「韓国がDRAMを対日禁輸すれば日本は代替品を調達できない」と韓国与党が判断 日本電子産業はパニックに

1:スピカ(東京都) [BR]:2019/08/12(月) 21:05:44.41 ID:Dmyu87nr0 BE:416336462-PLT(12000)

金鉉宗(キム・ヒョンジョン)大統領府国家安保室2次長は、12日TBS「金於俊のニュース工場」インタビューに出演して「日本も、韓国に依存する部分がたくさんある」、コンピューターやモバイル機器の記憶貯蔵メモリー半導体である「DRAM」話を切り出した。

「DRAMのような場合は、世界市場占有率が今72.4%です。 DRAMの供給がもし2ヵ月停止した場合には全世界で2億3000万台のスマートフォンを作るのに狂いが生じます。それで私たちもカードがオプションで・・」日本の輸出規制報復措置以降、韓国政府の責任ある当局者が実名インタビューを通じて、相応措置の一つとしてDRAMに触れたのは今回が初めてだ。金次長の発言について、複数の与党関係者は「政府レベルでDRAMを対日本輸出制限品目に指定することを有力に検討してきたと聞いている」と述べた。与党のある高位関係者は「サムスン電子などが日本に輸出するDRAMが約2兆~3兆ウォン分程度のものと把握される」、「これに対する供給が不透明な状態になったら、ディスプレーとゲーム機など日本の主力電子産業がパニックに陥るだろう」と主張した。

日本の家電メーカー各社は、米マイクロン社など他のDRAMメーカーから代替品を確保しようとするだろうが、安定的な量と質を短期間に確保することは容易ではないというのが、与党の判断だ。一方、DRAMの対日輸出制限は、国内産業にも少なからぬ打撃を与える。にもかかわらず、政府と与党が反撃カードで検討するのには、日本との乱打戦を「勝算があるゲーム」と考える視線が込められた。金次長は同日、インタビューで「日本の戦略物資1194個を見てみると、私たちに本当に影響を及ぼすのが一握り程度」と話した。金次長は「具体的な数字は話せない」としながらも「思ったよりそれほど多くない」と付け加えた。日本が今月2日、韓国をホワイト国家(安保への友好国)から除外し、輸出「包括許可」の代わりに「個別許可」を受けることになる戦略物資のうち韓国に被害を与える品目が多くないと判断するという意味だ。金次長が言及した「一握り」について同与党関係者は「注目すべきは48個程度であり、残りは直ちにまたは早期に代替が可能だというのが韓国政府の判断」と説明した。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=025&aid=0002929071


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました