戦闘機「飛燕」でB-29に2度体当たりして生還、日本人軍曹へ米兵からの手紙…国境を越えて畏怖された軍人!

1: チンしたモヤシ ★
 《 終戦から70有余年。旧日本軍人は連合国から「戦犯」として裁かれた。しかし──そのなかには、敵国からも尊敬の念を抱かれた男たちがいた。立場を超えて「畏怖」の対象となった軍人たちの誇り高き足跡を辿る(記事中の肩書きは最終階級)。

 (略) 当時の最新鋭機であるB29の飛行高度は約1万m。それを迎え撃つ日本軍の戦闘機「飛燕」は飛行高度8000m前後で、攻撃さえままならないといわれた。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました