米国の糾弾に激怒した中国がオウム返し戦術で事態隠蔽を図る 大声で喚いて有耶無耶にする気だ

1:ミッドナイトエクスプレス(茸) [JP]:2020/05/02(土) 22:33:01.42 ID:ZHhalFB60 BE:271912485-2BP(2000)

米国が答えるべき10の質問

100日、100万超。1月20日に最初の新型コロナウイルス感染者が見つかってから現在までの100日あまりで、米国は感染者数が1人から100万人以上に増加し、世界で新型コロナウイルス感染者と死者が最も多い国になった。国内での蔓延が深刻な中、米国の一部の政治家は感染抑制に取り組むのではなく、デマを流して他人の顔に泥を塗り、他人のせいにするなどしている。これは責任を転嫁できないどころか、かえって米国の防疫における数々の疑問点を明るみにし、外部から様々な疑問の声が上がっている。感染症流行に関するこの10個の疑問について、米国政府にははっきり回答、説明する責任と義務がある。

1、鳥インフルエンザウイルスの改造を昨年突然再開したのに、その後の情報がないのはなぜか。

 昨年2月、米国のサイエンス誌ウェブ版は、米国の政府機関が、かつて巨大な論争を引き起こした鳥インフルエンザウイルスの改造実験をひっそりと認可し、「危険」とされた実験が何年も経って再開されることになったと伝えた。関連の実験はH5N1鳥インフルエンザウイルスを哺乳類同士で伝染しやすくし、人から人への伝染リスクにもつながる可能性があると見られている。米国が4年後にこのような危険な実験を再開するのはなぜか。また、進展を明かさないのはなぜか。

2、米軍生物実験室が一時閉鎖された真相は何か。

 ウェブサイト「Global Biodefense」の報道によると、メリーランド州フォート・デトリックにある米陸軍伝染病医学研究所(USAMRIID)は業務を全面的に再開した。昨年7月、米国疾病予防管理センター(CDC)はメリーランド州フォート・デトリックにある米陸軍伝染病医学研究所に「業務停止令」を出し、「特定バイオ製剤と毒素」の研究の停止を要請した。今年3月、ホワイトハウスは請願サイトに特殊な請願書を掲載し、米政府に昨年7月にUSAMRIIDを閉鎖した本当の理由を発表するよう求めた。USAMRIIDの謎に包まれた閉鎖と迅速な再開は注目を集めている。ホワイトハウスの請願サイトに掲載された請願書に対し、米国はどのように対応するのか。

3、昨年の伝染病演習が今年本当に発生したのは、ただの偶然か。

 今年3月、ニューヨーク・タイムズ紙は米国の公式秘密文書を掲載した。文書には、2019年1月から8月16日にかけて、米保険福祉省(HHS)は「Crimson Contagion」というコード名のシミュレーションを実施し、中国でウイルスが発生したことを想定した演習を行うと記されていた。2019年10月には、米国の多くの機関が「Event 201」というコード名のパンデミック演習を実施した。演習は、SARSより致命的で風邪のように伝染しやすいがワクチン未開発のコロナウイルスが発生し、急速に蔓延が進みパンデミックになったという設定だった。米国が昨年実施した伝染病演習の設定が現実とこれほど合致しているのは、ただの偶然か。演習があったのに、新型コロナウイルス発生後に米国がそれほど重視せず、「まだ 把握の範疇」としたのはなぜか。

続く
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2020-05/01/content_75998648.htm


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました