ドイツ人監督の敗北宣告に『韓国人が”もう言わないで”と打ち拉がれる』悲劇が発生。勝ち目は本当にゼロだ

1:Egg ★:2018/06/23(土) 08:41:05.69 ID:CAP_USER

2018年6月19日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で黒星スタートとなった韓国代表について、環球網は「前代表監督が3戦全敗を断言」と報じた。

グループFの韓国は18日の初戦でスウェーデンに0-1で敗れており、23日の第2戦は格上のメキシコとぶつかる。そして次に待ち受けているのは前大会王者ドイツとの戦いだ。

記事によると、17年6月まで韓国の代表監督を務めたウリ・シュティーリケ氏はドイツメディアの取材に「現監督はソン・フンミンの存在感を引き出していない」と話し、グループリーグ3戦全敗を「断言」したという。

記事は「韓国サッカーに自信たっぷりの韓国のネットユーザーも『全敗という事態に直面してしまう』との認識を持っている」と指摘し、ネット上には「分かってるから。もう言わないで…」「(それは)事実です」「発言は間違っていないと思うけど、シュティーリケ氏から聞くような話ではないと思う」などのコメントが寄せられていることを伝えた。(翻訳・編集/野谷)

Record China / 2018年6月22日 23時20分
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_618234/



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました