【貿易問題】トランプ、G7参加も「浮く」【露の復帰推奨】

4D0F55AB00000578-5821265-image-a-58_1528482603106

G7サミット開幕 米国“孤立” トランプ氏“早退”で米朝会談へ
G7サミット(主要7カ国首脳会議)が、日本時間9日未明、カナダ東部のシャルルボワで開幕した。
保護主義的な政策を示すアメリカと、ほかの参加国との対立が鮮明となる中、トランプ大統領は、閉幕式を欠席すると発表した。
トランプ大統領は、早速ツイッターで貿易不均衡を訴え、フランスやカナダの首脳を名指しで批判している。
歩み寄りは期待できず、立場の違いばかりが目立つ、異例のサミットとなりそう。
トランプ氏は、カナダのトルドー首相との会談で、「関税をなくして、両国にとって平等になるよう努力しているところだ。かなりの進展があったので、どうなるか見てみよう」と述べ、アメリカの貿易赤字の解消をあらためて訴えた。
アメリカを除く6カ国の首脳は、トランプ氏に、自由貿易を推進する立場からの方針転換を促すことにしているが、歩み寄りは難しい状況。
続く↓
yahoo

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました