「除染からは、何一つ新しい価値が生まれませんので、除染作業は1日も早く終えて、将来に役立つ町づくりに努めようではありませんか」とコラムで呼びかける。そんな多田氏は現在、除染に多大な期待を抱かせたことを「反省」し、「全国の納税者と電気料金負担者に申し訳なく思って居ります」と書いているのだという。更に多田氏は全面除染を望んで声を上げる市民を、オウム真理教の信者やISにまで喩えて敵視するのだ。

さて、13年11月には、全市民が1年間ガラスバッジをつけて「実験台」となった計測結果が発表された。この結果を根拠として、除染は急激に終息に向かっていく。著者は以下のように書く。

「そうして仁志田市政を継続させ、伊達市は原子力推進機関にとって有利に作用する『実験場』としての使命を全うした。ICRP(※)の考えこそが『正しい』と頑なに信じる半澤ら市幹部、田中俊一から多田順一郎へのつながる市アドバイザーたちの手によって。

この伊達市の『実験』は今後、原子力災害が起きたときの貴重な『前例』となるだろう。不必要な除染はしないことで損害賠償費用を削減し、全市民が着用したという前提のもとでのガラスバッジデータから追加被曝基準も引き上げられていく。原子力を推進する勢力にとって都よく、使い勝手のいい『前例』が、福島第一原発事故後にこうして作られたのだ」

本書に登場する、娘を持つ女性の言葉が印象的だ。中学生の娘の甲状腺には、蜂の巣状の嚢胞が無数にある。それでも病院では「遺伝」と言われ続ける。

「今、全国で原発周辺に住んでいる人たちは、子どもの甲状腺エコーと血液検査をしておいてほしい。そうすれば、私たちのように、何かを隠されたままにされなくてすむから」

原発事故から、6年。事故も被害も現在進行形なのに、国も行政も、あまりにも冷たい。

本書のあとがきには、以下のような言葉がある。

「伊達市が守ったのは『市民』ではなく、『伊達市』だった。福島県も国も、同じだろう」

優先されるべきものが、どう考えたって間違っている。まず守るべきは、命だ。ただ、それだけのことなのだと、事故から6年、怒りを噛み締めている。

※ICRP:国際放射線防護委員会

(2017年3月15日「雨宮処凛がゆく!」より転載)
アニメ

海外「日本が奇跡を起こしてくれた」New Gameの第2期発表に感激する海外のアニメオタ

SPONSORED LINK  (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 概要アニメ「New Game!」第2期の制作が発表されました。作者「得能正太郎」による4コマ漫画で、「まんがタイムきららキャラット」で2013年3月から読み切りで掲載され、同...
野球

【WBC】野球日本代表、キューバ戦の視聴率がやばいwwwwww

続きを読む

日本の長い歴史の中で、ほとんどの男女が結婚したのは昭和の一時期だけ

僕は結婚は、したい人はすれば良いし、したくない人はしなくて良いし、それを他の人がどうこういう必要もないと思っています。

でも、大都会のバーというお酒を出すお店でバーテンダーという仕事をしていると、本当に毎日のように「良い出会いがない」とか「そろそろ結婚を考えている」とかって「結構モテそうな女性」から言われるわけです。

そして先日、こんな質問をいただきました。

「お互いに独身の友人(二人とも女性です)とよく話しているのですが、40歳過ぎて結婚できていない私たちって、何か欠陥があるんでしょうか?ちなみにその友人も私も別に特に性格が悪いとも思えないし、見かけも特にすごく美人というわけではありませんが、愛嬌もあるし感じもいいし(笑)、普通に社会人として周囲とトラブルもなくうまくやっていけています。結婚できた人とできていない人の差ってなんなのでしょうか?何かあるのでしょうか?(43歳)」

まず、こんな事実はご存じでしょうか?

日本の長い長い歴史の中で、ほとんどの男女が結婚したのは昭和の一時期だけなのだそうです。

江戸時代も、明治時代も、みんながみんな結婚したわけではないそうです。

でも、昭和の一時期だけ、ほぼみんなが結婚してしまったため、「人は大人になったら結婚するのが当たり前」という風に信じてしまって、その人たちが親になった今の時代に、「どうしてうちの娘は結婚できないのか?」と思うようになったというわけなのだそうです。

さて、どうして昭和の一時期はみんなが結婚出来たのかというと、その時期、「お見合い」がすごく流行ったそうなんです。

どこかに年頃の独身者がいると、「じゃあ、この人なんてどう?」というお見合いをすすめるおばちゃんが全国にすごくいたんでしょう。

実際、その昭和の時期と今の平成の「恋愛結婚率」は変わらないそうなんです。

はい。自分で勝手に恋愛して、勝手に結婚しようと考えるような人たちっていうのは、いつの時代もそんなには多くないんです。

みんな結構、誰かが「早く結婚しなさい。この人なんてどう?」ってしつこく言うから、もうどうしようもなく結婚したってことのようなんです。

たぶん結婚って「すごくしたい」って思わない限りは、なんとなくしないままですんでしまうものなんだと思います。

周りのいろんな意見に惑わされることないと思いますよ。自分が好きなように自分の人生を生きたらいいと思います。

渋谷 bar bossa 林伸次

上のような質問に答えた本が出来ました。『
ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信

『非行生徒』の資料、熊谷市の中学校が地域に配る 顔写真付きで「性的な事への関心が強い」

埼玉県熊谷市の市立中学校が1月、「非行生徒」の氏名や学校での態度などをまとめた資料を、地域の自治会長らに渡していた。市教育委員会が3月15日、ハフィントンポストの取材に答えた。

同校は、学校での行動に問題がある生徒の情報を、地域で共有する必要があるとして、氏名や住所などの個人情報をまとめた資料を作成。1月に開かれた自治会長らでつくる「いじめ・非行防止ネットワーク会議」の場で、手渡したという。

資料に名前が記載されていたのは、1年から3年の13人の生徒。このうち5人は住所や顔写真が添えられ、「学力が低い」「性的な事への関心が強い」「暴力的な言葉を使う」などと学校での様子も記されていた。

会議には、自治会長や民生委員のほか、同校のPTA会長や市教委職員、県警熊谷署員など、計17人が出席。「取り扱い注意」と書かれた生徒の資料が1部づつ配られ、ほとんどの出席者が持ち帰った。

会議の翌日、資料に自分の子どもが載っていることを知った保護者から、学校に苦情が入った。市教委と熊谷署の計2部以外は回収されたが、資料を撮影した写真がSNS上に投稿された可能性があり、市教委が確認している。

「いじめ・非行防止ネットワーク会議」は2015年に始まり、今回で4回目。個人名が記載されたリストを作成したのは初めてで、過去の会議で出席者からの要望があったという。

市教委は15日、ハフィントンポストの取材に対し、「写真や住所などの個人情報をどこまで載せるのが適切だったのか、学校側のチェックが甘かった」と説明。「地域に現状を伝えるためには、どういう資料が必要なのかを検討していく」と述べた。

資料の流出については、「取扱注意とは書いていたが、資料の回収、管理を徹底し、再発防止に努める」と話した。


■関連画像集「小中学生の人数の推移」



【※】スライドショーが表示されない場合は→
こちら

タイでのお仕事、総まとめ!~第一章 タイで求められる人材と面接のコツ~ 

2017-03-06-1488785799-13347-1487693092aji2.png


サワディーカー、タイのライター味(Aji)です。

突然ですが、この度タイを離れることとなり、この2月からはシンガポール支店に勤務しています。

過去3年間、タイ・バンコクでキャリアアドバイザーを務めてきましたが、今回はタイ滞在の総決算となる内容をお伝えします。

第一章では、タイで求められる人材情報について。次回の第二章では、私が個人的に思う、タイで働く価値についてです!


【第一章】タイで「求められる」人材 ~転職をお考えの方、必見!~


1.タイで求められる日本人とは?



2017-03-06-1488785943-436292-1487748522shutterstock_126693914slider.jpg


○経験
・業界・業種問わず!
⇒ASEAN内で日系マーケットが最も大きいタイでは、進出している日系企業は約9,000社。求人数も多いので、アナタの経験を活かせます!

・新卒
⇒応募可能! ただし営業職、サービス系がほとんどです。

・大卒でない方
⇒応募可能! ただし正社員経験や、スキルがある方のみ。


○年齢
・海外就労経験のない方:23~40歳まで、それ以上はエンジニア等、専門スキルのある方
・海外就労経験のある方:23~50歳まで、それ以上はエンジニア等、専門スキルのある方、または役職についていた方


○語学力
・英語力:日常会話以上
・タイ語力:あれば尚良

⇒英語力よりも人物重視で採用される企業様も多いです。また、近隣諸国との関わりがある求人も多いため、高い英語力を活かせる案件もあります!


○タイをおすすめしたい方
・海外就労が初めての方
・自発的に動ける方
・タイが好きな方
・ワークライフバランスを重視する方
・旅行が好きな方
⇒ASEANのハブということもあって、国外に出やすい。また、タイ国内にも観光資源が豊富!
・あくまでも日本人として動ける人
⇒海外で日本人を採用するというのは、「日本人にしかできない仕事・日本人に向く仕事を任せたい」ということです。日本で培った経験、日本人らしさを発揮してください!


2.面接で絶対聞かれる、この質問!!



2017-03-06-1488786138-3060424-1487748523shutterstock_188068184slider.jpg

上記の条件を満たしている方(少なくないのでは?)、さぁ応募しましょう!
......その前に、このふたつの問い、スムーズに答えられますか?

1)海外(タイ)で働きたいのはなぜ?
2)海外(タイ)で何をしたい? キャリアビジョンは?


企業側からすると、タイでは一企業あたり採用できる外国人の数が決まっていたり、ビザの手配などのコストがかかったりと、日本とは勝手が異なるもの。そんな苦労を越えてでも採用したい人材は、ずばり「軸のある方」です。

上記のふたつの質問は一見シンプルですが、志望動機(過去)、これからのキャリアビジョン(未来)という、自分の過去と未来をしっかりと捉えていないと答えられません。改めて考えてみることをオススメします。


3.海外で働いている方のビジョン!



2017-03-06-1488786243-18395-1487748523shutterstock_184736663slider.jpg

海外に出たいけれど、いつまでいよう......次、何しよう......、というお悩みをよく聞きます。
その中で多いタイプを4つに分けてみました。

短期間(5年以内)で日本に帰国する方
短いと1年以内に帰国する方もいます。日本に帰国されてからも、語学力とご経験を活かし、タイや海外に関わるお仕事をされる方が多いです。

他国へ行く方
会社内での異動や、海外大学院へ進学される方も。

起業する方
日本と比べてタイには未開拓なマーケットが多いので、ビジネスチャンスを活かすかどうかはアナタ次第。女性で起業される方も少なくないですよ!

永住組
外国籍のパートナーがいる方、また、タイが好きでずっといたい方、こちらで起業されている方に多いです。


4.2017年 最新人材マーケット傾向



2017-03-06-1488786363-1408348-1487748523hataraku2slider.jpg

タイ人材マーケット傾向ハイライトです!

・駐在員の平均年齢の低下傾向
それに伴い、現地採用募集要項の年齢も下がってきています。

・現地採用求人の多様化、増加
現地採用で活躍する方は年々増えており、求人も多様化しています。待遇がだいぶ良い求人もでてきました。

どんどん身近になる海外就職、一度考えてみてはいかがでしょうか?

次回は、「【第二章】3年働いて実感した、タイで働くことの本当の価値とは」をお届けします。


~この記事を読んだ方におすすめの記事~
【ニュースから就職情報まで】役立つ海外情報サイトまとめ14選
海外就職に「目的・ビジョン」は必要か?〜私がタイでキャリアアドバイザーになるまで
ここぞという時に!あなたのタイ就職を10倍楽しくする、タイ語20選


ライター
AJI


富山県出身。大学在学中は、観光学、ホスピタリティーマネジメントを学ぶためフロリダ大学へ留学。Reeracoen Recruitment入社。タイ支店にて3年間現地企業向けに人材紹介サービスの営業、キャリアコンサルタントに従事。2017年2月よりシンガポール支店に異動。全米NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー。モットーは「素直に生きる。」。


2015-05-16-1431738338-789227-abroaders2015051609.41.07.png


ABROADERSは、アジアで生きる日本人のためのリアル情報サイトです。人生のなかで一度は海外へ飛び出してみたい、そんな想いを抱いたことはありませんか? アジア在住のABROADERSアンバサダーたちが集まったこのサイトでは、現地の暮らし情報や就業情報などをリアルタイムで発信します。そのことによって、海外に踏み出す一歩を応援し、「海外で生きる」という選択肢を増やすことを目指しています。


Facebook:ABROADERS

オバマケアの代替案「トランプケア」では、2400万人が無保険者になる試算

1月に、ドナルド・トランプ大統領は素晴らしい公約をした。彼の政権の下では 「誰もが」ヘルスケアを受けられると。

「我々は、すべての人に保険を提供する」と、トランプ氏は
言った。「ある特定の人々の間では、『支払いができないものは、手には入らない』という哲学があったが、私たちはそれを許さない」

トランプ大統領は2015年にもCBSの番組「60ミニッツ」でも「すべての人が保険の対象だ」と、同様の発言をしている。

ところが、共和党が発表した医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案では、すべての人が保険を持つことができないのは明らかだ。

アメリカ議会で予算分析をする超党派の議会予算局(CBO)は3月13日、共和党のヘルスケア法案(トランプケア)が成立したら、2018年の保険加入者はオバマケア継続の場合より1400万人減少するという試算を発表した。また、今後10年間で2400万人が無保険者になると予測している。


ホワイトハウスはCBOの結論に異議を唱えたが、ショーン・スパイサー報道官は14日の会見で、大統領の1月の公約に対し、「ただし書き」を追加しようとしていた。

スパイサー報道官は、「オバマケアによるプランが高額すぎて支払えない人々が保険に入らない決断をした」と主張した。スパイサー報道官は、トランプケアになると保険プランのコストを下がるため「より多くの人々がヘルスケアを持つ選択肢ができる」と強調した。

スパイサー報道官は、「誰でも保険を手に入れる選択肢があります」と付け加え、「私たちがやりたいことは、医療費を得る財政的能力のあるすべての人に保険を提供することです」と語った。

スパイサー報道官は、「すべての人のための保険」は、「約束」と言うよりは「目標」だと付け加えた。

「大統領の目標は、誰もが保険を利用できるようにすることだ」とスパイサー報道官は語った。 「それが大統領の意図だ。私は、すべてのアメリカ人が購入できる選択肢とプランを持つことが目標だ。オバマケアでは実現していないことだ」

言い換えれば、トランプ大統領が約束したように「誰もが保険を持つ」のではなく、ホワイトハウスの目標は「誰もが保険を持つ選択肢を持つ」ことだ。

CBOが13日に発表した分析によると、医療保険が突然手頃な価格になるというホワイトハウスの主張に疑問を投げかけた。例えば、2万6500ドル(約300万円)の収入がある64歳の女性の場合、保険料は現在の1700ドル(約19万5000円)からトランプケアでは1万4600ドル(約167万円)に跳ね上がる。

また共和党のプランは、オバマケアの「最低60パーセントの医療費を保険が負担する」という規制を撤廃するため、控除額(保険給付が始まるまでの間の自己負担額)も上がるとみている。したがって、保険料自体は下がるかもしれないが、それは保険会社が保険金を抑えるかわりに患者の自己負担分を増やすようなプランを提供できるようになる。

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます



(スライドショーが見られない方はこちらへ)




2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png





海外の反応

外国人プロドライバーが日本車で爆走した結果【海外の反応】

日産370Zで豪快ドリフト 画像はイメージです。 tires / Dean Hochman  ユニークな動画が紹介されていました。 関連:折り紙から着想を得た防弾シールドを米大学が発表して注目【海外の反応】 関連:海外「日本以外では無理だな・・・」日本の街を走る路面電車が...
【韓国崩壊】痛いニュース

【韓国発狂】中国人観光客のクルーズ船、ゴミだけ捨てて立ち去るwww 「属国には上陸しないアル」 クッソワロタwww

【韓国発狂】中国人観光客のクルーズ船、ゴミだけ捨てて立ち去るwww 「属国には上陸しないアル」 クッソワロタwww News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース

「私の夫と結婚しませんか」卵巣がんで死去する直前に寄稿した絵本作家の「最期の言葉」

ニューヨークタイムズに「私の夫と結婚しませんか」というコラムを寄稿した絵本作家エイミー・クラウス・ローゼンタールさんが3月13日死去した。51歳だった。シカゴを拠点に活動していたローゼンタールさんは、2015年に卵巣がんと診断され闘病していた。

amy krouse rosenthal

ローゼンタールさんは、生涯を通じて30冊以上の本を出版した。代表作には、『Encyclopedia of an Ordinary Life』(2005年)、『The Same Phrase Describes My Marriage and My Breasts』(1999年)、そして邦訳された『アヒルだってば!ウサギでしょ!』(サンマーク出版)などの絵本がある。さらに短編映画やYouTube動画を制作し、TED Talksやナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)に出演した。

ローゼンタールさんのコラム「
私の夫と結婚しませんか」は、3月3日に発表された。コラムでは、自分の死後残される夫ジェイソンさんのため、デート用のプロフィールを考えている。2人が24歳だった1989年にどのような出会いをしたのかを回顧しながら、「彼は恋に落ちやすい男性です。私の時も1日でそうなりました」とつづった。

After learning she didn't have long to live, she composed a dating profile for the man she'd leave behind https://t.co/keOYtbfHX1

— The New York Times (@nytimes) 2017年3月5日



ローゼンタール氏は自分の命は長くもたないと知り、残される夫のためにデートのプロフィールを書いた。

コラムの最後に、ローゼンタールさんは以下のように綴っている。

もっとジェイソンといられる時間がほしい。もっと子供たちを一緒にいられる時間がほしい。もっと木曜日の夜にグリーン・ミル・ジャズ・クラブでマルティーニを飲む時間がほしい。でも、そうはいかない。たぶん、この地球で人間としていられる時間は残り数日しかない。だったらなぜこんなコラムを書いているのだろう?


私はこのコラムをバレンタインデーに仕上げる。そしてふさわしい人がこのコラムを読み、ジェイソンに会い、もう一つの愛が始まることを心から望みます。


ローゼンタール氏は自分の命は長くないと知り、残される夫のためにデート用のプロフィールを書いた。

このコラムには、ローゼンタールさんに読者から1300件以上のコメントが寄せられた。

デンバーに住むライアンさんは「エイミー、このコラムを書いてくれて本当に感謝します。そしていつか私が望むことについての考え方を与えてくれて感謝します」と、コメントした。

ローゼンタールさんと26年間連れ添い、3人の子どもの父親である夫のジェイソンさんは、コラムへの返事を公表し、NBCニュースにこう語った。「これは、全世界を引き込んだ、言葉によるエイミーからのギフトです。残念ながら、私には彼女と同じような執筆の能力はありません。しかしその能力があれば、私が書く物語は、私たちの愛の物語のように、超大作のラブ・ストーリーになりますね」

NBCのニュース番組番組「トゥデイ」によると、ローゼンタールさんはホスピスケアに収容され、プライバシーが尊重されることを希望する家族に囲まれていた。ニューヨークタイムズは13日、Twitterでローゼンタールさんの死亡を報告した。

ローゼンタールさんのファンたちは今、彼女がもたらしてくれた影響についてSNSに投稿している。作家ジョン・グリーン氏はシカゴ・サン・タイムズに、「エイミーの影響がなければ、私の作家としての人生も私生活もどうなっていたか想像するのは難しい。エイミーが私に教えてくれたのは、物書きを仕事にするということです。読者にいいところを見せようとか、物書きがかっこいいとかいうのではなくむしろ、それは読者にとってギフトでなければならないということでした」と語った。

Twitterには追悼コメントがあふれた。

My friend Amy Krouse Rosenthal has died. She was a brilliant writer, and an even better friend. Amy's genius was in her generosity...

— John Green (@johngreen) 2017年3月13日



私の友人、エイミー・クラウス・ローゼンタールさんが亡くなった。彼女は才気あふれた作家だけでなく、素晴らしい友人でした。エイミーのたぐいまれな能力は、彼女の寛大さにありました...

RIP Amy Krouse Rosenthal. We were honored to have you as a blogger and host of "Writers Block Party." https://t.co/yXR7sDnJCt

— WBEZ (@WBEZ) 2017年3月13日



安らかに眠れ、エイミー・クラウス・ローゼンタールさん。私たちは、「ライターズ・ブロック・パーティー」のブロガーとして、ホストとしてあなたを迎えられて光栄です。


"I Wish You More" RIP Amy Krouse Rosenthal. The Chicago literary community is less joyous today.

— Melody Ekstrom (@mdemanatee) 2017年3月13日



「あなたにはもっと活躍してほしかった」。安らかに眠れ、エイミー・クラウス・ローゼンタールさん。シカゴ・リテラリー・コミュニティは今日、喜びに満ちあふれることはない。

Very sad news: Amy Krouse Rosenthal, author of more than 20 books for children, died this morning from cancer. pic.twitter.com/ge9EnhLpfx

— Children's Bookshelf (@PWKidsBookshelf) 2017年3月13日



非常に悲しいお知らせ:20冊以上を執筆した絵本作家、エイミー・クラウス・ローゼンタールさんが今朝、がんで亡くなりました

RIP, Amy Krouse Rosenthal, author of the incredible essay "You May Want To Marry My Husband." All our sympathies to your family. https://t.co/q97XNPzSyT

— Nicholas Kristof (@NickKristof) 2017年3月13日



安らかに眠れ、素晴らしいコラム「私の夫と結婚しませんか」を寄稿したエイミー・クラウス・ローゼンタールさん。「ご家族に心からお悔やみ申し上げます」

Amy Krouse Rosenthal died today. Her last piece for the NYT was amazing:https://t.co/1VPCKKbN80

— Ryan North (@ryanqnorth) 2017年3月13日



エイミー・クラウス・ローゼンタールさんが今日亡くなりました。NYT(ニューヨークタイムズ)に寄稿した最期のコラムは素晴らしかった。

RIP Amy Krouse Rosenthal, who touched so many people's lives. https://t.co/LvQVOZXk1f

— Pamela Paul (@PamelaPaulNYT) 2017年3月13日



安らかに眠れ、エイミー・クラウス・ローゼンタールさん。あなたは多くの人々の人生に影響を与えました。

A page from the late, great Amy Krouse Rosenthal's notebook makes for a poignant screensaver. Instant perspective. ❤️ pic.twitter.com/9qdAheYFue

— Tim Federle (@TimFederle) 2017年3月13日



故人となった、偉大なるエイミー・クラウス・ローゼンタールさんのノートからの1ページは、心を打つスクリーンセーバーになります。直感的な視点ですね。

あなたの道を開くこと: いくつかのリスト


1. あなたが注意を払うことに注意を払う


2. 「私たちがどのように1日を過ごしたかは、もちろん、私たちがどのように人生を過ごすかということです」 - アニー・ディラード


3. 「自分自身に、世界が何を求めているのか聞いてはならない。どうしたら自分が生きていることを実感できるのかを問い、それを実行しなさい。なぜなら、世界が求めているのは、生きていることを実感できている人たちだからだ」 - ハワード・サーマン




ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます▼



(スライドショーが見られない方はこちらへ)



2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png





ニューラルネットワークが持つ欠陥「破滅的忘却」を回避するアルゴリズムをDeepMindが開発


ゲームプレイを学習しながらスキルを向上させる「DQN」やプロの囲碁棋士を打ち破る「AlphaGo」などの開発で知られるGoogleのAI開発部門のDeepMindが、従来のニューラルネットワークが抱える欠点を解消するために、データを記憶することで連続的に学習できるアルゴリズム「Elastic Weight Consolidation」を開発しました。Overcoming catastrophic forgetting in neural networkshttp://www.pnas.org/content/early/2017/03/13/1611835114.abstractEnabling Continual Learning in Neur
全文
GIGAZINE(ギガジン) 03月15日 15時51分

GPS捜査、令状ない場合は「違法」 最高裁が初の判断

令状のないGPS捜査「違法」 最高裁が初めての判断

 裁判所の令状なく捜査対象者の車などにGPS(全地球測位システム)端末を取り付ける捜査について、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、「令状が必要な『強制捜査』にあたり、捜査は違法だった」との初めての判断を示した。判決は「立法で対処することが望ましい」とも言及した。

 GPS捜査について、警察庁は2006年6月に各都道府県警に通達したマニュアルで、令状なしでも実施できる任意捜査と位置づけ、捜査書類に残さないよう指示していた。昨秋からは令状を得て実施するよう事実上方針転換しているが、各地で争われた裁判で、令状が必要だったかについては判断が分かれていた。

 今回判決が言い渡されたのは、車を使った侵入盗などを繰り返したとして窃盗罪などに問われた男性被告(45)の上告審。大阪府警が令状を取らずに被告らの車やバイクにGPS端末を装着して捜査した。一審・大阪地裁は「令状なく実施したのは違法」と証拠の一部を排除しつつ、他の証拠で懲役5年6カ月の有罪に。二審・大阪高裁は令状が必要だったか明確に判断しなかった。



(朝日新聞デジタル 2017年03月15日 15時13分)

関連ニュース



asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

16年のブランクを経ての復職も! 「もう一度はたらくを始めたい」全ての人へ(イベントレポート)

育児・介護・パートナーの転勤。ライフイベントによって、働くことを中断したけれども「もう一度働きたい!」と思っている女性たちは多くいます。でも実際、何から始めたら?と悩んでいる方、ブランクがあることによって自信を失ってしまっている方が多くいることもまた事実です。

文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム」に採択されている明治大学「
女性のためのスマートキャリアプログラム(以下スマートキャリアプログラム)」、日本女子大学「リカレント教育課程」、関西学院大学「ハッピーキャリアプログラム」の3大学が中心となり、2017年2月22日(水)に明治大学 駿河台キャンパスアカデミーコモンにて、はたらきたい女性たちを応援するイベント「『もう一度はたらく』を始めよう!」が開催されました。

LAXICではこのイベントに、応援メディアとしてご協力させて頂きました。

「働きたい!」「学びたい!」という意欲ある女性たちと、能力のある女性たちに活躍して欲しいと願う企業・大学が一堂に集ったイベントの様子を、もう一度働き始めた女性たちが集ったパネルディスカッションを中心にレポートします。


わたし達が『もう一度はたらく』を始めるまで 〜離職期間を経て仕事復帰した女性たちのリアルトーク



2017-03-14-1489489432-3431290-n_12_1.JPG

パネルディスカッションでは「私たちが『もう一度はたらく』を始めるまで ~離職期間を経て仕事復帰した女性たちのリアルトーク~」と題して、実際ブランクを経て働き始めた女性5人と株式会社Waris代表取締役田中美和さんのファシリテーションによりリアルトークが繰り広げられました。

------
<パネリスト>
  • フリーディレクター 阿部知子さん

  • 山崎情報設計株式会社 三橋真理子さん

  • コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社 セントラルオーダーデスク 浅野恵美さん

  • 商社法務部専属SE 富山昌子さん

  • サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部 広報 江原なおみさん

  • ファシリテーター:株式会社Waris代表取締役/共同創業者 田中美和さん

------


各大学のプログラムを受講し「はたらきたい」気持ちを新たに



2017-03-14-1489489558-8720916-n_12_2.JPG

Waris 田中さん(以下、敬称略。田中):「もう一度はたらくこと」をスタートされた5人の皆さん、まずは自己紹介をお願いいたします。

三橋真理子さん(以下、敬称略。三橋):新卒で総合職2期目として入り、国際物流や貿易実務などを担当していました。3年目で出産し、会社で初めての産休・育休を取得・復帰したのですが、その後すぐ主人の海外転勤が決まり、キャリアを中断して帯同しました。

2年ほどで帰国し、子どもが幼稚園に行っている間だけでも働きたいと、自宅に近くのコールセンターの会社でパートとして働き、結局10年間勤務していました。その間ずっと「このままでいいのか」というもやもやしたものは感じていましたが、ある時一念発起して日本女子大の「リカレント教育過程」を受講したんです。その後、大学に来ていた求人を見て、今の企業に就職しました。

浅野恵美さん(以下、敬称略。浅野):大学卒業後、メーカー2社で勤務し、育休を取って復帰しましたが、仕事と育児の両立に悩み、復職して10カ月で退職しました。二人目出産後、主人の転勤で大阪に引っ越すことになり、その時関西学院大学の「ハッピーキャリアプログラム」を知り、受講したのです。キャリアデザインの授業を受ける中で「仕事をしたい」という自分の気持ちを再確認し、東京に戻ったら仕事をしようと決めていました。現在は、ドイツのタイヤメーカーで勤務をしています。

富山昌子さん(以下、敬称略。富山):私は現在、IT派遣会社からの派遣で商社専属のSEの仕事をしています。大学卒業後、一般企業の社内の情報システム部門に就職し、その後2社ほど民間企業を経験しました。第二子の育休復帰の2週間後に整理解雇が発表され、希望退職制度を利用して退職をしました。当時は東日本大震災の後で、会社の遠さをネックに感じていたことも理由の一つです。

ただ、子どもは保育園に入っていたので、働き続けなければ退園になってしまうと思い、近所の大学で契約社員として働き、契約期間終了後に、明治大学の「スマートキャリアプログラム」を受講しています。その後「キャリアを継続すること」を優先して、IT派遣に登録し、現在の仕事をしています。

江原なおみさん(以下、敬称略。江原):私は大学卒業後、ソニー株式会社で海外営業のほか、ノートPCの設計部隊の日本と現地チームとの橋渡しの仕事をしていました。夫の海外転勤をきっかけに退社し、赴任先で長男を出産、帰国して次男を出産しています。育児があまりにも大変で、最初の頃は社会復帰なんて考えたことがなかったんです。

子どもたちが小学校に入学し、社会の繋がりがなくてさみしいなあと感じた時、Warisの紹介でサイボウズのキャリアママインターンプログラムに出会います。ブランクありですし、両立できるのか?と悩みはしましたが1カ月限定ということで、やってみることにしたんです。

そして、経験した後に「意外とできるかも!」と思ったんですよね。その後、正社員として採用され、現在はコーポレートブランディング部の企業広報として社長の講演依頼などの調整などを行なっています。


キャリアママインターンで仕事の醍醐味を知る



2017-03-14-1489489627-8964057-n_12_3.JPG

田中:皆さん、ありがとうございます。江原さんはブランクが16年あったということですが、ブランク時に感じていたことや、仕事が離れた状態から一歩踏み出したきっかけがあればお教えください。

江原:そうですね、私はブランクが16年ということで皆さんよりもダントツに長いのですが、実は自分の中では、そこまで社会が変わっているという認識がなかったのです。今までは子どもたち中心の生活をしていたので、いきなりフルタイムで働くことは二の足を踏んでしまっていたところがありました。

できれば週3・時短勤務でというと、採用してくれる企業がなかったんです。サイボウズのキャリアママインターンでは、9時〜3時・4時で勤務し、週末に作り置きをするなどありとあらゆる準備をして臨みました。1カ月間を終わってみると、すごく疲れはしたんですが、自分と今まで関わりのなかった世代の人たちといろんな話をしながら毎日を過ごすことの楽しさを実感した日々でした。

だからこそ「もう少し頑張ってみよう!」と思ったんです。息子たちはというと、意外と大丈夫で、親が心配しすぎていたのかなあとも思いましたね。

田中:「仕事の醍醐味を知った」ということなんですね。阿部さんはフリーランスとして働いていて、自由度の高いスタイルだと思うのですが、その働き方をどのように生み出していったのでしょうか。

阿部:私は25歳からリクルートで働いておりまして、当時のリクルートは30歳で定年、独立というのが無言のルールとしてありました。私も30歳になったら会社を作ろう!と思っていたのです。28歳で転職し、妊娠しましたが、ずっと会社にいるという考えがなかったので、フリーでやっていきやすいかなとも思いました。

「自由に働く」というのはスキルがないとできないんです。この10年で30社の仕事をしていますが、30社それぞれで「このスキルを身につけよう」という目的を持って働いています

フリーランスとして、いつまでも引きがある仕事の仕方をしなければいけないと思っていて、40代以降になると現場には誰もいなくなってきますが、20代前半の人たちとずっと現場にいるということを目指しています。自由度は結果として得られているという感じですね。

田中:離職中の時間の過ごし方という点では、三橋さんはどのように過ごされていらっしゃったんでしょうか。

三橋:日本女子大のリカレント教育過程で学び直したのですが、得るものが非常に多かったんです。今までのパート先やママ友の中では、扶養の範囲内で働こうという人ばかりだったんですよ。

でも、リカレント教育過程を受講されている方は、みんな再就職を目指していました
。パートで働いていた10年を経て、もやもやしてきたものがはっきりし、60歳まで働こうとはっきりと決意しました。そのためにはずっと学び続けなければいけません。だからこそ、ITと金融という異分野で勉強は続けています。


キャリアを繋ぐこと、自分が学んだか語れることの大切さ



2017-03-14-1489489708-6783786-n_12_4.JPG

田中:みなさん、一歩踏み出してもう一度働くを実現されたわけですが、それにあたって高いハードルがあるのかなと思うのです。「ハードル」というキーワードでお話を伺いたいと思うのですが、富山さん、ハードルはありましたでしょうか?

富山:正社員という条件で転職をしようと思った時に、子どものお迎え時間を考えると、応募できそうな条件がほぼなかったんですね。正社員で働きたいという気持ちはあるけれども、それにこだわってキャリアを断絶することの方が怖いなと思いました。

働いているということは、履歴書の一行が増えるということで、そこから自分が何を学んだか訴えられるんですよ。だからこそ「キャリアを繋ぐ」ことを重視して転職活動をしましたね。講座に通ったり、自分の生活を少し変えることで、新しい自分になれるのはすごく面白かったです。

田中:あえて雇用形態にこだわらず、細くてもいいから続けることを大切にしていらっしゃるんですね。浅野さんも、転職活動については壁を感じていたとおっしゃっていましたが。

浅野:子どもがある程度大きくなってからは正社員にこだわって働きたいと思い、派遣契約終了後に正社員になることを前提とした紹介予定派遣にこだわっていたのです。でも、38歳という年齢がネックだったのか、なかなか紹介が来ませんでした。キャリアデザインの授業の中で、自分の人生を振り返り「仕事を続けていきたい」と強く感じていたので、紹介予定派遣の紹介がもらえるまでひたすら待ちましたね。

田中:江原さんはブランクが16年ということで、再就職へのハードルと乗り越え方などを教えてもらえますか?

江原:ハードルは2つあって、まず一つは仕事と家事・育児の両立。そしてもう一つは16年ブランクがあって、仕事がきちんとやれるかどうか......ということでした。一つ目については、実は今も乗り越え切れていなくって試行錯誤中なのですが、できることは外注し、食事の支度は作り置きをして乗り切っています。

それでも週末が終わった時が一番疲れていたりするので、持続可能なサイクルに持っていかなければいけないかなと思っています。一方で社会復帰をして自分の視野は広がっていて、実は私、今最強のステージにいると思っているのです。

子どもがいなくて第一線でバリバリ働いていた自分、専業主婦時代の自分、そしてまた働き始めた自分、いろんな人の気持ちがわかるという意味で最強かなと。

今、長男は14歳で自分の世界・外の世界ができはじめていて、私が家にいないことについてはそれほど影響がないようです。次男は10歳で、週1〜2の自宅勤務の際に「毎日家で仕事してほしいなあ」ということを言ったりしていますが、次男も長男のように、外の世界ができるのもあと数年かなと思っています。

私が社会に復帰したことによって、子どもたちの視野を広げてあげること、伝えられることも増えていくだろうなと思っているのです。90歳〜100歳まで生きる社会になり、残された50年何をして生きていくのかと考えると、ここが踏ん張りどきだなあと思っています。


やってみると意外にできるもの 諦めずにチャレンジを



2017-03-14-1489489785-108162-n_12_5.JPG

田中:最後に、皆さんこれから働きたいと思っている方へのメッセージをお願いします。

三橋:私はコールセンターで10年間、もやもやしながら働いていたわけですが、そのモヤモヤを自分の中で留めていたところがあるんです。もっと早い段階で誰かに相談できていたら、何らかのきっかけが生まれてのかもと。だからこそ、思いは自分の中で留めず、誰かに相談してみてほしいと思いますね。

浅野:育休復帰した際に、両立に悩み仕事をやめてしまったことの失敗は、夫に手伝ってもらわなかったことなんです。家事と育児に100%はなく、完璧を求めると潰れてしまうので、たくさん手を抜いてほしいと思います。お母さんがイキイキと生きているという事実が、子どもにとって大切だと思うんです。だからこそ、恐れずに挑戦してみて欲しいと思います。

富山:私は、働きたいということを、ためらわずに周囲に伝えていってほしいと思います。自分の熱意をわかってくれる人を味方につけることがすごく大事です。私自身、育児休業を取った夫、おばあちゃんなどに助けられてきました。自分が働くことに協力してくれる周囲の仲間を味方につけて、信頼しながら、キャリアも諦めないでほしいと思います。

江原:16年のブランクがあるがゆえに、日々すごく楽しく、社会に復帰する機会を与えてくださったWarisさんやサイボウズに感謝の気持ちでいっぱいなんです。不安はたくさんあると思いますが、やってみると意外にできます。諦めずに社会復帰を目指して欲しいと思っています。

2017-03-14-1489489862-7349474-n_12_6.jpg

------------------------------------
ワーママを、楽しく。LAXIC
------------------------------------

LAXICは、「ワーママを、楽しく」をキャッチフレーズに子育ても仕事も自分らしく楽しみたいワーママやワーパパ、彼らを取り巻く人々のための情報を集めたWEBメディアです

■合わせて読みたい記事
・キャリアママでなくても働き続けたい! ブランクありのママが子連れ出勤で感じた「働き続けること」の意味
http://laxic.me/interview/2016/06/vol44

・仕事をあきらめざるを得なかった転勤族の妻たちに「社会復帰に向けたキャリアアップの場」を提供する~TKT48
http://laxic.me/interview/2016/08/vol53

・ワーママの転職~成功する秘訣とは?
http://laxic.me/article/job/2016/02/j_11

北陸新幹線、「南回り」採用 京都―新大阪間に新駅設置

北陸新幹線、「南回り」採用 整備新幹線5路線が確定

 北陸新幹線の大阪延伸計画をめぐって、与党のプロジェクトチーム(PT)は15日、京都―新大阪間に新駅をつくる「南回り」ルートの採用を正式に決めた。北陸新幹線のルートが決まったことで、1973年に計画が定められた整備新幹線5路線の全ルートがこれで確定した。

 東海道新幹線の南側にある京都府京田辺市を通り、市内にあるJR学研都市線松井山手駅付近に新駅をつくる。駅をつくらずに東海道新幹線の北側を抜ける「北回り」も候補だったが、与党は駅をつくることによる地域経済への波及効果を重視した。敦賀―新大阪間の開業は2046年度と見込まれているが、沿線自治体は前倒しを求めている。会合後、座長の茂木敏充・自民党政調会長は記者団に「効果を十分に発揮するためには早期の全線開業が必須だ」と述べ、前倒しの財源確保を検討する考えを示した。

 PTはまた、22年度末開業予定の金沢―敦賀(福井県)間に「白山駅」(石川県白山市)をつくる案について、断念することを決めた。石川県などが設置を求めていたが、JR西日本は難色を示していた。

 整備新幹線5路線のうち、北海道、東北(盛岡―青森間)、九州の鹿児島ルート・長崎ルートの4路線は既に開業しているか、ルート決定済み。北陸新幹線のルートだけが確定していなかった。(岩沢志気)




shinkansen


(朝日新聞デジタル 2017年03月15日 14時33分)

関連ニュース



asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

消費税ショック―『スコットランド人夫の日本不思議発見記』(19)

イギリスには「20%・5%・0%」の3種類の消費税率があります。その分類の複雑さは尋常でなく、この国の住人でさえ、すべてを把握していません。

例えば、ほぼすべての商品・食料品等が消費税20%の中で、なぜか「ケーキ」だけは消費税0%です。

それゆえに、「ビスケットにしか見えない商品」を「ケーキ」という商品名で売っていた大手製菓会社が、数億円に及ぶ税金を巡り、国から訴えられました。

この裁判ではまず、「ケーキは時間が経てば固くなり、ビスケットは柔らかくなる」と言う定義が定められました。

その結果、この商品は製菓会社側の主張通り、「形はビスケットだが、定義上はケーキ」ということとなり、製菓会社側の勝訴で決着しました。

そして、「衣類」も通常は消費税20%ですが、子供服・ベビー服は0%になります。イギリスの子ども服の定義が「義務教育中(16歳まで)」なので、女児は身長166㎝、男児は176㎝のサイズまで消費税率0%で購入できます。ゆえに、しばしば私も自分用に、女児の衣類を購入しています。

ご紹介したこれらは、「いかに税金を逃れ、商品を安く売る事が出来るか」という企業側の戦略なのですが、消費者側としてはありがたいものです。

消費税が0%のものには、薬・切手・本・葬儀代などがあり、5%のものは、禁煙グッズや生理用品、電気・ガス代なども対象となっています。こんなややこしい消費税率のシステムでも、一般の消費者たちが別段文句を言わないのは、商品の値段に消費税が加算されて表示されているからです。

2017-03-11-1489210958-3270324-holly1911024x777.jpg

ゆえに、消費者たちは税率のことなど、さほど考えることなく、その商品に見合ったおカネを支払っているだけなのです。

そんな買い物に慣れた夫が10年前、一人で東京へ行ったときのこと。フラリと立ち寄ったコンビニで、100円のお菓子に100円を支払ったら、店員に苦笑いをされたそうです。

2017-03-11-1489210981-7322482-holly1921024x777.jpg


よほど恥ずかしかったのか、日本のシステムに苛立ったのかは定かではありませんが、夫はこの消費税事件についてブチブチと文句を言いました。


2017-03-11-1489211041-2876565-holly1931024x777.jpg



最近では、日本でも税抜きと税込みの両方の金額を明記して売っているお店が増えたみたいですが、これは外国人観光客には本当にありがたいものだと思います。


(終わり)

★コラム著者の4コマコミックエッセイ
「日本人嫁、英国に住んだらツッコまざるをえなかった 」絶賛発売中!!

【ホリーブログ 「ホリー絵日記」】

★マンガ版もあります!「ホリースコットランド絵日記」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!
訪日

海外「タコ体験やってみたい」名古屋直通の日間賀島がタコのおかげで訪日観光客急増中

タコで有名な島への観光客が増えているそうですメインの観光客はタコを食べる習慣がある東アジア地域の人のようですね海外コメントは欧米の人からはタコへの拒絶感がお約束通りたくさんありました(そのくせたこ焼きは大好きな彼ら) SPONSORED LINK  ...
企業・社会

【衝撃】5年以内に消える有名大手企業がこちら・・・

続きを読む
事件・事故・災害・incident,happening,disaster

【中国】空中回転ブランコがまとめて落下【衝撃映像】

空中回転ブランコが落下 9人重軽傷 中国中国甘粛省西和県(かんしゅくしょう・せいわけん)の村の祭りで9日夜、空中回転ブランコが突然落下し9人が負傷した。このうちの1人は重傷。村では寺の祭りが行われており、空中回転ブランコは祭りのために設置されたもの。ブランコに...

韓国大統領選 文在寅氏、米紙にTHAAD拒否の意思表示化か?

韓国大統領選 文在寅氏、米紙にTHAAD拒否の意思表示化か?

読売新聞記者、福島・楢葉町長の談話捏造 懲戒処分へ

読売新聞は、福島第一原子力発電所の事故の避難指示解除をめぐって、福島県・いわき支局の男性記者(25)が取材せずに他紙の記事を後追いし、楢葉町の松本幸英町長の談話を捏造していたとして、3月15日付朝刊におわび記事を掲載した。談話部分を削除し、記者を懲戒処分するとしている。

同紙によると、記者が談話を捏造したのは、7日付夕刊と8日付朝刊一部地域で掲載された「帰還しない職員 昇格・昇給なし 楢葉町長」という記事。東京電力福島第一原発事故による避難指示が2015年9月に解除された松本町長が、2016年11月の庁議などで「避難先から帰還しない職員は昇格・昇給させないようにする」との趣旨の発言をしたという内容だった。

記者は7日朝、他紙の朝刊に掲載されたこの内容の記事を参考に、町や町長などに確認しないまま記事を捏造した。記者は「締め切りが迫る中、取材しないまま安易に書いてしまった」と話しているという。

読売新聞は「重大な記者倫理違反と認識している」とする15日のおわび記事で「さらに記者教育を徹底して再発防止に取り組み、信頼回復に努めます」と記した。

楢葉町はハフィントンポストの取材に対し、町側が7日昼に読売新聞のウェブ版に掲載された記事の談話に疑問を持ち、同社側に問い合わせたと説明。同町は「誠に遺憾であります。震災以降、マスコミとは互いに信頼、協力のもと取材対応をしてきましたが、その信頼を失い、さらに被災地から発信される情報の信憑性へも影響しかねないと考えます。今後とも報道倫理に基づき、適切な取材をされることを希望します」とのコメントを出した。


▼画像集が開きます▼

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。
芸能人の劣化

【劣化】槇原敬之の最新のハゲ頭がやばいwww髪型がwwwww(画像あり)

続きを読む

約8800便が欠航に死者も…非常事態宣言がだされた米東部の大雪がヤバイ

震災6年 アートによるコミュニティ復興「Art Support Tohoku-Tokyo」の真価

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が展開する様々なプログラムの現場やそこに関わる人々の様子を見て・聞いて・考えて...ライターの若林朋子さんが特派員となりレポート形式でお送りするブログ「見聞日常」。

今回は「東京緊急対策2011」の一環として開始した、東京都がアーツカウンシル東京と共催し、東日本大震災の被災地域(岩手県、宮城県、福島県)のコミュニティに対して、現地の団体と協働してアートプログラムを実施する「東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)」に注目します。

(以下、2017年3月10日アーツカウンシル東京ブログ「見聞日常」より転載)

東日本大震災が起きた当時、筆者は、企業による芸術・文化支援活動の推進団体で働いていた。発災当日、真っ先に入ってきたのは、企業の緊急支援の情報だった。

国内外を問わず自然災害が頻発する昨今、緊急災害支援に備えている企業は多いが、2011年3月11日の企業の初動は、いつにも増して迅速だった。各社が次々と義援金の拠出や物資提供を発表して、支援に乗り出した。翌12、13日は土日だったが支援表明は続き、週が明けると、物資の運搬方法やルートに言及する企業も増えていった。

アートの現場からも催しの中止や延期の知らせが届き始め、しばらくすると、文化施設の被害状況が共有されるようになった。いわき芸術文化交流館「いわきアリオス」(福島県)や大船渡市民文化会館「リアスホール」(岩手県)をはじめ、避難所になった東北の文化施設は催事どころではなかった。

自粛や計画停電、節電による公演中止も相次いだ。原子力発電所事故後は、海外のアート関係者の来日や作品貸し出しのキャンセルも続いた。想像だにしなかった極端に大きな悲劇を前に、アーティストやアート関係者からは、アートは無力だという声も聞こえてきた。

自分自身、具体的にどこで何が必要とされていているのか、アートはどのような協力ができるか、それを現地の誰に相談できるのか、当初はまったく見当もつかなかった。

そんな発災直後の記憶も鮮明なまま、6年が経った。振り返ると、当時の自分が2つの思い違いをしていたことにあらためて気付く。

ひとつは、直後の記録を残すことの価値である。震災が起きた当時、筆者は所属団体の機関誌の編集を担当しており、震災と文化についての緊急特集※1 を組むよう指示を受けた。発災から2か月で全体の状況を取りまとめるなど到底無理だと反対だったが、結局発行することとなった。

被災した現地の状況はやはり深く掘り下げられなかったが、6年後のいま思うのは、どんな形であれ「その時点」で残した記録は、のちに得難い資料になるということだ。

時間が経過すると出来事の前後関係が正確に思い出せなくなる。発災後2か月間の詳細は、今となっては初期の記憶を取り戻す貴重な資料となった。1年後に記録したのでは多分端折っていたであろう情報の多さにも気が付いた。

※1:『メセナnote 69号-緊急特集:東日本大震災、文化をめぐる動き』(公益社団法人企業メセナ協議会、2011年6月)

実際、大規模災害時には、「過去の記録」に対する需要が高まることも実感した。阪神・淡路大震災時の記録※2 に対する問い合わせが、東日本大震災後に急増したのだ。震災時の文化関係の記録は、後年必ず誰かの役に立つと、今は強く感じている。

※2:『阪神・淡路大震災 芸術文化被害状況調査報告書』(阪神・淡路大震災 芸術文化被害状況調査研究プロジェクト委員会、1995年8月)。既に絶版だったが2011年3月末に急遽ウェブでPDF版が公開された。

思い違いの2つ目は、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)※3 が取り組んできた「東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業(Art Support Tohoku-Tokyo)」の展開である。

大変失礼ながら、この活動が始まった当時は、きっと非常時の一時的な取り組みだろうと思っていた。他の行政区域に対する行政の支援は、それほど長続きしないように思えたのだ。行政の予算は、基本的には管轄内の受益者に対して使われるもので、東北への支援は震災時の例外的な措置だろうと考えていた。

しかし、これはまったくの見当違いだった。この事業は、開始から6年経った現在も継続しており、しかもその成果は、ここにきてきわだって形になっている。

※3:2011年から2014年度は東京文化発信プロジェクト

今後、非常時の支援という側面だけでなく、芸術文化支援のあり方や、行政による越境支援などの観点からも各所で参照されるであろう「Art Support Tohoku-Tokyo(以下、ASTT)」 の取り組みを以下で紹介したい。

2017-03-14-1489463017-6751867-2016_blogkenbun_astt1webtop.png
ASTT公式ウェブサイト

ASTTは、「東京緊急対策2011」※4 の一環として、2011年7月に東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が開始した事業である。東日本大震災で被災した3県(岩手県、宮城県、福島県)の地域コミュニティに対し、現地の団体と協働してアートプログラムを実施することで、文化の面から復興を支えることを目指している。

ASTTの特徴は、すでにできあがったプロジェクトを東京から「出前」するのではなく、芸術文化振興の専門機関であるアーツカウンシル東京の担当職員が現地に赴き、それぞれの地域コミュニティの事情に寄り添って、地元の人々と事業を企画、展開していくことにある。

※4:2011年6月に東京都が公開した95項目からなる対応策。東京都が有する「人的・財政的・技術的資源」を活用し、「被災者・被災地が自ら踏みだす復旧・復興を後押し」することを目指した。芸術文化の分野は「被災者・被災地へのきめ細やかな生活復旧への支援」の一部と位置付けられた。

過去6年にわたり、ASTTでは、コミュニティ再興と人々の交流を重視したアートプログラムが、のべ80件も実施されてきた。復興の経過も見渡しながら、被災地の状況に応じて活動してきたことが、各年度の概況(以下表▼欄)からも見て取れる。

当初は緊急対応型の内容だったが、次第にテーマはアーカイブや議論の場づくりに移行し、さらには持続するための体制づくりが重点課題となっていった。主な担い手が引き続き活動を継続しているプロジェクトの数も増えている。2016年度のいわき市では、同市の今後の文化政策を考えるプログラムにまで発展している。

2017-03-14-1489463398-476674-2016_blogkenbun_astt1chart.png
ASTTのプロジェクトの変遷(拡大画像:JPEG版/PDF版はこちら

なぜ、行政が主体となった復興支援活動が、6年間も継続して発展してきたのだろうか。

最大の理由は、東京都が予算を担いつつ、現場の実践は、東京都の芸術文化振興の専門機関であるアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が主導してきたからにほかならない。アーツカウンシル東京には、こうした長期的な復興支援事業を可能にする専門的な蓄積があった。

ひとつには、2009年から都内で展開してきた「東京アートポイント計画」のノウハウだ。人々が日常的にアートに触れることができる"アートポイント"を都内各所に増やすこの事業は、地域のNPOと連携して、一過性ではないアートプロジェクトを展開。担い手の育成や活動団体の運営基盤整備にも注力してきた。ASTTは、この方法論を適用している。

それゆえ、「出前ではなく、協働」「単発の催しではなく、現地に長く根付く仕組みづくり」というASTTの基本方針も、ごく自然に導入されていったのだろう。外部からの震災復興支援は、いつかは支援が終了することも念頭に置いたうえで、現地での継続の仕組みが構築されていくことが不可欠である。

ASTTは、東京アートポイント計画で力を入れてきた「事務局機能の強化」についても重視している。こうした経験知によるノウハウやスキルの提供は、資金に代えがたい貴重な支援であり、事業の継続を後押しする。

