朝日新聞の恒例記事が『コテンパンに論破されて』満天下に恥を晒す。何十年間もデマを流し続けた

1:名無しさん@涙目です。:NG NG BE:565421181-PLT(13000).net

終戦記念日に考えたこと この平和国家日本が「戦前」にあると何十年書き続けた新聞各紙は…


 終戦記念日の新聞を読むと、毎年、あることを思う。

 一体、「いつ戦争が始まるのか」ということである。今年もそうだった。

 〈嫌な流れ止めねば あの時代と似た空気〉(毎日)

 〈誰が戦争を止めるのか 終戦の日に考える〉(東京)

 〈72年目の8月15日 色あせぬ歴史の教訓〉(朝日)


朝日の社説(8月15日付)によれば、〈歴史に通じた人々から「戦前と似た空気」を指摘する声が相次ぐ。安保法制や「共謀罪」法が象徴のように言われるが、それだけではない。権力が設定した国益や価値観に異を唱えることを許さない風潮など、危うさが社会を覆う〉とのことだ。

新聞が主張するのは、この平和国家日本が「戦前」にあるということである。

しかし、何十年も新聞はそう書き続けたのに、日本は戦争を起こさなかった。

 〈「新しい戦前始まった」と靖国公式参拝で社党委員長〉

 〈首相の靖国神社公式参拝に「今後」を危ぶむ声も〉

 〈各国の反応は? 内外に広がる警戒・懸念〉

 これは、30年以上も前の昭和60年、当時の中曽根康弘首相の靖国公式参拝が話題になったときの朝日の紙面である。

ikaso-
http://www.sankei.com/column/news/170827/clm1708270004-n1.html



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました