反基地運動に参加した沖縄学生が無残な現実に引きまくり やり方が全く噛み合わない

1:名無しさん@涙目です。(愛媛県) [CN]:2018/09/05(水) 21:18:42.75 ID:FNc+I0630 BE:135853815-PLT(12000)

「辺野古移設には反対だが、話しづらい」「あえて経済を選んだ」沖縄の若者たちの本音とは?
「若者は新聞を読まないから容認派に投票したというわけではなく、基地なのか経済なのかという選択肢の中で経済を選んだのかなと思う」

20180905-00010001-abema-000-view

 沖縄県知事選を控え、民意の行方に注目が集まった今年2月の名護市長選挙。琉球新報が実施した出口調査によれば、普天間基地の辺野古移設について「反対」「どちらかといえば反対」が60%以上と、反対の立場を取る民意の根強さが読み取れた。しかし選挙結果は新基地建設への反対を主張していた現職の稲嶺市長が敗れるという結果になった。

20180905-00010001-abema-001-view

 この出口調査を年代別で見てみると、若い世代の中には「基地があることは当たり前で、人々の生活がそれによって成り立っている」という空気があるようにも見える。3日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、そんな沖縄の若者たちに話を聞いた。

■「安倍さんを描いたビラに引いた」

 「気持ちでは反対だが、諦めたくなるというか。でも諦めたら自然も失われてしまう」。

 沖縄国際大学に通う知花あかりさん(20)が普天間基地移設問題を考えるきっかけになったのは高校3年生の時だった。友人と2人、興味本位で反対運動に参加した。そこで感じたのは、抗議活動への違和感だった。

「一緒に歌も歌ったけど、違和感もあった。反対の意見にも多様性があるはずなのに、それを主張するんじゃないし、抗議の仕方も合わないというか。配っていたビラも、安倍さんの顔とミサイルを描いて、"安倍政権は死ね"みたいな、過激な言葉もあって...。正直、引きました。若い人に向けて配るのであれば、それに合わせてほしいと思った」。

(略)

https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/04/henoko-abema-millennials_a_23517127/



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました