新型コロナウイルスの感染の被害は報道されている以上に多い!

新型コロナウイルスに関してネット上では新しい情報が次々に掲載されています。主要メディアはあまり報道しませんが。。。
武漢市では感染者の死亡者数が1万人まで上っているそうです。昨日、ご紹介した記事と同じように、武漢市では感染者が路上で倒れて死んでいるそうです。まさに地獄絵です。

また、不思議にも武漢市で最初の感染者が確認される3か月前にビル・ゲイツやWTOからの資金提供で新型コロナウイルスと同種のウイルスのパンデミックが発生した場合のシミュレーションが米国の複数の研究所で行われていたそうです。その結果、世界経済が崩壊してしまうのと同時に6500万人が死亡することがわかったそうです。

なぜ、3か月前にパンデミックのシミュレーションが行われていたのでしょうか。
過去に何度も米国ではテロ攻撃の軍事演習が行われましたが、その数週間後に偽旗テロ攻撃が起きていたのを思い出しました。
今回のパンデミックは野生動物からのウイルス感染なんかではなく、武漢の生物兵器研究所で作りだされた新型コロナウイルスが意図的にばらまかれたのではないかと思ってしまいます。
その理由は(私の勝手な推測ですが)、ビル・ゲイツや世界人口削減計画を推進する国連やグローバリストらが中国政府と結託してウイルスをばらまいたのではないかと思います。その結果、崩壊寸前の中国経済については習近平の政策の失敗ではなく今回のパンデミックのせいにできますし、人民を経済危機から目をそらしパンデミックに注目させ、グローバリストらはパンデミックで中国だけでなく世界の人口を削減できます。同時にビル・ゲイツは新型コロナウイルスの偽ワクチンを作り大儲けをすることができます。
OR、反習金平側がウイルスをばらまいて習を倒そうとしているのかもしれません。。。

安倍政権のインバウンド推進政策と外国人労働者の大量受け入れにより、中国からの観光客数が世界一となり大量の中国人労働者(不法労働者も)が日本に流入していますが、このような外国人(中国人)に頼る経済がいかに恐ろしいかを想像すらできない自己中の政治屋や財界人があまりにも多すぎます。彼らは自分たちの目先の儲けしか考えられないのです。外国人労働者(移民)やインバウンドによって日本は得るものよりも失うものが非常に大きいと思います。
春節で非常に多くの中国人が訪日していますが、その結果、日本国内の感染者、犠牲者もかなり増えるのではないでしょうか。

https://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2020/01/coronavirus-reports-of-10000-dead-in-wuhan-china-3505295.html
(概要)
1月24日付け
                                 ↓


https://beforeitsnews.com/health/2020/01/what-happened-right-before-the-coronavirus-outbreak-is-key-it-explains-everything-3004890.html
(概要)
1月24日付け

武漢市で新型コロナウイルスの感染が初めて確認される3か月前に米国では何が行われていたのでしょうか。

 

 (概要)
・・・・・新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しています。すでに18か国で感染が確認されました。中国では12の都市が封鎖されました。感染は収束するどころか勢いづいています。
主要メディアが全く報道しない新型コロナウイルスに関する重要な情報をゼロヘッジが報道しています。

ゼロヘッジの記事によると、3か月前に米国のジョンズ・ホプキンズ・センターの科学者(エリック・トーナー氏)が同種類のウイルスを使ったシミュレーションを行ったところ、このウイルスのパンデミックが発生すれば状況は史上に深刻化し18か月以内に6500万人が死亡する恐れがあることがわかりました。
この事実を主要メディアは完全に無視しています。
このようなシミュレーションは米国内の複数の研究所で行われていましたが、シミュレーションに資金を提供していたのがWHOとビル・ゲイツだったことがわかりました。
シミュレーションで解ったことは、新型コロナウイルスと同種のウイルスのパンデミックが発生すると、大量の死者を出すだけでなく世界経済に危機をもたらし世界中の人々を苦しませることになるということです。このシミュレーションはイベント201と呼ばれています。
ここで大きな疑問が生じます。
彼らは3か月前に新型コロナウイルスのパンデミックが起きることを予想していたのでしょうか。そして今まさに、彼らのシミュレーションと同じシナリオが進行中です。
主要メディアはこの事実を疑問視すべきなのにこのことを一切取り上げません。我々の命が危険にさらされているのに。シミュレーションで6500万人が死亡する恐れがあることがわかったのです。このような事実はオルターナティブ・メディアしか報じません。ですからオルターナティブメディアの存在は重要なのです。

また、以前、米政府の要請によりディーガル社が今後の米国の人口動向(2017年から2025年)を予測していました。それによると、2017年の人口は3億2千7百万人だったのに2025年の人口は1億人少ない2億2千7百万人となることを予測していたのです。なぜこんなに人口が減少するのでしょうか。基本的に1億人が死ぬということなのです。彼らは(我々は知りませんが)今後何が起きるかを知っているのでしょうか。

エポックタイムズ(大紀元)は、中国で感染が拡大している新型コロナウイルスの感染率はサーズの10倍と専門家が警告していると伝えています。

私は今回のパンデミックは国連のアジェンダ2030に示された世界人口削減計画の一環ではないかと疑っています。

さらにインフォウォーズでは、世界で最も危険な病原菌を研究している研究所(バイオセイフティレベル4)が武漢にあると伝えています。そして彼らが扱っていた(サーズを発生させたものと同じ)新型コロナウイルスが研究所の外にうっかり漏れ出てしまったのかもしれないと伝えています。このようウイルスがうっかり漏れ出ることがあるのでしょうか。

またゼロヘッジでは、新型コロナウイルスの感染が全世界に広がる中で世界滅亡の日は100秒後に迫っていると伝えています。

タイトルとURLをコピーしました