【東京地裁】日本に生まれ育ったイラン国籍少年(16)の強制送還 「無効」認めず

司法
1: 次郎丸 ★ 2019/03/01(金) 18:19:44.56 ID:IbyVkVsw9
日本に生まれ育ったイラン国籍少年の強制送還 「無効」認めず 東京地裁
毎日新聞 2019年2月28日 19時37分(最終更新 3月1日 07時05分)
https://mainichi.jp/articles/20190228/k00/00m/040/194000c

 日本で生まれ育ったイラン国籍の少年(16)が、父親の不法滞在(オーバーステイ)での逮捕を機に入国管理局に退去強制令書を出されたのは、社会通念に照らして著しく妥当性を欠くとして、国を相手取り無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁は28日、原告側の訴えを退ける判決を言い渡した。
少年側は「ペルシャ語を話せず、イスラム教徒でもない原告が、イラン社会に適応することは困難」と主張したが、清水知恵子裁判長は少年に責任がないことを認めつつ「客観的にみれば法秩序に違反する」と判断。原告の支援者は「少年の人権を踏みにじる判決」と批判した。

以下略

スクリーンショット 2019-03-01 23.14.02
人気ブログランキング

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました