【経済快説】スルガ銀行の処分に見る不動産投資変調の“サイン”

 シェアハウス向けの不正融資の露見から貸家向けのローンで組織的で大規模な不正を行っていたことが判明したスルガ銀行に、新規の不動産融資を6カ月停止する業務停止命令が下った。金融庁は、同行が行っていた不動産向けの融資を全件調査するとしている。
タイトルとURLをコピーしました