自動車最前線

自動車最前線

「ロッキー/ライズ」実際に乗ってわかった実力 使い勝手は高いが「煮詰め不足」が気になる | 岡本幸一郎の自動車情報発信局 | 東洋経済オンライン

2019年秋の「東京モーターショー」のダイハツブースで、これほど重要なクルマがステージではなくブースの…
自動車最前線

新型肺炎が「世界の自動車産業」に及ぼすリスク 多く拠点を構える部品メーカーに与える懸念 | トレンド | 東洋経済オンライン

中国湖北省・武漢に端を発する新型肺炎の影響が広がるなか、現地の日系自動車工場の再稼働期が2月下旬ま…
自動車最前線

ホンダ「4代目フィット」乗ってわかった実力 2020年の国内コンパクトカー市場は激戦に | 西村直人の乗り物見聞録 | 東洋経済オンライン

4代目となるホンダ「フィット」がいよいよ2月14日に発売される。1.5Lのハイブリッドモデル、1.3Lガソリン…
自動車最前線

スズキ「新型ハスラー」のデザインは何が売りか タフで力強い要素が入り大胆に変化した | 森口将之の自動車デザイン考 | 東洋経済オンライン

2019年秋の東京モーターショーで初公開され、2020年初に発売されたスズキの軽自動車「ハスラー」。そのデ…
自動車最前線

便利だけど危険も潜む!要注意の「クルマ装備」 運転支援機能やスライドドアで注意すべき点 | トレンド | 東洋経済オンライン

クルマの機能や装備は、基本的には安全性と利便性を向上させるが、時には安全性を阻害することもある。装…
自動車最前線

ダイムラートラックにみる自動運転の最新進化 自動化レベル2を標準装備した実力とは? | 西村直人の乗り物見聞録 | 東洋経済オンライン

現在、自動運転技術はSAE(アメリカ・自動車技術者協会)が定めた自動化レベル0~5の6段階で枠組みされて…
自動車最前線

ダイムラートラックにみる自動運転の最新進化 自動化レベル2を標準装備した実力とは? | 西村直人の乗り物見聞録 | 東洋経済オンライン

現在、自動運転技術はSAE(アメリカ・自動車技術者協会)が定めた自動化レベル0~5の6段階で枠組みされて…
自動車最前線

「インプレッサ」大幅改良は、本当に買いなのか 注目点は安全装備とSTIが関わった足回り | トレンド | 東洋経済オンライン

2016年にSUBARUの新プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を他車に先駆けて採用して登場…
自動車最前線

「新型フィット」の登場で振り返る3代目の価値 モデル末期でも対前年比82%を達成する実力 | トレンド | 東洋経済オンライン

2019年の第46回東京モーターショーの会場で初公開されたホンダの次期「フィット」が、2月14日に発売され…
自動車最前線

トヨタ「新型ヤリス」乗ってわかった最新進化 開発陣が明かした強い「こだわり」とは? | 西村直人の乗り物見聞録 | 東洋経済オンライン

2月に発売が予定されているトヨタのグローバルコンパクトカー新型「ヤリス」。そのプロトタイプ試乗レポ…
自動車最前線

「ハスラー」「タフト」がライバルといえない理由 異なる狙いで開発されたそれぞれの特徴とは | 軽自動車 | 東洋経済オンライン

日本は今、SUV(スポーツ・ユティリティ・ヴィークル)ブーム真っ只中にある。日本車と輸入車、合わせて10…
自動車最前線

レクサス「UX」発売から1年、掛け値なしの通信簿 500万円の小型SUVが「月1000台」も売れる理由 | トレンド | 東洋経済オンライン

「レクサスUX(以下:UX)」は、2018年11月に発売されたレクサスのSUVだ。それ以前にレクサスには、トヨ…
自動車最前線

「ライズ/ロッキー」買うならどのグレードか トヨタとダイハツで「異なる装備」とは? | この新車、買うならどのグレード? | 東洋経済オンライン

2019年11月の発売以来、瞬く間に人気車種となった5ナンバーサイズのコンパクトSUV、トヨタ「ライズ」/ダ…
自動車最前線

ジムニーが「カスタムの世界」で輝き続ける理由 東京オートサロンで数多くの改造車が展示 | 森口将之の自動車デザイン考 | 東洋経済オンライン

1月10~12日に幕張メッセで開催された東京オートサロン。久しぶりに足を運んで驚いたことの1つは、昔に比…
自動車最前線

オートサロンに輸入車が続々と参入する裏事情 東京モーターショー欠席でも出展する理由 | イベント | 東洋経済オンライン

自動車最前線

ドラレコ連携や5Gで変わる「カーナビ」最新事情 2020年が「変革期」になると言われる理由とは | トレンド | 東洋経済オンライン

今やほとんどのクルマに装備されるようになったカーナビ。初めての目的地へ出かけるときはもちろん、渋滞…
自動車最前線

VW「T-Cross」はC-HRやヴェゼルに勝てるか 新顔コンパクトSUVに試乗して感じたこと | 輸入車 | 東洋経済オンライン

フォルクスワーゲン(以下:VW)から、まったく新しい車種が発売となった。「T-Cross (ティークロス)」…
自動車最前線

ベンツ「4代目Aクラス」発売1年後の通信簿 デジタル世代のベンツは受け入れられたのか | トレンド | 東洋経済オンライン

メルセデス・ベンツ「Aクラス」の新型モデルが日本市場で発売されたのは、2018年10月18日のこと。同日よ…
自動車最前線

「ルーミー/タンク」発売3年超でも好調な理由 両車合算で新型カローラやプリウス超える | トレンド | 東洋経済オンライン

トヨタのルーミー/タンクは、2016年11月に、ダイハツ・トールの兄弟車として誕生した。ダイハツは、子育…
自動車最前線

スズキの「初代ハスラー」は何を残したのか 新型登場で振り返るその功績とライバルたち | 軽自動車 | 東洋経済オンライン

2013年の東京モーターショーに参考出品車として姿を現し、同年のクリスマスイブに公式発表。翌2014年の1…
自動車最前線

「GRヤリス」乗ってわかったトヨタの本気度 20年ぶりに復活した「スポーツ4WD」の実力 | 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音 | 東洋経済オンライン

2015年、トヨタは大きな組織変更を行った。事業ごとに独立採算制とする「カンパニー制」を採ったのである…
自動車最前線

いすゞとボルボ、「電撃提携」に込められた意図 ボルボ傘下のUDトラックスを2500億円で買収 | 商用車 | 東洋経済オンライン

自動運転や電動化など「CASE」時代の到来が、トラック業界に新たな国際的合従連衡をもたらした。2019年の…
自動車最前線

ベンツの「ディーゼル」乗ってわかった最新進化 オールラインナップ試乗会で乗り味を体感 | 岡本幸一郎の自動車情報発信局 | 東洋経済オンライン

最近、ヨーロッパではEV(電気自動車)推しでディーゼル離れが進んでいるとされるが、実際にはすでに騒動…
自動車最前線

トヨタが静岡に創る「未来型都市」に映る危機感 世界中の知見集め、あらゆる最先端を詰め込む | テクノロジー | 東洋経済オンライン

筆者は、現在、アメリカのラスベガスで開催している世界最大級の家電・技術見本市「CES2020」(1月7日~1…
自動車最前線

ホンダ「3代目インサイト」発売1年後の通信簿 月販1000台をクリアできない本質的な理由 | トレンド | 東洋経済オンライン

3代目のホンダ「インサイト」は、昨2018年12月に発売された。初代は、1999年に発売され、1997年のトヨタ「プ…
自動車最前線

新型スカイラインが背負う日産ブランドの復権 やる気を感じた大がかりなマイナーチェンジ | トレンド | 東洋経済オンライン

2019年9月、日産自動車は大がかりなマイナーチェンジを施した新型スカイラインを発売した。世界初の先進…
自動車最前線

ホンダ「N-BOX」、買ってわかった売れる理由 9カ月乗って実感する「意外なよさ」とは? | 軽自動車 | 東洋経済オンライン

2019年3月末、ホンダ「N-BOX」の新車を買った。グレードは「G EX ホンダセンシング」で、色はプラチナホ…
自動車最前線

トヨタ「グランエース」は誰のためのクルマか アル/ヴェルよりデカい「巨大ワゴン」の狙い | トレンド | 東洋経済オンライン

2019年12月16日にトヨタから登場した新型車が注目されている。「グランエース」である。名前の由来はスペ…
自動車最前線

トヨタ「ヤリス」が変えたコンパクトカーの基準 先進技術がてんこ盛り、走りもハイレベル | トレンド | 東洋経済オンライン

トヨタ「ヴィッツ」がフルモデルチェンジを機に、グローバルで使われてきた「ヤリス」の名前を日本でも用…
自動車最前線

高速道路の魅力に触れる「どぼくカフェ」の中身 12月中旬に開かれたイベントに参加した | 佐滝剛弘の高速道路最前線 | 東洋経済オンライン

高速道路は土木構造物の塊といってよいが、土木の研究者が集まる土木学会の関西支部とNEXCO西日本関西支…
自動車最前線

日産「再建のキーマン」退任で深まる混迷 関・副COOが次期社長含みで日本電産へ移籍 | 経営 | 東洋経済オンライン

12月1日に就任した日産自動車の内田誠社長が掲げた「ワンチーム」は、試合開始早々からスクラムの要を失…
自動車最前線

12代目カローラを「快作」と評価できる根本理由 「大衆車」としての使命感みなぎるクルマ | トレンド | 東洋経済オンライン

トヨタ自動車のカローラがデビューしたのは1966年。1969年に年間販売台数ランキングで1位の座につくと、20…
自動車最前線

トヨタの自動車サブスク「KINTO」大苦戦の真因 全国展開しても認知度2割、申込み1日平均6件 | トレンド | 東洋経済オンライン

ネットフリックスやスポティファイ、アマゾンプライムといった動画や音楽の配信サービスは日本で急速に普…
自動車最前線

あのトヨタが「日本橋」に構えた開発拠点の全貌 自動運転技術を極めるオフィスが本格稼働 | 自動運転 | 東洋経済オンライン

オフィスフロアをぐるっと一周する200メートルの道路を、従業員が操る1人乗りの電動モビリティが行き交う…
自動車最前線

ボルボ、「新型車」が出なくても成長が続く根拠 日本法人の社長が明かした「苦悩と希望」 | 経営 | 東洋経済オンライン

ここ数年、日本で最も勢いのある輸入車ブランドと言えば「ボルボ」だろう。世界販売台数で言えば、世界の…
自動車最前線

中国が描く日米欧を超える「自動車強国」の本質 日本の産業構造が変化していく可能性も | トレンド | 東洋経済オンライン

中国は生産・販売の両面で「自動車大国」の地位を固めているものの、内燃機関車技術で中国メーカーが日米…
自動車最前線

トヨタ「新型カローラ」受注2万台を超えた意味 見え隠れするロイヤルカスタマー離れの予兆 | トレンド | 東洋経済オンライン

日本自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車ブランド通称名別順位で月販1万台超えをすれば首位争いでき…
自動車最前線

あおり運転にお灸据える「最新ドラレコ」の威力 2020年「ドライブレコーダー」トレンド予測 | トレンド | 東洋経済オンライン

今やドライブの必須アイテムとして知られるようになった、ドライブレコーダー(以下:ドラレコ)。間もな…
自動車最前線

日産リーフでEV初心者が受けた「充電の洗礼」 初めて電気自動車で国内を走ってみたら… | 試乗記 | 東洋経済オンライン

そろそろ2019年も年末だが、皆さんにとって今年やっておいてよかったことは何だろう? 筆者にとってそれ…
自動車最前線

「ロッキー」「ライズ」に見るカーナビ戦略の迷い ダイハツコネクトがDCMを搭載しない理由 | トレンド | 東洋経済オンライン

「ディスプレイオーディオとダイハツコネクト対応ナビ、あなたにピッタリなのは、どっちぃ~? 迷っちゃ…
自動車最前線

VW「8代目ゴルフ」実際に乗ってわかった実力 2020年末以降に日本投入、何が進化したのか | 輸入車 | 東洋経済オンライン

1974年のデビュー以来、45年間で累計3500万台以上を販売し、FFハッチバックのお手本として君臨するVW(フ…
自動車最前線

トヨタ「RAV4」が並み居る競合車に圧勝した理由 日本カー・オブ・ザ・イヤー19-20選出の裏側 | トレンド | 東洋経済オンライン

12月6日、今年の「年クルマ」を選出する「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car Of the …
自動車最前線

トヨタ「エスティマ」が生産終了を迫られた理由 一世を風靡したミニバンの「苦悩と末路」 | トレンド | 東洋経済オンライン

トヨタのミニバンである「エスティマ」が、次の開発をされることなく年内には販売を終えることになりそう…
自動車最前線

日産がルノーへの態度を変えた切実な事情 穏健派の内田新社長、提携見直し棚上げも | 経営 | 東洋経済オンライン

「アライアンスは部品の共同購買や車台の共用化、人材の活用など、さまざまな成果を生み出してきた」「着…
自動車最前線

マツダ「CX-30」実際に買うならどのグレードか 選ぶ決め手は「セットオプション」にあり | この新車、買うならどのグレード? | 東洋経済オンライン

5月に登場した「MAZDA3」に続き、マツダの新世代商品第2弾として10月に発売をスタートさせた「CX-30」。…
タイトルとURLをコピーしました