画素数が多いカメラは画質が悪くなる

IT商品・ネットサービス
画素数が多いカメラは「隙間」が多くなり受光面積が減る
ccd
画像引用:http://www.digipri.ne.jp/image/ccd.gif



メーカーの画素数自慢

カメラがフィルムからデジカメになって登場した数値に画素数があり、最近は1000万から2000万画素が多い。

コンデジやスマホでも1000万、高性能なレンズ交換式だと2000万画素はあり、画素数の多さを競っている。

メーカーは「2000万画素だから高画質」とPRし、消費者は画素数が多い方が画質が良いと思っている。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました