韓国人「挺対協って親北朝鮮団体だったってこと? スパイじゃん!」……えー、いまさら?

挺対協、「欧州平和紀行」で親北朝鮮教育(朝鮮日報) NAVERニュース
【独自】尹美香夫妻、慰安婦休養施設で脱北者に「北に戻れ」と懐柔(朝鮮日報) NAVERニュース
慰安婦問題に関連する市民団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、現正義記憶連帯)が「欧州平和紀行」と題するプログラムを運営し、参加した学生に欧州現地で北朝鮮のスパイと会わせるなど、親北朝鮮・反米教育をしていたとする参加者の証言が21日、明らかになった。欧州平和紀行は参加費を支払った中高生、大学生が欧州各国を旅行し、慰安婦問題を広める狙いで2014年に挺対協と市民団体「平和ナビ」が開始した。尹美香(ユン・ミヒャン)元挺対協代表は慰安婦被害者、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(91)を2回、この活動に参加させた。

 これまで挺対協と平和ナビが公開した欧州平和紀行関連の写真には、フランスのブノワ・ケネディ氏という人物が必ず登場する。ケネディ氏は14年から毎年、欧州平和紀行に参加した高校生、大学生がフランス・パリで水曜集会などを開く際に同行した。フランスの元公務員出身だが、18年11月にフランスの機密を北朝鮮に漏らした疑いで逮捕され、現在国家反逆罪で裁判を受けている。

 平和ナビの運営陣の大半は院外政党の民衆民主党のメンバーだった。同党は利敵団体に当たるとの判決で解散したコリア連帯の後身だ。しばしば欧州平和紀行に同行した尹元代表はフランスでケネディ氏と共にチョ・ドクウォン元コリア連帯代表と会い、親交を深めていた。チョ元代表は1992年、北朝鮮に機密を流出させるなどスパイ活動を行っていたことが発覚した「南韓朝鮮労働党中部地域党事件」に関与し、国家保安法違反の罪で懲役7年の刑が確定して服役した。
(引用ここまで)

 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、現正義記憶連帯)の尹美香(ユン・ミヒャン)元代表と夫が慰安婦被害者の休養施設として設立した京畿道安城市の施設に中国・寧波市の北朝鮮レストラン「柳京食堂」からの脱北者を2018年に招き、北朝鮮に戻るよう懐柔していたことが明らかになった。当時の出席者が暴露した。その人物は「挺対協が民主社会のための弁護士会(民弁)所属のJ弁護士を通じ、懐柔対象の脱北者に毎月30万-50万ウォン(約2万6300-4万3800円)を送金していた」とし、当時の口座明細も明らかにした。

 柳京食堂の支配人で女性従業員12人と共に16年に脱北したホ・ガンイル氏は20日、本紙の電話取材に対し、「挺対協と民弁の関係者が18年、ソウル市麻浦区と京畿道安城市の慰安婦休養施設に柳京食堂の元従業員の一部を招き、北朝鮮に帰ることを勧誘した。その勧誘を断ると、後援の名目でカネをくれた」と証言した。

 ホ氏は主張の根拠として、当時尹元代表と夫K氏、民弁のJ弁護士とやりとりしたメッセンジャーの内容、脱北従業員が休養施設を訪れた際の撮影した写真を提示した。 (中略)

ホ氏は「柳京食堂の脱北従業員12人のうち、事前に韓国に行くことを知らなかったのは3人で、9人は韓国行きを承知で脱北した」とも語った。脱北前に韓国側の情報機関と脱北の期日について話し合ったのは事実だが、何も知らない従業員を連れてきたわけではないという。しかし、民弁と挺対協の関係者は「全員が韓国に行くことを知らずに脱出したと公開記者会見で話せ」と迫ったとされる。ホ氏が提案を拒むと、民弁のJ弁護士はホ氏に「(柳京食堂従業員らの脱北は)組織的国家犯罪だ」と言い、「ホ氏も自分が犯した罪に応分の代償を支払って贖罪(しょくざい)し、自分の人生を生きてもらいたい」というメッセージを送ってきたという。ホ氏は「命懸けで脱北した人に『脱北は罪だ』と言うのを聞いて憤りを感じた」と話した。

 ホ氏は韓国に定着できず、19年3月末に脱北女性従業員のうち1人と結婚し、海外に亡命した。その後は挺対協側からの後援金の送金も止まったという。
(引用ここまで)


 挺対協とユン・ミヒャンネタは1日1本くらいにしようかと思っていたのですが、そんなわけにもいかなかった……。
 というのも、ついにここにまで韓国メディアが触れることになったという記念カキコなのです。
 知っている人は知っていましたが、挺対協は親北朝鮮団体。ガッチガチの親北団体です。
 ユン・ミヒャンの夫は北朝鮮と通じていたという容疑で逮捕され、のちに一部無罪(この賠償金が娘のアメリカへの留学費用になったと主張)になったものの、一部では有罪判決が生きています。
 金正日が亡くなった際には挺対協から弔電が出されています。

 韓国ではかなりの衝撃を伴って受け止められています。
 むしろ日本で慰安婦問題に興味がある人間のほうがこの辺りの事情はよく知っているかもしれませんね。
 基本的に挺対協というのはこれまで韓国人にとっては「元慰安婦である哀れなおばあさんたちを助けている団体」くらいの認識だったのですよ。
 それでビジネスをやっていたとか、親北性向を持つ団体であるとは思われていなかったのですね。

 脱北者を懐柔仕様としていたというNAVERニュースに対しては13000を超えるコメントがついています。
 パク・クネへの弾劾が決まった際のニュースで12000ほどでしたから、どれほどインパクトがある出来事であるのかという証左になるのではないでしょうかね。
 まあ、弾劾のニュースは各社が報じていたためにコメント数も自ずと分散していたのに比べて、このニュースが朝鮮日報のスクープということを考えてもインパクトは大きいですよ。

 脱北者に対して「北に戻れ」、「お前たちがやったことは組織国家犯罪だ」とか言っていたのは、北への得点稼ぎですかね。
 国外で親北教育をしていたというのは、韓国国内で行うことは国家保安法違反だからかな。

 これらの親北報道で正義連、ユン・ミヒャンは終わったと感じます。
 すでに正義連の事務所に検察が家宅捜索に入って関連資料を押収済み。
 さらに25日にイ・ヨンス氏が再度記者会見予定。
 その後、元慰安婦の遺族も会見を予定していると言います。
 これまで秘められていた挺対協、ユン・ミヒャンに対する怨嗟の声が一気に炸裂するということになるのでしょうね。
 まさかユン・ミヒャンが国会議員になることでここまで糾弾されることになろうとは。ちょっと想像の埒外でした。

驚愕の北朝鮮スパイ工作史 (Voice S)
拳骨 拓史
PHP研究所
2017-06-02


タイトルとURLをコピーしました