浜田雅功、ネット番組の可能性に興奮 「何でもOKなんか」

戦闘車「ダウンタウン」の浜田雅功が3日、東京都内で行われたたAmazonプライム・ビデオの新番組「戦闘車」の完成披露イベントに出席。今回初めてAmazonのオリジナル番組に参加した浜田は「(ネット番組の)可能性なんてまだまだ山ほどあるんじゃないですか? 人〇し以外だったら何でもできる」とジョークを飛ばしながら、ネット番組の可能性に期待を寄せました。

同番組は、車好きで知られる芸能人たちが、ベンツやジャガー、自身の愛車など、おのおのの“戦闘車”に乗り込み、命がけでさまざまな試合に挑む“デンジャーテイメント(デンジャー&エンターテインメント)”。芸人やレーサー、ミュージシャンといった総勢18人が、浜田率いる浜田軍と、「千原兄弟」の千原ジュニア率いるジュニア軍に分かれ、スピードや度胸、根性が試される自動車合戦で対戦します。

浜田さんは「アホでしょ?めちゃくちゃやこんなの。これだけのお金使って、すごく興奮してやれる内容で、楽しかった」と収録を振り返り、ネット番組の可能性に「『ここまで何でもOKなんか?』って思った。次回こんなんって言っても(過激なものを提案しても)、たぶん『ああ、いいですよ』と言いそうな気がした。どこまでがギリなのか、この後、話し合いです」と、ちゃめっ気たっぷりに語りました。 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました