東証終値、236円安 アジア株の下落響く

 9日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、終値は前日比236円67銭安の2万2250円25銭だった。前日に大幅上昇した反動から、利益を確定する売り注文が先行。上海などアジア株の下落が投資家心理に響き、平均株価の下げ幅は拡大した。
タイトルとURLをコピーしました