ゲスリーヌの不倫相手が『夫に逆襲を喰らって』失職の危機に。自業自得だと同情の声なし

1:名無しさん@涙目です。:NG NG BE:723460949-PLT(13000).net

【速報】「ガソリーヌ夫」こと被疑者・山尾恭生氏の逆襲か?
夫の知人が、山尾志桜里議員の不倫相手・倉持麟太郎弁護士を第二東京弁護士会に本日8日にも懲戒請求へ

【9月8日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

山尾志桜里議員の不倫相手として、7日発売の「週刊文春」で報道された倉持麟太郎弁護士(弁護士法人Next、司法修習第65期)に対して、複数の東京都の市民らが、本日8日にも、倉持弁護士の所属する第二東京弁護士会に対して、懲戒請求の申し立てをすることがわかった。なお、懲戒請求者の一人は、山尾志桜里衆議院議員の夫・山尾恭生氏の知人でもあるという。7日発売の「週刊文春」の記事「山尾志桜里(43) イケメン弁護士(9歳下)と『お泊まり禁断愛』」によれば、前原民進党新代表による幹事長内定の報道を受けた9月2日(土)に、午後3時から名古屋の地元イベントから行動を共にして、新幹線でもグリーン車に隣同士で座り、品川のホテルの36階のダブルルームで午後8時頃から密会し、早朝にチェックアウトするなどしたほか、28日午後8時から翌朝午前4時頃まで倉持氏のマンションで密会、31日にも恵比寿のイタリアンレストランで食事をしたのちにマンションへ向かい、5時間半滞在したのちに、翌朝午前2時30分にマンションを出るなどした。

懲戒申立書によれば、特に倉持氏と山尾志桜里議員が、ダブルルームで深夜長時間にわたって密会していることは、明らかに男女の性的な関係があるとしか言えないし、「不倫行為」を行っていることは明らかであるにもかかわらず、倉持弁護士が、7日に男女関係を否定する文書を公開するなどしていることは、「品位を失うべき非行」(弁護士法56条1項)であるとしている。(略)
http://sakurafinancialnews.jp/?p=1949



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました