富士山、未知の噴火が2回起きていた? 本栖湖に2500年前の火山灰地層

 やっぱり噴火を繰り返してきたのだ。富士山で約2500年前、これまで知られていなかった噴火が相次いで2回起きていた可能性が高いことが10日、分かった。秋田大や東京大のチームが、富士山北西にある本栖湖(山梨県)で採取した地層から、未知の2回の噴火で積もった火山灰を確認し、同日発表した。
タイトルとURLをコピーしました