ASTTの継続を可能にしている要因として、「プログラムオフィサー(PO)」と呼ばれるアーツカウンシル東京の事業担当者の存在も大きい。POとは、企画立案から実施、報告、評価、改善、発信、資金調達まで、事業(プログラム)の一連の流れを専門的に担う担当官(オフィサー)、職能のことで、事業プロデューサー、コーディネーターともいえる専門職である。

東京アートポイント計画では、POを「行政とアートプロジェクトの現場をつなぐ中間支援のプロフェッショナル、伴走者」と位置付けている※5 。ASTTは、開始当初から東京アートポイント計画ディレクターの森司さんとPOの佐藤李青さんが中心となって、現地とのネットワークを築き、地元の相談に応じながら各地のプロジェクトに伴走してきた。

被災地域の声に耳を傾け、ニーズを見極めて事業を立ち上げ、予算を適正に執行し、状況を的確に言語化して発信し、事業を推進する――ASTTは、まさにPOの腕の見せ所でもある。ASTTにおけるPOの活躍は、東京アートポイント計画のプログラムオフィサー制度が、単なる呼称だけではなく実質的に機能していることをも体現している。

※5:「東京アートポイント計画」パンフレット(PDF

そうしたPOの伴走力と現地団体の実践力の結果、ASTTはこれまでに多数の出版物を刊行してきた。2011~2015年度までに、リーフレットや報告書、書籍など、計27点。うち、ASTT全体の活動についてまとめたものは5点、個別プロジェクトの報告書は22点にも及ぶ。

6年間に積み上げられた活動記録の価値は大きい。その時点でしか語り得なかったであろう言葉が、それぞれの報告書につぶさに記録されている。「なぜ自分たちはこの事業(ASTT)をやらねばならないのだろう」という、ある現地コーディネーターの率直な葛藤も残された。

この言葉は、文化による復興支援に関わってきた筆者にとっては、非常に大事な問いかけであった。地域コミュニティの将来を見据えた議論や、現地の方々のインタビューも多数収録され、切実さからくる印象深い言葉が心に静かに響いてくる。

2016年の秋に発行されたASTT5年間の活動成果記録集『6年目の風景をきく 東北に生きる人々と重ねた月日』は、ASTT担当POの佐藤李青さんと嘉原妙さんが、協働した現地のキーパーソン7名のインタビューを基調としながら、自ら筆を執って、POの視点で震災前後の現地の文化環境の変化やこれまでの活動を振り返った。

震災に関する記録は自ずと被災した現地の声が中心になるが、同書では、支援する側が何を見て、何を感じ、どのように動いてきたかも知ることができる。彼らの支援の姿勢は、冊子のタイトルからも読み取れる。

現地の人々と月日を重ねてきたからこその思いが、「被災地に生きる人々」ではなく「東北に生きる人々」という言葉に表れるのだろう。

2017-03-14-1489463696-9819250-2016_blog_kenbun_astt1.jpg
『6年目の風景をきく 東北に生きる人々と重ねた月日』

震災から6年。東北復興は道半ばだが、文化政策やアート関係者の目下最大の関心は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会にシフトしている。あるいは、オリンピックの盛り上げにどう東北をからめるかという視点で、復興支援が語られるようになっている。

そうした状況のなか、オリンピック開催の当事者である東京都が、アーツカウンシル東京とともに今後も引き続きASTTに取り組むとしたら、これこそが「復興五輪」を標榜する東京2020大会を代表する「文化プログラム」※6 となるだろう。

いまだ困難に対峙する東北や復興五輪に注目する世界に向けた、大きなメッセージにもなる。未来に生き続けていく財産のことをレガシーというならば、ASTTは他の文化プログラムに先んじて、レガシーの一部を形づくり始めているともいえる。

「オリンピックに関わりたい」という東北の声※7 をよい形ですくいあげられるのもASTTなのではないだろうか。ASTTの真価は、今後もさらに発揮されるだろう。

※6:オリンピック憲章では、オリンピックの開催に当たって文化的なプログラムの実施を開催都市に義務付けている

※7:『6年目の風景をきく 東北に生きる人々と重ねた月日』(アーツカウンシル東京、2016年、P23)。NPO法人@リアスNPOサポートセンター理事・川原康信さんのインタビュー

地道に成果を残してきたこうした支援プロジェクトの意義に光が当たることを願う。同時に、発災後に大量に被災地に押しかけて、一度切り、あるいは早々に引き上げてしまった支援活動が被災地に何をもたらしたのか、震災復興支援のあり方についても、震災6年を迎えたいま、真摯な検証が必要だ。

※本シリーズは3回連載です。次回はASTTの地元の担い手の取り組みをレポートします。


Art Support Tohoku-Tokyo(ASTT)



「東京緊急対策2011」の一環として開始した、東京都がアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と共催し、東日本大震災の被災地域(岩手県、宮城県、福島県)のコミュニティに対して、現地の団体と協働してアートプログラムを実施する事業。

アーツカウンシル東京が都内で展開する「東京アートポイント計画」の手法を用いて、被災地域のアートNPO等の団体やコーディネーターと連携し、地域の多様な文化環境の復興を支援する。被災地域のコミュニティを再興するため、さまざまな分野の人々との交流プロセスを重視したアートプログラムや、その実施を支える仕組みづくりを行う。

  • 主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)




文・写真:若林朋子

(2017年3月10日アーツカウンシル東京ブログ「見聞日常」より転載)
海外の反応

外国人「このコスプレイヤーが自作した装備の完成度高すぎる・・・」

開閉・発光も!グレイ・フォックスのヘルメットを自作した方が注目 画像はイメージです。 ninja munny / Team Dalog  ユニークな動画が紹介されていました。 関連:折り紙から着想を得た防弾シールドを米大学が発表して注目【海外の反応】 関連:海外「日本以...

「レゴブロックで使える柔らかいテープ」クラウドファンディングで大人気

レゴブロックでの自由な表現方法を拡張する、やわらかく曲がるテープ状のプラスチック商品のアイディアを、2人のデザイナーがクラウドファンディング「Indiegogo」上で発表した。サイト上で呼びかけている資金集めに対して、3月15日時点で目標としていた8000ドルの400倍近く、30万ドル以上を集める人気となっている。



この商品を制作しているのは、南アフリカのケープタウンに本拠を置くインダストリアルデザイナーのアニン・カーステンと、マックス・バスラー氏の2人。

テープの片面には、レゴブロックに接続することができる凹凸が付けられている。このテープは好きな長さで切断することもでき、曲面にレゴを貼り付けたり、アクセサリーのように身体に付けたりすることも可能になる。

「Indiegogo」では、11ドルの資金提供をすると、2本のテープを買うことができる。

「フィギュアとツーショットやめて」キツネ写真館が注意喚起 誤飲報告も

宮城県の「宮城蔵王キツネ村」と提携するキツネ写真館が、公式ツイッター上に注意喚起を呼びかけるツイートを投稿し、話題になっている。キツネが誤って飲み込む危険性があるため、フィギュアとのツーショット写真の撮影を控えるよう求めている。

キツネ写真館は 3月13日に投稿したツイートで、キツネがフィギュアを飲み込んだ場合の危険性を説明。腹を壊すだけでは済まず、開腹手術が必要になる可能性があり、最悪死亡するケースがあると訴えた。

その上で、「万が一誤飲させた場合は、黙って帰ったりせずにすぐに知らせてください」と呼び掛けた。

キツネ村場内で、フィギュアとのツーショット写真などを撮っていらっしゃるお客様へ。
誤飲事故がありますので、ご遠慮いただければと思います。PVCなどは食べ物ではございませんので、お腹を壊すだけでは済まないケースがあり、開腹手術をすることがあります。死亡することも珍しくありません。 pic.twitter.com/wLSPbXFSvY

— キツネ写真館@蔵王キツネ村公式提携中 (@fox_info_net) March 13, 2017



@fox_info_net 万が一誤飲させてしまった場合は、黙って帰ったりせずにすぐ飼育員にお知らせくださいませ。すぐに誤飲したキツネを特定出来るだけでも助かる可能性が高まります。死後解剖で誤飲が判明してもあとの祭りなので…。

— キツネ写真館@蔵王キツネ村公式提携中 (@fox_info_net) March 13, 2017



すると、このツイートに返信する形で、「誤飲を起こしたのは私です...当日連絡なしで帰ってしまって申し訳ありません」と名乗り出た人がいた。

内容から、フィギュアとのツーショットを撮影していた際に、キツネが飲み込む事故が実際に起きた可能性があり、持ち主がそのまま立ち去ってしまったようだ。この他にも、心当たりのある数名から連絡があり、施設側が状況を確認している。

キツネ写真館はさらに、フィギュアに限らず、スマートフォンも飲み込んでしまう可能性があると指摘。誤飲の原因として、置き忘れや落下、故意に噛ませる行為などを挙げたほか、真似する人が出ないよう、過去に撮影したことがあってもネット上に公開しないようお願いした。

人気テレビアニメ「けものフレンズ」の影響で、動物を見に実際に動物園へ行ったと SNS上に投稿する人が増えている。この影響からなのか、キツネ村への来場者も増加しているという。

こうした呼びかけに、反応が多く寄せられた。「誤飲したら治療費を請求するという看板を作っては」「禁止していることを伝えた方がよい」「園内に入る前に持ち主検査や罰金を設定した方が良い」と、事故防止策の提案が相次いだ。

@fox_info_net 誤飲したら治療費を実費で請求します、とか、罰金30万です(金額は適当)、とか看板作ってはどうでしょう?

— 海月 (@Drkurage) March 13, 2017



@fox_info_net やはり園内に入る前に持ち物検査や、罰則、罰金等を設定した方が良いかと。場合によって立入禁止も止む無しなのでは。

— iBLiS (@Hinohayahi) March 13, 2017



「フィギュアにこだわるなよ」とマナーを指摘する意見や、「キツネは無事なのでしょうか」「可愛いキツネちゃんの幸せと健康を祈っています」と気遣う声もあった。

@fox_info_net 入り口でかなり強い表現で鞄や服にいろいろ付けてるものや手に持った物を落すと取られてしまうからダメですよっていわれるんですけど、聞き流してしまうのでしょうかね こちら側が彼らのテリトリーへの侵入者であるということを忘れてはいけないと思います、ハイ

— たみ@レインプレッサ (@tarmee) March 13, 2017



@fox_info_net こんにちは!
誤飲には蒸したサツマイモを食べさせるといいと聞いたことがあります、もし良かったら調べてみてください。
可愛いきつねちゃんの幸せと健康を祈ってます。

— すみれ Lv.1 (@red_dress1989) March 13, 2017




■関連画像集「キツネたち」



【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら
芸能人の劣化

【劣化】稲森いずみの現在の姿www顔変わったwwwww(画像あり)

続きを読む

残業規制をさらなる弱者へのシワヨセにしないためには?

安倍政権が進めている「働き方改革」の一環として、残業規制の最大が「100時間未満」とする方向で決着する見通しである・・・というニュースが流れていました。

「100時間」って!!!過労死レベル直前まで合法ってこと??


・・・と思ってしまいますが、これは「100時間(過労死レベル)までなら残業させ放題」という意味ではなくて、「今までは協定を結べば青天井の特例もあったが、それをせめて最大でも100時間未満にしよう」という形なので、「一応結構前進」したという理解でいいのではないかと思います。

そのことを理解せずに脊髄反射的に「100時間」に対して怒りまくっているネット上の人も結構いるみたいですが、しかし「それは理解した上で、それでも、100時間ってねえ!」という気持ちもわからないでもありません。

特に
過労が原因で自殺した電通社員の高橋まつりさんのお母さんのコメントが印象的でした。

このような長時間労働は健康にきわめて有害なことを、政府や厚生労働省も知っているにもかかわらず、なぜ、法律で認めようとするのでしょうか。全く納得できません。月100時間働けば経済成長すると思っているとしたら、大きな間違いです。人間は、コンピューターでもロボットでもマシーンでもありません。長時間働くと、疲れて能率も悪くなり、健康をそこない、ついには命まで奪われるのです。




とはいえ、実際に我が子の命を奪われた人の言葉には非常に重いものがありますが、私としては、「とりあえずの一歩」としてはこの辺から始めるのがいいんじゃないかという気がしています。

なぜなら、「現場レベルの工夫の積み重ね」が追いつかないままトータルな規制だけが先行すると、結果として単に「弱者へのシワヨセ」が大きくなる可能性があるからです。

現状そのレベルの残業をして回している職場が日本の中に沢山あるとしたら、ソレに対する「何らかの改善」が行われずに規制だけ強化されると、その「事業」が成り立たなくなる。そうすると、また結局「持ち帰ってのヤミ残業」のようなものが増えるか、あるいはその事業自体を辞めて従業員をクビにするしかなくなる。

日本じゃあ解雇しづらいので、結果として「ホワイトな職場」に既得権がある人の数がさらに減って、その外側で生きている人に色んな形で「シワヨセ」が行く結果になるかもしれない。

とはいえ、「このままでいい」わけは全然ないわけなので、いずれこのハードルはどんどん上げていけるようにすることが理想ですよね。原則論的には、「残業規制が守れないなら人を増やすべき。

それができないような事業は淘汰されることによって、全体として生産性が高まるしブラック企業もなくなることになる」というのは非常に正しいわけなので。

一歩ずつ残業100時間規制を80にしても成り立つような職場環境を日本全体で実現していく。じゃあ次は60に挑戦しよう!!となっていくのが理想です。

そのためには、以下の図(クリックで拡大します・・・力作なので細かい台詞までぜひお読みください)のように、
2017-03-14-1489504574-1419285-unspecified3.png
「ちゃんとホワイトな職場を増やしていく算段」に対して日本人が「協力しあえる」ように持っていくことがどうしても必要になってきます。

経営者は「残業減らせよ!俺の責任になっちまうじゃねーか、方法はお前ら考えろ!」と言いっぱなしにするだけで、インターネットにも「こういう日本ってクソ!死ね!」という言葉が言いっぱなしに次々と投稿されて次々と「いいね!」を取っていくけれども、誰も実質的にまわりと協力しあって具体的な改善をする意志を持たず、結局「現場の人」に次々と単にシワヨセが行くだけで終わってしまうことになる・・・ようだと困りますね?

「日本って無駄な会議多いからクソだよね!」という「"日本"という超大きな主語」で吹き上がっている感情エネルギーを適切にまとめていって、

「"ウチの会社"の"この会議"が無駄。それを辞めたぶんの代替としての情報共有手段はコレ!」

という方向に結実するように持っていかないといけません。

実際に上図の左列でなく右列のようになっていけるか?に対して、我々一人ひとりができることをやっていく必要がある。

「法的な残業上限の数字」を低い数値にさえすればすぐに「あなたの職場」が変わるわけではないので、とりあえずの一歩を、「ちゃんと変わっていくための一歩」に変えていきたいですね。

なんにせよ、日本じゃ「こうやって仕事を簡素化しよう!」と言い出しても「お前がラクしたいだけのことになんで俺が協力しなくちゃなんないの」となってしまいがちなので、こうやって『公的な声かけ』をキッカケとして、「働き方改革しなくちゃな時代ですし、これやってみませんか」と言い合える気分をまず作っていくのは非常に大事なことです。

そういう「声のかけあい」が、組織内部だけじゃなくて、取引先関係も含めた日本社会のあちこちで自然に起こせるようになっていきたいですね。



じゃあどうすればいいのか?について、簡単に方針を2つ書いてみたいと思います。

その1・"小さくはじめて大きく広げる"形で巻き込んでいくプロセスを地道にやる

その2・「視野の広い個人主義者」と「集団的日本人」との間の連携を意識的に模索する



・その1について。

全体として、上から経営者が「おまえら残業減らせよ!」とトップダウンで言って無理やりにやらせようとしてもなかなか具現化しない。

しかし、小さな実例レベルで「これイケルかも?」という改善案を実行し、そこから芋づる式に周りを巻き込んで行く形(このときに後付にトップダウンでお墨付きを与えて動かしていく)形にすると、「大きな主語で吹き上がってる無駄な感情」を「具体的な改善提案」に適切にまとめていくことができます。

今朝に日経新聞に自分が書いたんじゃないかってぐらい同意な記事があったんですが・・・

働き方改革、社長が張り切ると失敗"渋滞学"西成活裕・東大教授インタビュー(下)

上記記事のようにステップバイステップに、「改善」の火種を横展開できる動きを「日常化」していけるといいですね。

その「変革の日常化」にあたっては、ぜひ前回の私の記事「老害さんとの対決から逃げてはいけない」をお読みいただければと思います。


・その2について

とはいえ、上記のような「業務改善」だけで残業をちゃんと減らせるかっていうと限界があります(真剣にやれば想像以上に劇的に変わる職場もたくさんあるとは思いますが)。

それ以上に根本的に「職場をホワイト化」していくには、「そもそも無理なく儲かる事業領域」を確保して、そこでちゃんと「無理なく勝てる仕組み作り」もちゃんとやった上で働く・・・ようなことが必要になってくる。

結局職場がホワイトかどうかは、「勝てる試合」をそもそもやってるかどうか・・・に大きく依存するんだというのは、私がコンサル業のクライアントたちを見ていても思うことです。いわゆる「戦略の失敗を戦術で取り返すことはできない」というやつですね。

問題は、「視野が広くて戦略的な発想ができる人材」と、「いわゆる日本的な組織」というのが乖離しがちで、創業経営者が全権を持ってたりするような好例を覗いては、思い切りの良い「戦略」を適宜「日本人の集団」がうまく採用できなくなってしまっていることです。

一昔前には、「ひとつの企業の中」に個人主義者も集団側の人間も両方いて、それぞれ多少はぶつかりあいながらも時間をかけて相互に理解をし、それぞれの良さを出し合って「視野の広い戦略性」と「現場的優秀性」をシナジーする組み合わせは自然に生まれていました。

が、今は「視野の広い戦略性を持った人材」が、「日本的集団」の中で我慢しきれずにさっさと見切りをつけて転職してしまい、もっと個人主義的なスタイルで仕事できる環境に出ていってしまうことが多くて、この「戦略」と「現場」との乖離が余計に激しくなっているように思います。

その解消はそう簡単なことではありませんが、「個人プレイ型の小組織や個人事業」と「日本的な組織」をピンポイントでうまく協業させるスキルを今後意識的に磨いていけば、むしろ以前よりも適切な形で両者の良さを発揮しあえる形を大規模に実現していけると私は考えています。

そのためにはかなり大規模な「静かなる革命」が必要で、それが実現できるかどうか・・・によって、「掛け声倒れに終わらない本当の働き方改革」ができるかどうかは決まります。

もし興味があれば、少し長いですが個人的に過去に書いたブログ記事の中で最高傑作だと思っている以下の記事をお読みいただければと思います。

我々が起こすべき「静かなる革命」について・・・または「知性とは文脈力・空気を読む力」という時代の終焉



それではまた、次の記事でお会いしましょう。ブログ更新は不定期なのでツイッターをフォローいただくか、ブログのトップページを時々チェックしていただければと思います。


倉本圭造
経済思想家・経営コンサルタント
公式ウェブサイト
ツイッター

映画は政治運動ではなく、小さな声だ。「私は、ダニエル・ブレイク」ケン・ローチ監督インタビュー

2017-03-14-1489450060-5120483-th_IDBDAY3067_small.jpg
©Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, WildBunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation,France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

2016年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した「わたしは、ダニエル・ブレイク」が3月18日より、いよいよ日本でも公開される。監督はイギリスの名匠、ケン・ローチ。ワーキングクラスの悲哀を一貫して描き続けた骨太の作家は一度は引退宣言をしたのだが、再びメガホンを取り作り上げたのが本作だ。

昨年はケン・ローチの監督デビューから50という節目の年でもあった。ローチの作品を紐解くと、驚くほどに一貫した姿勢で映画を作り続けていることがわかる。節目の作品であっても、ローチはいつもと変わらぬスタンスで作品を作り続けている。彼が見つめるのは市井の人々の悲喜こもごもの日常だ。行政の矛盾したシステムに苦しめられ、隣人は助け合い、時に怒り、悲しみ、笑う姿を淡々と、愛情を込めて見つめている。

そんなケン・ローチ監督にインタビューする機会を得た。本作の魅力と映画作りの姿勢と現在のイギリス社会について聞いた。




実際にあったエピソードを映画にたくさん採用している



--こんにちは。よろしくお願いします。本当に素晴らしい映画でした。あなたの作品を見ると、いつも登場人物たちと友だちになりたくなるんですよ。(笑)

ケン・ローチ監督(以下ローチ):それは褒め言葉だね。とても嬉しいよ。

--映画の中で人間を描くために、いつも気をつけてることはなんでしょうか。

ローチ:大切なのはスクリーンの中のキャラクターが真実であること。人間は誰でもいろんな側面を持っているので、それを意識すること。ユーモアもあれば、哀しみも抱えているだろうし、ステレオタイプに決してしないことです。その辺の通りを歩いているような、そういう人物にすることを心がけます。

そしてこれもすごく大切なんですけど、キャスティングの時に模索するのは、観客を引き込むような、ずっと見ていたいと思わせる何かを持っているかどうかですね。

--今回の主役のデイブ・ジョーンズは、どんなところが気に入ったんでしょうか。

ローチ:彼はニューキャッスル出身で、ワーキングクラス出身でもあり、最初に就いた仕事がビルの清掃の仕事だったんです。スタンダップコメディアンなのでユーモアもありますし、最初にテストの時から、本物らしさを持っていたし、僕らを笑わせてくれました。彼ならいけると我々は信じることができたのです。

2017-03-14-1489450160-5771806-IDBDAY14277_Dan_Dave_Johns.jpg
©Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, WildBunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation,France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

--今回の映画のストーリーについてお聞きします。愛すべきキャラクターたちが、行政の矛盾したシステムに苦しめられるのを見るのはつらいものがありますが、今回の映画でも助け合う隣人も描かれています。ダニエルの隣に住んでいる、チャイナと呼ばれている若い隣人は、ダニエルとは世代も人種も違う黒人でしたね。

ローチ:実はあれは意図して黒人にしたわけではありません。たまたまあの役のオーディションで一番良かったのが彼だったのです。全てのキャスティングに言えることですが、我々はキャスティングに関しては、肌の色は全く関係なかったんです。

そして、今のイギリスは多民族の共生する国ですから、これは事実でもあります。それも良い事実です。肌の色などは関係なく、人はみんな同じなんだとわかるようになったのですから。

--今の質問に関連しますが、あなたの映画には必ずサッカーの話題で盛り上がるシーンが出てきますよね。それが今回は、黒人のチャイナと中国にいる友人とスカイプでやり取りするシーンとして描かれました。今までの映画なら、パブで酒を飲みながら描かれるようなシーンでしたけど。

ローチ:ユーモラスなシーンでもあるし、若い世代がいかに発想力があるかということも描けると思いました。彼はインターネットを通じて中国に友人を作り、工場の靴を横流ししてもらってお金を稼いでいて、まあそれ自体は良くないことですが、彼にはそれだけの発想とエネルギーが備わっていうことです。もっと違う形でお金を稼げるのに、という皮肉も込められています。これも実際にあったエピソードなんですがね。

--あなたの作品には数多くの実際にあった出来事が採用されているのですね。

ローチ:そうです。この映画の中で起きた出来事は、ほとんど全て現実でも起きたと言えます。例えばフードバンクのシーンはグラスゴーのフードバンクで実際にあった出来事ですし、それから貧しい女性の売春の話も、実際に聞いた話でもあります。ダニエルを巡ってジョブセンターで起きていることも全部本当にあったことです。

例えば、国の健康査定で仕事ができる言われ、その後病気で亡くなってしまうというようなことも起こっています。心臓が悪く、それから心の病も持っていた人なんですが、医者には仕事を止められているのに、国からは働けと言われて職安に行ったらしいんですが、職安を出た直後に亡くなったそうです。プレッシャーが大きすぎたのが原因らしいのですが、こうした話は数多くあって何度も何度も繰り返されているんです。

2017-03-14-1489450228-766887-1IDBDAY7248_Katie_Hayley_Squires_Dan_Dave_Johns.jpg
©Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, WildBunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation,France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016


映画は政治的ムーブメントではない



--徹底したリサーチがあるからこそ、リアリティのある作品になっているのだと思いますが、それこそ50年前の「キャシー・カム・ホーム」の頃から、それは一貫している姿勢だと思うのですが、50年間イギリスの社会を見つめ続けてきて、社会はどのように変化してきたでしょうか。

ローチ:私が作品を作り始めたころは、公的なベネフィットのために一緒に力をあわせていこうという意識が高く、サッチャー政権になってそれが大企業の利益のためにシフトしてしまいました。つまり、みんなのためにという考えから、私欲に意識が向くようになりました。今は企業家が讃えられるようになり、みんなのベネフィットのために働く人達が尊敬されにくくなってしまいました。

雇用に関しても、かつては皆安定した雇用があり、自分と家族を養っていくだけの安定した収入もありましたが、派遣やバイトのような形で安定しない形で仕事をさせられるケースが多いです。会社が必要としなければ、前触れなく雇用を切られてしまうこともあります。

それから公益サービスに関しても、どんどん減少してきていて、そのかわり民間の会社が厚生、健康のサービスを提供するようになりました。この50年の間に、医学やテクノロジーなどの面では良くなった面は確実にありますが、社会全体では芳しいとは言えません。

--そういった社会に対して、映画は社会を良くしていくことができると考えていらっしゃいますか。

ローチ:映画というのは、たくさんの声があるなかでの、ひとつの小さな声にすぎず、決して政治的なムーブメントではありませんし、そうしたくもありません。新聞や、テレビなどに比べれば、一本の映画は小さな声に過ぎません。映画にできることは、社会に良い変化をもたらすことができる人々を応援することくらいではないでしょうか。

--

2017-03-14-1489450528-9552909-th_KL_0935copie1.jpg

蛇足だが、インタビュー終了後の通訳さんとのやり取りが監督の人柄がよく出ていたので、ここに記しておく。物言いが彼の映画の登場人物そのもので、なんだかとても面白かった。
 
ローチ:(通訳に対して)働きすぎじゃない?どれくらい休憩いる?

通訳:あなたが必要なだけ。私は大丈夫ですよ。

ローチ:本当に? 5分で構わないかい? 通訳労働組合はOKしてるのかい?

通訳:通訳の組合はないんですよ。(笑)

ローチ:なんだって!? そりゃとんでもないことだね!(笑)
マンガ・アニメ・映画・ゲーム

教会で『ポケモンGO』遊んだ人気ユーチューバーに懲役7年半の判決か、憎悪を煽った罪で裁判が始まる

ロシアの教会で『ポケモンGO』をプレイする動画を投稿したユーチューバー、ルスラン・ソコロブスキー氏(22)の裁判が始まりました。「憎悪を煽り宗教的感情を害した」として昨年起訴されていたソコロブスキー氏ですが、 有罪となれば最大で7年半の懲役刑になる可能性があ...
【韓国崩壊】パククネの崩壊

【韓国崩壊】今週中にもパククネ容疑者が出頭へwww 逮 捕 クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

【韓国崩壊】今週中にもパククネ容疑者が出頭へwww 逮 捕 クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!! News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース

レゴブロックをテープ状にした「Nimuno Loops」であらゆる場所にレゴブロックを連結可能に


貼り付けるだけであらゆる場所にレゴブロックを連結できるという、レゴブロックをテープ状にしてしまったのが「Nimuno Loops」です。何度も貼り直すことができ、貼る場所に合わせて曲げたり、カットしたりすることが可能なレゴテープとなっています。製品化に向けて資金を集めているIndiegogoのプロジェクトは、記事作成時点で目標出資額の3000%の資金が集まっています。LEGO Compatible Adhesive Tape - Nimuno Loops | Indiegogohttps://www.indiegogo.com/projects/lego-compatibl
全文
GIGAZINE(ギガジン) 03月15日 13時00分

「世界最強のパスポート」がリアルタイムで分かる 日本の順位は…

すべてのパスポートが平等にできているわけではない。ビザなしや事前手続きなしで渡航できる国の数をパスポートごとにランキング付けするサイト「パスポートインデックス」がリアルタイムで見られるようになっている。

パスポート・インデックスは、カナダの金融コンサルティング会社アートン・キャピタルが調査した入国時の必要条件に基づき定期的に更新される。例えば、ドイツのパスポートを持つ旅行者がビザの申請なしで入国できる国の数は158カ国と最も多い。一方で、アフガニスタンからの旅行者はわずか23カ国でしかビザなしで入国できない。

このインデックスは「パスポートの強さ」を、保持者がビザなしで入国できる国の数でランク付けする。それにより世界各国の力関係が浮かび上がってくる。

明るい色はランキング上位の国々、暗い色は下位にある国々だ。



国の「パスポートの強さ」は、国際社会からの評価に大きく依存する。ほとんどの場合、他の国々への援助に積極的なドイツは一貫して上位に挙がる。また、軍事的中立の立場を守っているスウェーデンが首位になることもある。

世界最強のパスポートランキングのベスト5とワースト5は以下の通り(2017年3月15日現在)。国民がビザなしで訪れることのできる国の数も併記した。パスポート・インデックスのランキングに基づいている。


1. ドイツ(158カ国)

2. スウェーデン、シンガポール(157カ国)

3. デンマーク、フィンランド、フランス、スペイン、ノルウェー、イギリス、アメリカ(156カ国)

4. イタリア、オランダ、ベルギー、オーストリア、ルクセンブルク、ポルトガル、スイス、韓国、日本(155カ国)

5. マレーシア、アイルランド、カナダ(154カ国)







94. ソマリア(30カ国)

95. シリア(29カ国)

96. イラク(28カ国)

97. パキスタン(26カ国)

98. アフガニスタン(23カ国)


今後、アメリカの順位は劇的に下がるかもしれない。この夏までに欧州連合(EU)がアメリカ人の渡航者にビザ取得を求めた場合はそうなる。また、パスポートの費用にかなりの差があるのも注目に値する。ランキング上位にある国々の間ですら違いがある。スウェーデンのパスポートは約39ドル(約4500円)だが、新しいアメリカのパスポートは135ドル(約1万5500円)かかる。

楽しい旅行を!

ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます



(スライドショーが見られない方はこちらへ)




2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png





悲しみを乗り越えるための6つのヒント

先日の記事、「悲しいのは当たり前?―グリーフについて知らなかった4つのこと」では、大切な人との永遠の別れにともなう深い悲しみ(=グリーフ)について書きました。

グリーフとは、私たちが生きていく上で避けて通れないものです。それを乗り越えていくことに近道はありません。

ですが今日は、私が10年以上ホスピス音楽療法士として活動してきた経験から、グリーフと付き合っていくために知っておいたほうが良いと思う6つのヒントを紹介したいと思います。

2017-03-14-1489513145-5650614-back1822702_960_720.jpg


ヒント①最初の一年は大きな決断をしない



大切な人を失ったあとは、冷静に物事を考えるのが難しくなります。

なので、しばらくの間は大きな決断をしないことをおすすめします。

家を売る、引っ越す、仕事を変えるなど、家族の死後、大きな決断を迫られるタイミングは何度も訪れるでしょう。

そのときは無理に決断せずに、できることなら1年くらいは待ったほうがいいです。


ヒント②自分に優しくする



グリーフとは、周囲が想像する以上に、当の本人にとっては肉体的にも精神的にも疲れる、苦しい過程となります。すぐにもとの生活に戻れないのは、当たり前です。

何よりも、セルフケア(自分を思いやること)だけは忘れないようにしてください。

記念日や祝日・祭日は、グリーフの渦中にある人にとっては特につらい日になるかもしれません。周りの人がどれだけ誘ってこようとも、自分の気が進まないなら無理に行事に参加する必要はないです。

繰り返しますが、いまは自分に優しくすることを優先してください。

自分の気持ちに素直になって、やりたいと思ったことだけをしましょう。

それは決して自分勝手な行為なのではなく、あなたがグリーフを乗り越えていくために必要なことなのです。


ヒント③感情を殺さない



グリーフの過程において、気持ちを表現することはとても大切です。

あなたが抱えている悲しみも苦しみも、なんらかの形で表現することで、初めて外側に解放され、回復への一歩を踏み出すことができます。

表現といっても、それは言葉である必要はありません。音楽やアート、手紙など、そのような手段を用いることもおすすめします。

ただし、音楽を用いるにあたって注意してほしいのは、誰もがリラックスできる音楽も、誰にでも効く音楽も、存在しないということです。

これを聴けば誰もが悲しみを乗り越えられる。そんな音楽はありません。

音楽への反応は一人ひとり違う。それを覚えておいてください。

アプローチとしては、まず自分が聴きたいと思う音楽を聴くのがシンプルで良いでしょう。

音楽は感情を刺激するものなので、聴いているうちに感情が湧き上がることもあると思います。その場合も、その気持ちを無視したり、押し殺したりしないほうがいいです。

あふれてきた感情をそのままに感じて、受け入れるようにしてみましょう。

涙だって、こらえる必要はありません。いやな気持が浮かんできても、それを無理に矯正しようと思う必要もありません。

喜怒哀楽、さまざまな感情を経験するのはごくごく普通で、とても自然なグリーフの過程なのです。


ヒント④周囲にサポートを求める



グリーフになっているとき、周りのサポートは欠かせません。でも、周りの人はどのようにあなたをサポートしていいかわからないことが多いでしょう。あなたがグリーフに打ちひしがれているとき、周囲の人たちも戸惑っているのです。

あなたが具体的にどうしてほしいのか、それを素直に伝えてあげてください。

たとえば、話を聞いてほしい、法事の準備を手伝ってほしい、家の片づけを手伝ってほしい、など。あなたが何を必要としているかがわかれば、周りの人もサポートしやすくなります。

ちなみに、「喪失の経験」を何度も繰り返し話すというのも、グリーフの症状のひとつです。

故人が死に至った経過、そのときに感じた気持ち。そういった話を何度も周囲に語っている自分に気づく瞬間があるでしょう。

ショックな出来事があったとき、それを受けとめて前に進むまでには、果てしない時間がかかります。だからあなたは、誰かに話をすることによって、受け入れたくない出来事を少しずつ受け入れようとしているのです。

ですから、周りの人にお願いしたいのは、「またその話?」「もうその話は聞いた」などと言わずに、何度でも親身になって耳を傾けてほしいということです。それが当人にとって、大きな支えとなるでしょう。


ヒント⑤同じような経験をした人と知り合う



同じような喪失の経験をした人たちと知り合うことも、心の支えにつながることが多いです。配偶者を亡くした人、子どもを亡くした人。それぞれにしかわからない気持ち、経験した人にしかわからない感情というものは、どうしたってあります。

私も兄を亡くしたあと、同僚からの言葉に励まされました。彼女も若いときにお兄さんを亡くした経験があったのです。彼女は、当時を振り返ってこう言いました。

「兄が死んだことよりも、わが子を失った両親の姿を見ることがつらかった」

それは、私の心境そのものでした。でも、おそらくこれは、兄弟姉妹を失った人にしかわからない気持ちでしょう。

この複雑な感情をわかってくれる人がいるということ。そして、このような経験をしているのは自分だけではない、という事実。それに勇気づけられたのです。


ヒント⑥複雑なグリーフは専門家に頼る



最後に、ときには専門家のサポートを求めることも大切です。

通常のグリーフは時間が経つごとに少しずつ良くなっていきますが、自殺や殺人、大きな災害などによる死別の場合、そのグリーフはとても複雑な経過をたどることがあります。時間が経ってもなかなか症状が改善されず、余計ひどくなる場合もあるのです。

自分も一緒に死にたかったなどと思うようになったり、もう誰も信頼できないと思ったり、月日が経っても故人の死を認めることができなかったり、もしかしたら、亡くなった人の死を自分のせいだと思ってしまうことだってあるかもしれません。

このような症状がある場合は、いち早く専門家の助けを求めてください。

2017-03-14-1489513246-2441316-adventure1807524_960_720.jpg

私は、グリーフとは克服(get over)するものではなく、乗り越えていく(get through)ものだと思っています。

大切な人が占めていた心のスペースを埋めることなど、誰にもできません。もう2度と、自分は自分の人生を楽しむことができない。そう感じる時だってあるでしょう。

今回紹介した6つのヒントは、そんな悲しみを帳消しにできるようなものではありません。その悲しみとうまく付き合いながら、生きていくためのヒントなのです。

悲しみとの向き合い方がわかるようになってきたころ、少しずつですが心境の変化を感じる瞬間が訪れると思います。

それまでグリーフを向き合うために費やしていたエネルギーを、他のものごとに注げるようになります。嬉しいことがあったとき、心からその喜びを感じることができるようになるでしょう。たとえそれがほんのひと時であっても、そう感じる時間は徐々に徐々に長くなっていくはずです。

グリーフは、つらく長い道のりです。

それでも、どんなに長い夜も必ず明けるのだということだけは、知っておいてください。

この記事は、『死に逝く人は何を想うのか』(ポプラ社)の一部を編集したものです。

obi-fuchi2

(2017年3月11日 「佐藤由美子の音楽療法日記」より転載)

Googleの人工知能部門DeepMindがイギリスの電力コストをインフラ整備なしで10%もカットする


Googleに500億円以上の巨額で買収された後、人工知能技術を磨き上げ、囲碁の世界チャンピオンを破るAI「AlphaGo」や自分で学習できるAI「DQN」などを次々と開発し世界を驚かせる「Deep Mind」が、既存の電力インフラに手を加えることなくAI技術による最適化だけで電力生産コストを10%もカットするというチャレンジを行います。DeepMind and National Grid in AI talks to balance energy supplyhttps://www.ft.com/content/27c8aea0-06a9-11e7-97d1-5e720a26771bDeepMindは機械学習技
全文
GIGAZINE(ギガジン) 03月15日 12時43分

アニメ

海外「早く来い7月!!」地獄少女 新シリーズに興奮する海外

SPONSORED LINK  (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 概要「地獄少女-宵伽-」新アニメシリーズの1stプロモーションビデオです!2017年7月より全12話、新シリーズ6話と回顧録セレクション6話で放送します。地獄少女は2005年か...
体験談・報告

意識高い系ととんかつ屋入った結果wwwやばすぎwwwwwwwww

続きを読む

「キラキラママ」は実在しない。保育士起業家が教える「いい親よりも大切なこと」とは?

子どものために、いい親でありたい。でも、具体的にどうすれば良いのかわからない——。

そんな、日々の育児に悩んでいる親たちのために、保育のプロである小竹めぐみさん、小笠原舞さんの2人による著作『
いい親よりも大切なこと〜子どものために"しなくていいこと"こんなにあった!』(新潮社)が出版された。

kirakira
小竹めぐみさん(左)、小笠原舞さん

2人は保育士を経て「こどもみらい探求社」を起業。親子が一緒に通う、10回シリーズの学びのプログラム「おやこ保育園」は、東京や京都で開催され、悩める親たちが涙で「卒園」する人気の事業となっている。

保育園の枠を超え「大人と子どもの世界の架け橋になりたい」と活動を続けている2人に話を聞いた。

——子育てで「しなくていい」ことが書いてある、という本の趣旨が非常にユニークです。

小笠原:「◯◯しなくちゃいけない」とか、「◯◯すべきだ」とか、はっきり誰かに言われたわけではなくても、背負い込んでいる親御さんたちが多いなと感じていました。ハウツー本の存在も悪くないのですが、今は子育てサイトも多くあり、情報が多すぎるのかもしれません。うまく選べれば良いのですが。それで私たちは、逆のアプローチ、「引き算」を大事にする本を作ろうと思いました。

親御さんからよく尋ねられるのは、例えば「しつけはどうすればいいですか?」「食事中に歩き回るんです」「言葉が出るのが他の子より遅いんです」というような質問です。

「どうしたらいいですか?」と聞かれたら、私たちの答えは「どうしたいんですか?」です。育児には答えがない。だから、親がどうしたいのかが大切です、そう話しています。

小竹:みんなとても不安を抱えています。だからこそ、「しつけ」というキーワードが、特に「グサッ」と来るみたいです。本当は「しつけ」ってとても曖昧なもの。ひとりひとりに、必要なことは違うと思います。

「どんなしつけをしたらいいですか?」と聞かれて、私が「どういうしつけがしたいんですか?」と聞きます。すると、「エッ」となって、黙ってしまう人が多い。そんな時、私たちは親御さんに「あなたが思うしつけを、違う言葉で言ってみてください」と聞いてみます。そうすると「うーん、人間が暮らす上で最低限のルールを教えること、ですかね...」というような回答が返ってきたりします。

そうした会話を続けて、徐々にその「しつけ」という言葉の意味がほぐされていく。大きい言葉が独り歩きしていますが、紐解いていくと、何てことはない。しつけの定義は家庭ごとに決めることですし、なぜしつけが必要だと思うのか、それを考えていくことで、それぞれが柔らかく納得できる結論が得られると思います。

oyakohoikuen
「おやこ保育園」での読み聞かせ、子どもも大人も興味津々


——なぜ親たちの間に、子育てへの不安感が広がっていると思いますか?


小笠原:「失敗しちゃいけない」と思うと、できていたことができなくなる。「私が子育ての判断をミスしたら大変なことになっちゃう」とか。トライ&エラーができないと思いこんでいるとも感じます。

小竹:例えば、テストで答えがマルなのかバツなのか結果を追い求める。問題に全て答えがあるという時代に親自身が育ったという背景もあるかもしれません。答えがどこかから降ってくるものだと感じているような...。いきなりオリジナルを作らなきゃいけないという思考回路がない。

私たちの「おやこ保育園」では、結果ではなくプロセスをたどるということを大切にしています。

数年前に、アメリカ・シアトルで母親・父親になったばかりの人々をサポートするNPO「PEPS(Program for Early Parent Support)」を視察に行きました。そのNPOには、毎年3000以上の家族が参加していて、子供の月齢や住んでいる地域が近い親たちがグループになって、12週間にわたっていろんなことをおしゃべりする「ダイアログ」というプログラムをしているんです。おしゃべりの中で「価値観を交換する」ということが非常に大切だなと思いました。

——「価値観を交換する」とは、興味深い表現です。どんな意味ですか?


小竹:私たち保育士は、一度に大勢の子を見て、子どもたちがそれぞれに違う個性を持っていることを知っています。一方で、親たちの中には、自分の子ども1人の事例しか知らない方が増えています。

親同士が話し合うことで、「自分の事例は、何億分の1なんだ」と感じられる。自分ってすごくオリジナルだ、と認識すれば、子供を一括りに見なくなる。「母」ではなくて、私は私なんだと思えれば、「いい親」像、「いい子」像に振り回されなくなる。他の人と価値観を交換すれば、今の自分が逆にクッキリしてくる。それに気づきあう関係性が、ワークショップの良いところだと思います。

「おやこ保育園」でも、後半は大人が主役になって「しつけ」などテーマを設定したダイアログ型のワークショップで価値観を語り合う時間です。「うちではこうしているよ」とか。その時間に、笑ったり、泣いたりしながら本音を言いあって、色んな自分に気づいていく、本当の自分を取り戻すというのがとても大切です。

oyakohoikuen

小笠原:本音で話せる場だというのがとても大事です。「今イヤイヤ期で、ちょっと自分の子が可愛く思えない」だとか、「いい親」であれば「人前では決して言っちゃいけない」と思っていることも、10回の講座に通ううちに安心してもらって、少しずつ気持ちを言えるようなプログラムをデザインしています。

先日も「おやこ保育園」の卒園式で、「自分以外はみんな『キラキラママ』だと思っていました」と言う声が何人かから聞こえてきました。

——「キラキラママ」というと、子育ても完璧で、オシャレも家事も仕事も完璧という母親ですね。


小竹:本当に皆、最終日に近づいていくると本音が出てくるんです。他の人も本当は悩んでいるんだと、それを知るだけでも不安がほぐれていくようです。

小笠原:みんなができているように思えて、「全部完璧にやらなくてはいけない」と思い込んでしまっているんですよね。本当は「キラキラママ」なんて、実在しないんです。

——先ほどシアトルの例では街ぐるみのプログラムになっているようですね。おやこ保育園の取り組みの中でも、日本全体でもっと仕組み化したほうが良い、ということはありますか?

小竹:おやこ保育園には、独自の「おやこパートナー」という制度があります。通っている親子と一緒にプログラムに参加して、子供たちの見守りなどのサポートをしてくれる人です。保育士資格がなくても、誰にでも開かれていて、これまで大学生とか、企業の方とか色んな方が参加してくれました。

普段関わりのない方は「子どもとどう接していいか全く分からない」という方もいます。でも、例えばパパが来てみたら、他の家のママの本音を聞いて「そうだったんだ」と勉強になります。妊娠中の方が将来の子育ての練習に、とか、子ども向けサービスの企業から社員が参加して、商品開発に役立てようという方も。色んな人に参加していただいています。

小笠原:今って、「子どもと親」という世界が、すごく、他の世界から離れているんですよね。子ども向けの施設、親子向けの専用施設があって、一方で、「子どもお断り」の施設がある。それを分けて心地よい世界を作る一方で、いろんな層の方が子どもと関わることができる場を失っているとも言える。それってどうなのかな?とも思います。

子どもが騒ぐことも、私たちにとっては、何てことはない日常です。普段関わることが少ない大人側も、「おやこパートナー」に参加して、子どもがどんな姿なのかを知って、慣れていけば気にならなくなる。同じ空間に、大人と子どもが共存する仕組みは、社会の中に必要だと思います。そうじゃないから、親になっても子供を「偶像」化してしまう気がするんです。

そのままの姿の子どもを知る機会がなさすぎることが、今の社会の色んな問題を生んでいると思います。

oyakohoikuen

——確かに、「近隣が保育園建設に反対する問題」や「ベビーカーに優しくない問題」は、子どもの世界が他の人から見えなくなってきたことの弊害なのかもしれませんね。

小竹:子ども側にとっても、保育園の先生、もしくはママだけではなく、色んな大人のバリエーションを見ることは、豊かでいい出会いになると思います。そのこと自体が価値だなと。もっと子どもの世界が外に開いて、この国の人々の考え方が変わっていくことになればと思います。

小笠原:大学生の男の子が来てくれた時には、「未来の妻がこんなことで悩むかもしれない」と感じてくれたと話してくれました。他の人々も、「ママたちは、こんな風に悩んでいるんだ」とリアルを知る場になってくれれば、社会がもっと寛容になる。

——本の中では「ママ友はムリに作らなくてもいい」という項目もありましたね。印象的でした。


小竹:それは、本を作る前にした、子育ての悩みを聞いたアンケートでかなり多かった声なんですよ。私たちはそこまで意識していなかったので、皆そんなに悩んでいたのか、と驚いたこともでもあります。

小笠原:「子どものために合わせなきゃ」と考え過ぎて苦痛になってしまっているということですね。

小竹:「何かのために」友達になるって、普段しないことですよね。友達って本来、そういうものじゃない。だからこそ、「うちの子がママ友の子をぶっちゃった」とか、人付き合いでも気が気じゃない状態になって疲れ切ってしまうわけです。

自分の本当の友達の子であれば、多少迷惑をかけてもどうということもないですよね。だから、無理してママ友を作る必要はないんじゃない?と言っています。

——保育士から起業されたというお2人のキャリアもかなり興味深いのですが。


小竹:自分の働き方のこともありますが、保育士時代、見つけた課題に対して「自分ならこうやりたい」と思っても、組織にいるとなかなか自由にできないというのが起業を目指した一番の理由でした。

当時、子どもの虐待など、暗いニュースが増えてきたという印象を持っていました。子どもや家族の課題が多くなっている中で、子どものことを知っている保育士という専門家は価値があるのではないか、その割に閉じている業界だな、とも思いました。自分たちなりにやれることがあるのではないかと。

小笠原:私は会社勤めの経験を経て保育士になったのですが、すごい専門性があるのに社会で共有されていないなと感じました。この知識をもっと外に普及させたら、悩む親が減るんじゃないか...と。

例えば休みの日に、カフェで知らないお母さんの子どもへの関わり方を見ていたりすると「ああ、もっとこういう言い方をすれば上手くいくのに...」なんて思うんですよね。

それに、保育士として、子どもを通して見えてくることも気がかりでした。例えば、子どもが物を投げたりしてちょっと心が不安定だなと思う時に、迎えに来たお母さんを見ていると、疲れているような表情だったり。そういう時に「疲れていますか?」と声をかけると、「実は...」と返ってくることもありました。

小竹:現代の母親って「隠れ孤独」を抱えている人が多いのかもしれないと思うんですよね。でもみんな、自覚はない。「私は支援対象、サポートが必要な人ではない」と思っているんですが、実は孤独、自分のキャパシティーを超えているという場合がある。頑張りすぎてるけど自分に気づかないんですね。

oyakohoikuen
「おやこ保育園」で、想像力を働かせて自由な「遊び」を見つける子どもたち。2人は、親が「飽きないおもちゃ」を必死で探して買い与えることも「しなくていい」の1つと説く。

——子育てというと、つい「ママ」主体の関わりと考えてしまします。パパ、あるいはパートナーの役割はどうでしょうか?

小竹:同じように「これをすべき」ってことはありません。ただ、同じように「自分のパートナーがどうしたいのか?どう思っているのか?」を知る、ということが一番大事なんじゃないでしょうか。

よくコミュニケーションをとれば、ママが本当は1人の女性で、「ただの女の子」だと思い出せると思います。隠れ孤独を抱えている母親の不安を中和するためには、話すこと。その気持の部分を包んであげることが必要なのではないでしょうか。

でも母親は、子育ての渦中に入ってしまうと視野が狭くなっていることも多い。一番近い他人ですから、冷静に見てくれることも大事だと思います。

小笠原:ゼロ歳児、1歳児はどうしても母親との関わりが強くなりますので、中心的になってしまうのは仕方がない面もあります。

仕事の成果や業績と同じように、子育ての「結果」を追い求めてしまうママもいます。無意識に他の子と比較して、「立った」とか「靴が1人で履けた」とか、とにかく人より早くできるようにと求めて、イライラしてスパルタになってしまうこともあるかもしれません。気づかないうちに子どもの成長で、自分の承認欲求を満たしてしまうという恐れもあります。

でも、子育ては本当はプロセスが楽しい。パートナーは、そのプロセスをきちんと見て、共有して、一緒に楽しむことが大切だと思います。寄り添いながら一緒に考えていくことはパートナーだからこそできることではないでしょうか。

▼プロフィール

小竹めぐみ

1982年生まれ。合同会社こどもみらい探求社共同代表。NPO法人オトナノセナカ創設者。保育士をする傍ら、家族の多様性を学ぶため、世界の家々を巡る一人旅を重ねる。砂漠の民とアマゾン川の原住民の暮らしに大きなヒントを得て、2006年より”違いこそがギフト”と発信する活動を開始する。幼稚園、こども園、保育園に勤務後、自分らしい保育士の形をみつけようと決意し2012年に独立。人のもつ凸凹を大切にしながら、日々の変化を楽しみに暮らしている。

小笠原舞


1984年生まれ。合同会社こどもみらい探求社共同代表。asobi基地代表。幼少期に、ハンデを持った友人と出会ったことから、福祉の道へ。大学時代にボランティアでこどもたちと出会い、彼らの持つ力と創り出す世界に魅了される。20歳で独学にて保育士国家資格を取得し、社会人経験を経て保育現場へ。こどもたちの声を大切にできる社会を目指し、既存の枠にとらわれず、新しい仕掛けを生み出しながら過ごしている。

▼楽しい子育て!(画像集)▼

中居正広、人気ダンサーと熱愛報道 「武田舞香さん」と女性セブン

元SMAPの中居正広(44)が、ダンサーで振付師のAさん(32)と交際していることが判明したと、日刊スポーツなど一部メディアが3月15日に報じた。

2人の出会いは10年ごろ。Aさんは、SMAPが新曲やコンサートのためにダンスを覚えるリハーサルの際に、メンバーの代役で踊るダンサーだった。中居は当時、00年代後半に交際していた倖田来未と破局し、恋人がいなかった。そんな中、現場で何度も顔を合わせることで自然と親しくなり、ほどなく交際が始まったという。現在は、都内にある中居の自宅の近くにAさんも1人暮らしをしている。時間があるときは、中居の家に手料理を作りに通っている。

Aさんは、ダンス業界では有名な振付師だ。多くのアイドルやアーティストに引っ張りだこで、誰もが振り返るほどの美人。
 
中居正広が真剣交際、30代元ダンサーの美人振付師 - ジャニーズ : 日刊スポーツより 2017/03/15 07:54)


サンスポは交際期間は約5年とし、Aさんは「目鼻立ちのはっきりとした相武紗季似のスレンダー美人」として、これまで安室奈美恵や加藤ミリヤらのバックダンサーを務めたと報じている。日刊スポーツは交際期間について6年としている。

このニュースについては、3月16日発売の「女性セブン」も報じる。「女性セブン」などの記事を掲載する小学館のニュースサイト「NEWSポストセブン」は、Aさんは「武田舞香さん」だとして写真も公開している。


▼画像集が開きます▼

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。
タイトルとURLをコピーしました