ムン・ジェイン政権、ついに検察・警察の上に立つ最強の司法機関を入手……もう誰も手を出せない存在になる

文政権の秘密警察化か?韓国「公捜処」に異論続出(JBPRESS)
 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の念願だった「公捜処法」が昨年の12月30日、ついに国会を通過した。これで、韓国憲法のどこにも存在根拠のなかった「公捜処(高級公職者不正捜査処)」が設置されるための法案が作られ、文在寅大統領は、政権末期の権力弛緩を防御することができる強力な司法機関を手に入れることとなった。 (中略)

 しかし、2019年の暮れに韓国国会を通過した公捜処法の内容を吟味すると、新設される公捜処はむしろ政権に掌握される司法組織に転落する恐れが非常に高い、というのが韓国の保守系メディアの分析だ。

 まず、公捜処の組織は徹底的に政権好みの人物で構成される恐れがある。公捜処組織は、検事25人、捜査官40人以内で構成される。公捜処長は「公捜処長推薦委員会」から2人の候補推薦を受けて、大統領が任命することになっている。この「公捜処長候補推薦委員会」は7人で構成されるが、そのうち2人だけが野党の推薦である。それさえも文在寅政権の2中隊の役割をしている進歩系の群小野党連合が1人、唯一の保守野党の自由韓国党が1人だ。そこから推薦された2人を大統領が最終選出するのだから、政権と親しい人物が選出されることは火を見るより明らかだ。

 大統領によって選出された公捜処長は公捜処検事を任命する。公捜処検事は現役の検事に限られるのではなく、弁護士資格さえ持っていれば、経歴5年以上の元検事や判事、調査員にも応募できる資格が与えられる。すなわち、現政権の核心支持勢力である「民弁(民主社会のための弁護士の会)」出身が大挙布陣される可能性が非常に高い。
(引用ここまで)


 公捜処=高級公職者不正捜査処について書こうとしていたのですが、ちょうどいい解説記事があったのでピックアップ。
 まず、チョ・グクが法務長官であった短期間に検察の権力が削られました
 検察特捜部の数が削られ、政権に対抗することを未然に防ごうという指向性でした。

 で、さらに高等公務員=政府高官等の犯罪を取り締まり、かつ警察・検察の上位に君臨する捜査機関を入手したのです。
 大統領をはじめとする次官級以上の公務員や判事等の高等公務員が罪を犯したという情報を検察が入手した場合、まず公捜処に報告しなければならないのですね。
 この場合の捜査権は公捜処が握り、どのように捜査するのかは政権の意向次第ということになるわけです。

 引用していないのですが、記事の最後に高位公職者がからんでいるとされる事件が3つ挙げられています。
 その中でも蔚山市長選挙には親友であるソン・チョルホを勝たせるためにムン・ジェイン自ら介入したのではないかとされており、大きな問題となりそうな雰囲気の事件です。

韓国大統領府に市長選介入疑惑 野党候補の捜査指示か(日経新聞)

 本命と見られていた現職の野党候補を引きずり下ろすために、便宜供与の疑いで警察に捜査させたのではないかとされているもの。
 これによって野党候補は敗北し、ソン・チョルホが市長に当選しました。

 この事件の場合も高位公職者が捜査対象である以上は、公捜処が捜査権を持つわけです。
 ですが、公捜処のトップである公捜処長の任命権は大統領が持っている。そりゃもう、やりたい放題です。
 検察・警察の上に立つ戦前の特高並の権力を持つ捜査機関が、韓国の政権のすぐそばにあるわけです。
 関連法を共に民主党は強行採決で一気に可決に持っていったとのことですが、そりゃそうでしょうね。
 もう誰も少なくとも任期中にはムン・ジェイン政権と戦えなくなった、というわけですよ。
 禅譲の形でなんらかの影響力を残してからやめる場合も同様でしょうね。

タイトルとURLをコピーしました