韓国に技術供与したシャープ社長が恩を仇で返されるも反省せず 武勇伝として語りまくり

1:名無しさん@涙目です。(タイ) [TR]:2018/08/29(水) 22:58:41.24 ID:bMmNkixD0 BE:565421181-PLT(13000)

私とサムスンの李さんとの和解
シャープ元副社長・佐々木正氏③


日韓定期閣僚会議が始まり、両国間で提携の機運が高まっていました。ところが、日本電気の小林(宏治・元会長)は、「韓国は技術を盗んでいく」と警戒感をあらわにしていた。困った李さんが、「何とか小林さんを納得させてほしい」と。そこで駐日韓国大使と小林さん、李さん、私とで食事する機会を作ったんです。

それ以降、李さんが頼りにしてこられるんです。半導体の開発にしても、「佐々木さん、辞めてこっちへ来ませんか。韓国籍にならんか」とまで言う(笑)。

そうなると欲が出る。「今度は液晶を教えてくれ」と言ってきた。僕は断った。
そのときも、私個人は、「与えられるものどんどん与えて、感謝してくれればいい」と思っていた。少なくともシャープの味方にはなるだろうとね。ところが、サムスンがシャープを相手に特許訴訟を起こしたんです。あれはサムスンが情けなかった。

https://toyokeizai.net/articles/-/9665



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました