政治・経済

政治・経済

議員8人「選挙余剰金」消えた公費負担分の理屈 報告書上の収支ゼロは公費負担分が丸々余る | 選挙運動の「余剰金」を追う | 東洋経済オンライン

選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない――。「選挙運動費用の余剰金」問題の背景には、さまざ…
政治・経済

北朝鮮の処刑・粛清説になぜ誤報が多いのか 南北間の貿易・往来の禁止措置で情報不足に | 韓国・北朝鮮 | 東洋経済オンライン

北朝鮮に関する報道では、「粛清」「処刑」といった言葉がよく流される。粛清によって権力を行使してきた…
政治・経済

日本とアメリカ、「シンクタンク」の決定的な差 政策立案の実務経験と世界への発信力が違う | 21世紀のシンクタンク・パワー | 東洋経済オンライン

シンクタンク・パワーと政策起業力のフロンティアと日本の課題を、シンクタンクや大学、NPOの政策コミュ…
政治・経済

人手不足を嘆く地方の組織が陥る「4つの矛盾」 変化しない職場や地域に「明るい未来」はない | 地方創生のリアル | 東洋経済オンライン

地方の企業や自治体のトップの方々とお話をすると、口をそろえて「人手不足」という言葉が出てきます。実…
政治・経済

「老後2000万円」問題の落としどころは何か 公的年金、私的年金と税制の横断的な議論を | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン

6月3日に取りまとめられた金融審議会の報告書の記述が「老後30年で2000万円不足するのか」「公的年金だけ…
政治・経済

世界トップのシンクタンクは日本と何が違うか 米CSISで働く若き日本人研究者に見える光景 | 21世紀のシンクタンク・パワー | 東洋経済オンライン

シンクタンク・パワーと政策起業力のフロンティアと日本の課題を、シンクタンクや大学、NPOの政策コミュニ…
政治・経済

増税を控えてすでに消費マインドは冷えている 「老後2000万円」問題もタイミング悪く | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン

政府が6月11日に公表した経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案には「10月には消費税率の8%から10%…
政治・経済

「選挙余剰金」国会議員460人調査に映る意識差 64人が全額返金の一方で政党に「貸し付け」も | 選挙運動の「余剰金」を追う | 東洋経済オンライン

選挙で余ったお金の行方を公開資料で確認できない――。衆参両院の現職国会議員による「選挙運動費用の余…
政治・経済

「老後2000万円不足」騒動に映る年金制度の弱点 安倍政権が慌てた本当の未来の危機 | 国内経済 | 東洋経済オンライン

騒動の根因は、麻生大臣の上から目線の暴言に尽きる「夫婦そろって65歳から30年間生きると、老後資金が総…
政治・経済

アメリカで激しくなっている「中国排除」の実態 教育機関や留学生まで「標的」に | アメリカ | 東洋経済オンライン

アメリカにおける「中国排除」の動きが加速している。目下、華為技術(ファーウェイ)など中国製品を市場…
政治・経済

ホルムズ海峡攻撃で挙がった「真犯人」の名前 「オバマを超えた」と言いたいトランプの意地 | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン

背後で誰が動いているのか――。2019年6月13日、イランを訪問中の安倍晋三首相は、最高指導者ハメネイ師…
政治・経済

地元の若手エリートが集う「青年会議所」の正体 政治家や経営者などを続々と輩出 | 国内経済 | 東洋経済オンライン

「日本青年会議所(JC)」をご存じだろうか。全国に700弱あるこの団体、知っている人からすると、「企業の…
政治・経済

ファーウェイつぶしは中国の5Gを叩く手段だ 中国の生産技術の進歩を恐れるアメリカ | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン

米中関係が貿易摩擦から”長期的なハイテク冷戦”へと変化していく様相がますます濃厚となってきた。中国…
政治・経済

課題先進国日本の「人生100年時代の社会契約」 「やってみなはれ」精神で少子高齢化を考える | 国内経済 | 東洋経済オンライン

高齢化が進み、経済停滞と公的債務に苦しむ現在、日本はかつての栄光を失い、このまま衰退の道を歩むので…
政治・経済

トランプ大統領弾劾が不発に終わりそうな論拠 「ミュラー最終報告書」の証拠力は不十分 | 湯浅卓「トランプ政権の真実」 | 東洋経済オンライン

5月に来日したアメリカのドナルド・トランプ大統領が、日本で大相撲を観戦したのは5月26日。日本ではビッ…
政治・経済

閣僚8人の「選挙余剰金」が行方不明という現実 「意識の低さ」露呈、完璧な処理は首相ら3人 | 国内政治 | 東洋経済オンライン

『国会議員267人の選挙「余剰金が行方不明」の謎』(2019年6月17日配信)で既報のとおり、現職の全国会議員…
政治・経済

「老後資金」不足は2000万円なんてもんじゃない 金融庁の報告書を批判するのは筋違いだ | 国内経済 | 東洋経済オンライン

「老後資金が2000万円足りない」という金融庁の金融審議会による驚きの報告書を、麻生太郎財務大臣・金融…
政治・経済

韓国の空港で暮らす「アンゴラ人一家」の真実 日本人少女がメディアより先に情報を伝えた | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン

「自分の国に帰ったら殺されるかもしれないのに、外国にも行っちゃいけない、空港から外にも出してもらえ…
政治・経済

国会議員267人の選挙「余剰金が行方不明」の謎 調査対象の6割、公開資料で使途を追えず | 国内政治 | 東洋経済オンライン

選挙で余ったお金の使途が確認できない――。各候補の選挙運動費用の収支を示す書類を分析すると、お金を…
政治・経済

日本は、なぜホルムズ海峡で標的になったのか 安倍首相の米・イラン仲介外交は台なしに | アジア諸国 | 東洋経済オンライン

アメリカとイランの緊張緩和に向け、イラン最高指導者アリー・ハメネイ師と安倍晋三首相が会談した13日、…
政治・経済

老後資金「2000万円騒動」の本質は何なのか 年金改革先送りは形を変えた「利益誘導策」だ | 国内政治 | 東洋経済オンライン

95歳まで生きると、公的年金以外に2000万円の資金が必要であるという金融庁の金融審議会の報告書が、政府…
政治・経済

欧米でいきなり「環境」が重要政策になった事情 なぜ選挙戦を左右するほどになったのか | アメリカ | 東洋経済オンライン

保護主義やポピュリズムで騒がしい米欧の政治情勢だが、ともすれば見過ごしがちなのが地球温暖化をはじめ…
政治・経済

人生100年時代には「人間とは何か」が問われる 「リンダ・グラットン×小泉進次郎」特別対談 | 国内政治 | 東洋経済オンライン

小泉進次郎衆議員議員は、2019年4月、自民党厚生労働部会で「新時代の社会保障改革ビジョン」を発表し、…
政治・経済

暴言や失言でも「維新」が支持を失わない理由 巧みな「ふんわりとした気分&イメージ」醸成 | 国内政治 | 東洋経済オンライン

政治資金問題で前市長が辞職したことに伴う、6月9日の大阪府堺市長選で、地域政党「大阪維新の会」の新人…
政治・経済

同日選は消滅?解散風は本当に吹きやんだのか 「老後2000万円不足」、浮上する政権への逆風 | 国内政治 | 東洋経済オンライン

梅雨入り後も吹き続けてきた永田町の「解散風」が、6月26日の会期末まで半月となった途端に吹きやんだ。…
政治・経済

高まる「嫌韓」、対韓強硬論にこれだけのリスク 事態を打開するには「日韓首脳会談」しかない | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン

日本国内に「嫌韓」「反韓」の空気が強まってきている。従軍慰安婦合意の一方的破棄や、元徴用工に対する…
政治・経済

骨太解説「日本の金融政策」がかくも無力なワケ 経済学の重鎮が「追われる国の経済学」を読む | 国内経済 | 東洋経済オンライン

現在、日本はじめ世界の先進諸国は一様に異常な経済状況に直面している。ゼロないしマイナスの金利、天文…
政治・経済

市町村長の「給料低い自治体」全国ワースト500 1位は前年に引き続き、北海道の夕張市 | 賃金・生涯給料ランキング | 東洋経済オンライン

6月10日に配信した「『知事・市長の給料が高い自治体』全国トップ500」に引き続き、今回はその逆となる「…
政治・経済

MMTが、こんなにも「エリート」に嫌われる理由 主流派経済学の理想は「反民主的」な経済運営 | 国内政治 | 東洋経済オンライン

前回記事「MMT『インフレ制御不能』批判がありえない理由」で、インフレ率との関係をていねいに解説した…
政治・経済

人類は「破壊」でしか平等化できないのか 「戦争・革命・崩壊・疫病」の凄まじい衝撃 | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン

