不法移民キャラバンに朝日新聞記者が参加する笑えない事態が発生 阻止を狙うトランプを猛烈批判

44:日出づる処の名無し:2018/11/05(月) 12:18:16.14 ID:LC53+kSd


岡田玄 Gen OKADA

グアテマラとメキシコの国境付近から一緒に歩きました。
いまも太陽にジリジリとやかれた皮膚が痛いです。
どんな人たちが、なぜ米国を目指しているのか →
トランプ氏は「犯罪者」と批判 移民キャラバンと歩いた:朝日新聞デジタル
8:13 - 2018年11月5日
https://twitter.com/OkadaG/status/1059222030292144128

岡田玄 Gen OKADA認証済みアカウント
@OkadaG
記者。朝日新聞中南米特派員。RTやリンクは賛意とは限りません。
共著に「ナガサキノート」


トランプ氏は「犯罪者」と批判 移民キャラバンと歩いた
シウダーイダルゴ=岡田玄
2018年11月5日05時21分

 3歳の娘をベビーカーに乗せた若い父親、杖をつく義足の男性、子供も女性もみな、米国がある北を目指して歩いていた。2日午後、メキシコ南部のシウダーイダルゴ郊外。隣国グアテマラから10キロほどメキシコ側に入った国道沿いで、約2千人の移民に遭遇した。

 トランプ米大統領が「犯罪者の集まり」と根拠を示さずに連日批判する「移民キャラバン」の一団だ。10月13日に中米ホンジュラスを出た先頭集団はすでにメキシコ中部にさしかかり、また新たな移民がメキシコに入ったところだった。

 気温は30度を超え、照りつける日差しが痛い。汗が噴き出し、1時間も歩くと頭がぼんやりしてきた。移民たちは疲れていた。汗を拭いながら、口も利かずに歩き続けている。小学生ぐらいの子どもの姿も目立ち、まだ歩けない子を肩車した父母もいた。

 しかし、悲壮感はなかった。「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。
残り:985文字/全文:1334文字
https://www.asahi.com/articles/ASLC34GJRLC3UHBI02B.html


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました