「綾瀬コンクリ殺人」の思わず吐き気を催す最悪な現状が発覚 更生への期待を完全に裏切った

1:名無しさん@涙目です。(catv?) [SK]:2018/09/01(土) 23:04:23.12 ID:SZ5L0uxa0 BE:323057825-PLT(12000)

8月19日、埼玉県川口市で、32才男性の首を刃渡り8cmの折り畳み式ナイフで刺したとして、45才の男が殺人未遂容疑で逮捕された。この男は川口市の無職、湊伸治。彼は、約30年前に日本中を震撼させた「東京・綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯行グループの1人である。

 犯行グループの主犯格の少年A(当時18才)は、中学の後輩のB(当時17才)とC(当時15才)、D(当時16才)と共に、たまり場だった東京都足立区綾瀬の住居2階に少女を連れ込んだ。この家はCが両親と同居する自宅だった。そして、このCが湊容疑者である。

 少年たちは少女を監禁。凄惨な暴行の末、殺害し、遺体をドラム缶に詰めてセメントを流し入れて東京都江東区の埋立地に遺棄した。

 1989年3月、別の婦女暴行容疑で逮捕されたAの自白によって遺体が発見され、事件は明るみに出た。裁判の結果、Aが懲役20年、Bが懲役5年以上10年以下、Cが懲役5年以上9年以下、Dが懲役5年以上7年以下で量刑が確定した。

 その後の彼らの人生は、更生への期待を裏切るものだったと言わざるをえない。

 主犯格のAは2009年に刑務所を出所した後、養子縁組をして名前を変えた。それから3年半後の2013年1月、振り込め詐欺の容疑で逮捕された。

中略

Bは逮捕監禁致傷で懲役4年の実刑判決を受け、2009年に2度目の出所をした。

中略

 残るDは1996年に出所後、地元を離れて母親と一緒に暮らしていたが、家にこもりがちになったといい、消息はわからない。

 実に犯行グループの4人中3人が再犯しているのだ。


綾瀬コンクリ殺人の犯行グループのその後 4人中3人が再犯
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15243292/



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました