志村けんさんと沢田研二 代役決定の裏にあった50年の絆物語

 松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』(2021年公開予定)は、当初、志村けんさん(享年70)と菅田将暉(27才)のダブル主演で描かれる予定だった。しかし、志村さんが新型コロナウイルス感染症で亡くなったことで、一度はお蔵入りも懸念されたが、5月15日、志村さんと親交の深い歌手・沢田研二(71才)が代役を務めることが発表された。
タイトルとURLをコピーしました