アメリカで最も裕福な20人は現在、アメリカの下位半分の世帯すべてをまとめたのと同等の資産を保有してい…
政治・経済

「知事・市長の給料が高い自治体」全国トップ500 1位の神奈川県横浜市は月額給与が約160万円 | 賃金・生涯給料ランキング | 東洋経済オンライン

住民による直接選挙で選ばれる都道府県や市町村のトップ。予算・条例等の議案の提出や議会の解散など、地…
政治・経済

霞が関に依存しないシンクタンクが必要な理由 カギは政策起業力という「戦略と統治」のプロ | 21世紀のシンクタンク・パワー | 東洋経済オンライン

20世紀が明けようとするころ、日本は、『代表的日本人』(内村鑑三、1894年)、『武士道』(新渡戸稲造、1…
政治・経済

広島の「平和活動」に感じる微妙な矛盾と残念さ 原爆と核兵器廃絶は別問題なのか | 国内政治 | 東洋経済オンライン

どの都市もたいてい、わかりやすいかどうかの違いこそあれ、苦難や理不尽の遺産を抱えている。しかしそれ…
政治・経済

「新ピンポン外交」に陥った米中貿易摩擦 日米欧の連携が新秩序構築には必要だ | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン

5月第2週にアメリカのトランプ大統領が発信した通商交渉における中国批判と関税引き上げに関するツイート…
政治・経済

老後の資金が不足する問題にどう対処すべきか 家計貯蓄の減少、欧州に年金改革のヒント | 読んでナットク経済学「キホンのき」 | 東洋経済オンライン

厚生年金および国民年金は、法律によって少なくとも 5 年に1度財政検証を行うこととなっており、今年はそ…
政治・経済

日本の消費税の議論はなぜ「こんなに的外れ」か 消費増税の前に「最低賃金5%アップ」せよ | 国内経済 | 東洋経済オンライン

オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名…
政治・経済

「風は気まぐれ」、安倍首相は解散に踏み切るか 党内引き締め?それとも4選狙いの大勝負? | 国内政治 | 東洋経済オンライン

通常国会は会期末まであと3週間となった。与野党問わず全国会議員が神経をとがらせるのは夏の衆参同日選…
政治・経済

生産性は最低賃金を引き上げれば向上するのか 令和は「重い宿題を解決すべき時代」になる | 中原圭介の未来予想図 | 東洋経済オンライン

先日、テレビ朝日の情報番組の著名なコメンテーターの方から、「どうして国民に景気回復の実感がないのか…
政治・経済

ドイツ政権崩壊へのカウントダウンが始まった 連立のSPD党首辞任、次期首相候補も脱落か | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン

欧州の要、ドイツの政治安定が揺らぎ始めている。中道右派のキリスト教民主/社会同盟(CDU/CSU)と中道左…
政治・経済

「築地場外」が直面するブランド存続の危機感 豊洲移転から7カ月、市場はどう存続するのか | 国内経済 | 東洋経済オンライン

築地場外市場の朝は早い。人の動きが活発化する5時に合わせ、店主たちは開店準備を進める。夜明け前から…
政治・経済

6月のG20、デジタル課税の何が焦点になるか 巨大ネット企業「狙い打ち課税」ではない | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン

6月8~9日に、福岡市でG20財務大臣・中央銀行総裁会議が開催される。議題の1つになるのがデジタル課税で…
政治・経済

北朝鮮の「食糧不足」はどこまで深刻なのか 人口の4割、1100万人の食糧が十分でない | 韓国・北朝鮮 | 東洋経済オンライン

国際機関から食糧不足に陥っているとの報告がなされた、北朝鮮の厳しい内部事情が話題になっている。北朝…
政治・経済

「ふるさと納税」法改正がむしろ歓迎される理由 ルール強化でふるさと納税は進化していく | 政策 | 東洋経済オンライン

2019年6月1日、ふるさと納税のルールが大きく変わる。ふるさと納税制度は、出身地や旅行で訪れた場所など…
政治・経済

安倍外交、「トランプ接待」の成果はあったのか ゴルフに大相撲、炉端焼きのトランプ狂騒曲 | 国内政治 | 東洋経済オンライン

猛暑の日本に喧騒の渦を広げた“トランプ狂騒曲”が終わった。令和初の国賓として5月25日夕に来日したア…
政治・経済

コメディアン大統領はウクライナを救えるのか ゼレンスキー氏のポピュリズムと政治課題 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン

5月20日、ウクライナ最高会議(議会)が開かれ、コメディアン出身のヴォロディミル・ゼレンスキー氏が大…
タイトルとURLをコピーしました