世界の都市で5G導入反対デモが!

1月25日に世界中で5G導入反対のデモが行われたようです。
デモが行われた場所は、南アフリカのケイプタウン、カナダのブリティッシュコロンビア、ルーマニア、テキサス州ヒューストン、スペインのセゴビア、フランスのナントを含む世界の240の都市です。日本全体が新型コロナウイルスの感染者を中国から熱烈歓迎するほどですから、5Gも熱烈歓迎ムードです。
なにしろ中国政府配下のファーウェイがリードしているくらいですから、5Gは恐ろしいテクノロジーでしょう。5Gは軍事兵器です。

一方、日本では、その危険性を知らない国民が大半であり、政府もマスコミも企業も中国に負けてはならぬと、ソフトバンクやNTTによる5G導入が熱烈支持されていましすね。
情報弱者の日本人は世界の専門家らが非常に懸念している問題に気が付きません。
残念ながら、ネット上で活躍している保守派の有名人も5G導入を歓迎しているほどです。日本ではほんの一部の人しかネット上で5Gの危険性を訴えていません。これは結構問題ですね。

(5Gと生物兵器の実験場となっている)武漢の惨状でもお分かりの通り、5Gの放射線を浴びて免疫力が低下しているところに新型コロナウイルスのおまけがついてしまいましたから、本当に大変だと思います。
日本でも人から人への感染が確認されましたがまだ5Gが導入されていなくてよかったと思います。

https://beforeitsnews.com/alternative/2020/01/activists-from-hundreds-of-cities-around-the-world-take-action-against-5g-roll-out-3711531.html
(概要)
1月26日付け




↑ バンクーバー




↑ ヒューストン


世界中の都市でGlobal Day of Protest(1月25日)に地上や宇宙における5G導入を阻止するためのデモが行われました。デモ参加者らは、世界中の人々が賛同した5G導入を止めさせる請願書(203か国約20万人の署名入り)のコピーを各地方自治体に届けました。

この請願書に書かれた内容:
「我々、(以下に署名した)科学者、医師、環境活動家、市民は、地上及び宇宙サテライトでの5G導入を大至急停止することを求めます。5Gが導入されると、人々は既存の2G,3G、4Gのラジオ周波数放射線だけでなく5Gの放射線を大量に浴びることになります。ラジオ周波数の放射線は人体と環境に非常に有害であることが証明されています。5Gが導入される前に人間と環境に対する安全性の検証がなされるべきであり、安全性の検証なしに5Gが導入されれば国際法を侵害する犯罪行為とみなされます。」

1月25日に最初の世界的な反5Gデモ(ストップ5Gインターナショナル)が行われましたが、2回目の世界的デモが4月25日に行われることになっています。


5Gの導入はこれまで最も問題視されたテクノロジーであり、世界中で益々多くの人々が5Gの安全性についての検証を要求しています。


中央政府とワイヤレス大手が連携して、各地の5Gの統制権を奪っていることについて世界各地で警告が発せられています。
現在、5G導入をめぐり、地方自治体と中央政府+ワイヤレス大手との間でバトルが勃発しています。そして、2月10日に、米第9巡回区控訴裁判所にて中央政府とワイヤレス大手に対する訴訟がいくつも起こされることになっています。

裁判所の判決は、地方自治体が所有する街頭柱やインフラ設備にワイヤレス大手が5Gアンテナを設置するにあたり、地方自治体はいくら請求することができるかについて米連邦通信委員会が制限を設けられるかどうかについてです。

5G導入の戦いは続きます。最新情報を随時お伝えします。



タイトルとURLをコピーしました