韓国人「来年も経済は好転しない。青年失業も解決しない」→「だから韓国を離れたい!」……ちょ、ちょっと待って!

ソウル市民「来年の経済は良くならないだろう…青年失業が最も深刻」(中央日報)
若者の75%が「韓国を離れたい」(ハンギョレ)
ソウル市民が考える最も大きな経済問題は青年失業と雇用問題だった。不動産景気と内需景気なども重要な経済懸案とされている。だが、この懸案が来年に良くなる可能性については否定的な見通しが支配的だった。 (中略)

ソウル市民が挙げた来年の経済イシューの1位は「青年失業および雇用問題」(28%)だった。「不動産景気(9.9%)」と「消費心理および内需景気(7.7%)」が2・3位を占めた。▼週52時間勤務制(6.8%)▼所得の両極化(6.3%)▼生活物価の上昇(6.2%) ▼自営業者など小商工人問題(5.3%)▼少子化および高齢化問題(5.2%)▼家計所得(4.5%)などが後に続いた。

来年の経済展望は暗鬱だった。来年に各経済イシューが今年よりどれくらい改善されるかという質問には否定的な評価が多かった。13イシューの中で「第4次産業革命への対応」(102.9点)だけで200点満点に100点をようやく越えた。100点を上回れば改善されると予想するという意味だ。

状況が最も改善されない分野では「所得両極化」(57.9点)と「少子化および高齢化問題」(54.8点)が挙げられた。「自営業者など小商工人問題」(65点)と家計負債(69.1点)なども改善される可能性が小さいと予想された。
(引用ここまで)

 15日、韓国女性政策研究院の第119回性平等政策フォーラム発表資料「若者観点のジェンダー葛藤診断と包容国家のための政策対応策研究:公正認識に対するジェンダー分析」によれば、19~34歳の若者10人のうち、8人は韓国社会を“ヘル(地獄)朝鮮”と評価し、7.5人は韓国を離れて暮らしたいと答えた。一方、35~59歳の既成世代では、韓国社会をヘル朝鮮と見る人は、10人中6.4人、韓国を離れたいと答えた人は6.5人だった。この研究は、19~59歳の国民5千人を調査して、世代・性別で分析した結果だ。

 若者世代は、既成世代に比べて社会経済的・犯罪被害・関係不安など人生に対する全般的な不安感がさらに高く現れ、若者世代の中でも女性が男性に比べて不安が高かった。特に、犯罪被害に対する不安では男女間の格差が大きく、若者女性の犯罪被害に対する不安指標は2.66点(4点尺度)である反面、若者男性は1.74点に終わった。若者女性は鬱憤も最も強く感じていた。彼女たちの鬱憤指標は2.79点で、同世代の男性(2.53)、既成世代男性(2.58)、既成世代女性(2.66)に較べて高かった。
(引用ここまで)


 ムン・ジェインがいくら「経済に肯定的な変化が」だの「来年には本格的な成果を出すべき」だの言ったところで、国民の実際の感覚はこうだという記事2本。
 経済問題で来年に向けての懸念は「青年の失業、及び雇用」。
 現在の問題としては「所得の両極化」「少子高齢化」が把握されていると。

 どれだけ公的機関で「大学の教室で電気を消すだけの簡単なお仕事」を増やしたところで、税負担が増えていない状況下での支援はいつか終わるものですから。
 若者にキャリアとして積み重ねることのできない仕事をどれだけ用意しても、未来にはつながらない。
 支援が終わって、次の求職活動の時に履歴書に「2018~2021年 電気管理士」とか書いてても相手にされないでしょうよ。
 準公務員たる電気管理士を一生の仕事にできるっていうのであれば、また別でしょうけどね
 ムン・ジェイン政権が終わったら、次の政権からは「あんなものは積弊だ」って扱いになっておっぽり出されるに決まっています。

 いわゆるリフレ派からは「穴を掘って埋めるだけの仕事を与えても経済成長は可能だ」って話はあって、それは実際にそう動くのでしょうけども。
 それは穴を掘って埋めるだけの仕事をしている人の気持ちは考えていませんからね。
 どう考えても「社会に役立ちたい」「役立つ存在として認めてもらいたい」という人の根源的な欲求に応えられていない。
 実際問題、20代からは「あんなものは仕事じゃない」という声が挙がっています。

 というわけで、2本目の記事に移るわけですが。
 若い韓国人からは「できることなら韓国を離れたい」という気分が高まっていくわけです。
 どう考えてもその対象は日本なんですよね。
 以前から「ムン・ジェインが所得主導成長政策でやりすぎることは日本にとってもやばい。適度にしてもらえないとまずいことになる」という話をしてきましたが、こういうことです。
 34歳までの世代では75%が「韓国を出たい」と考えている。80%が韓国社会を「ヘル朝鮮」であると考えている。
 経済難民じゃん……。
 正直、勘弁してくれとしか思えないのですよね。

タイトルとURLをコピーしました