「今は日本と協力する時。文大統領は賢明に行動した」と韓国人が10分会談を評価 日韓はWinWinでなければ

1:ガラケー記者 ★:2019/11/05(火) 14:46:52.48 ID:CAP_USER

2019年11月4日、韓国・YTNによると、安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が対話を行ったことをめぐり、韓国大統領府が「誰も予想できなかった瞬間だった」と明かした。

東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議でタイのバンコクを訪れている安倍首相と文大統領は同日、約11分間の対話を行い、「両国の問題を対話を通じて解決する」との原則を確認した。両首脳が会談形式で対話するのは昨年9月の国連総会以来となる。

記事によると、韓国大統領府は今回の対話を「歓談」と表現し、「事前に計画されたものではなく、誰も予想できなかった瞬間だった」と明かした。対話は文大統領が先に提案したという。また、対話の雰囲気については「非常に友好的で真摯(しんし)な雰囲気だった」と評価した。

記事は「日韓首脳の対話により、来月末に予想される日中韓首脳会談の実現の可能性が高まった」「日韓関係を改善するきっかけになると期待されている」などと伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは「最近の韓国政府の行動は気に入らない。反日のふりをしつつ親書を送ったり対話を求めたり。アマチュア政府だ」「私は日本旅行をキャンセルしたのに。もう日本に降参?」「政治をイベントと考えているからこんなことになる」など韓国政府の「態度の変化」を指摘する声が上がっている。

一方で「日韓はウィンウィンの関係でなければならない。関係が改善されることを願う」「今は日本と協力する時。北朝鮮やロシア、中国に常に狙われている状況だ。文大統領が賢明に行動してくれてよかった」「文大統領が国民の未来を一番に考えてくれた証拠」などと評価する声も上がっている。
Record china
2019年11月5日(火) 12時10分
https://www.recordchina.co.jp/b757329-s0-c10-d0058.html


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました