韓国高速の路面凍結で車の集団衝突事故が起こり死者が多数発生 大型トラック等の残骸で作業が進まず

1:動物園φ ★:2019/12/14(土) 15:21:17.06 ID:CAP_USER

「死のブラックアイス "常駐 - 永川高速道路で、複数の追突で7人が死亡し、32人が負傷
記事入力2019.12.14。 午後2:19、最終修正2019.12.14

14日未明、気温が急に下がった常駐 - 永川高速道路上・下り線で「ブラックアイス(Black Ice)」による複数の追突事故が発生し、7人が死亡、32人が負傷した。

14日午前4時41分頃、慶尚北道軍威郡ソボミョンダルサンリ常駐 - 永川高速道路永川方向上り(常駐起点26㎞)で貨物トラックなどの車10台が連鎖追突した。

続いて付いてきた車が継続追突し、車両20台が破損した。 この事故で運転者など6人が死亡し、14人が負傷しており、6?7台の車に火が私消防当局が2時間後の午前7時頃鎮圧した。

似たような視覚事故地点から2㎞離れた下りでも20台が連鎖追突して1人が死亡、18人が負傷した。

警察関係者は「多くの車に火がついてアクセスするために困難を経験した」と「負傷者が混ざって分類が難しく、さらに増えることもでき、被害状況は流動的だ」と語った。

死者と負傷者は常駐聖母病院と赤十字病院、欧米チャ病院などに移された。

この日の早朝、この一帯は1㎜ほど雨が降り、寒さへの道が凍りついて走っていた車が滑りながら事故が起きたと警察は見ている。

事故当時、日が暗いうえ、数十台の事故車がドィオンせながら現場は修羅場に変わった。

警察と消防当局はクレーンなどの消防設備44代と人材100人余りを現場に投入して、事故収束を行っている。

大型トラックや車、構造物などの残骸があまりにも多く、通行再開には、多少時間がかかると思われる。

警察は、双方向の事故区間の直前中央分離帯を開放して押し寄せる車を回送させている。

※ブラックアイスは気温が急に下がった錆しまった雪や雨が薄い氷に変化する現象をいう。

0000780650_001_20191214142202284
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=087&aid=0000780650


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました