不正な株取引でエプスタインを儲けさせたモルガンスタンレー!

株取引に関しては全くの素人ですので以下の記事の訳し方がちょっとおかしいかもしれません。すみません。
ただ、全体的に分ったことは、エプスタインは世界の主な金融機関から有利な取引をオファーされてきたということです。なぜエプスタインの財団は金融機関からそのような特別待遇を受けてきたのでしょうか。
これは主な金融機関の幹部もエプスタインの犯罪の共謀者だったということでしょうか?彼がキープしていたブラックリスト(犯罪記録)の内容が公表されると言われていますが、そこには巨大金融機関の関係者も含まれているのでしょうか?

https://www.naturalnews.com/2019-08-12-pedophile-jeffrey-epstein-linked-to-tech-ipos-via-morgan-stanley.html
(概要)
8月12日付け

不正な株取引でエプスタインを儲けさせたモルガンスタンレー!
Image: Pedophile Jeffrey Epstein linked to tech IPOs via Morgan Stanley, which gave him favorable shares in dozens of stock offerings  

(Natural News)
人身売買と小児性愛犯罪のハンドラーの役割を果たしていたジェフ・エプスタインは留置所内で自殺したと報道されましたが、彼の数々の犯罪は忘れさられるべきものではありません。彼の犯罪の影で世界中の主な金融機関との繋がりがあることも明らかになりました。
実際に、エプスタインと巨大銀行のモルガン・スタンレーとの繋がりを含む彼が関与してきた犯罪の全てが明らかにされるべきです。

報道によると、(理由はわかりませんが)モルガン・スタンレーはエプスタインのグラティチュード・アメリカLtd財団に対し引受済み在庫引き当て(意味が分かりません。未発行株?)を40回以上も行ったのです。その結果、彼はぜいたくなライフスタイルを満喫しながら悍ましい性的犯罪を繰り返すことができたのです。


エプスタインの財団のために行われた多くの新規株式公開にはRokuが含まれ、Tribune MediaやGoDaddyなどの株の売り出しも行われました。GoDaddyはSOPAオンライン海賊行為防止法と呼ばれるネット検閲スキームに関与しているとされます。
また、エプスタインの財団はモルガン・スタンレーを介してUSフーズ・ホールディングとの繋がりを持ちました。
最近、USフーズ・ホーウディングは人間の血液が付着した牛肉と豚肉製品を販売していたことが明らかになっています。また、エプスタインの財団はモルガン・スタンレーが引き受けたノーウェージャン・クルーズラインホールディングズや中国のSTOエクスプレスの株を持っていました。
エプスタインの犯罪が明らかになってから、ドイツ銀行は彼を顧客に持つことをやめました。
JPモルガン・チェースや他の金融機関も彼と取引を行っていたことが分かり、つまり彼は世界中の主な金融機関と繋がりを持っていたということです。

何年も前からエプスタインのために引き受け業務を行いエプスタインの財団を10億ドル規模の投資を行う財団へと繁栄させたことが明らかになったモルガン・スタンレーですが、これに関するコメントはまだありません。

ドイツ銀行はエプスタインとのこれまでのビジネス上の関係について調査中です。



以下省略
タイトルとURLをコピーしました