セクハラ疑惑に与野党批判 外務省課長更迭巡り

セクハラ疑惑に与野党批判

停職9カ月の懲戒処分を受け、外務省ロシア課長を更迭された毛利忠敦氏を巡り、与野党から6日、批判の声が上がった。毛利氏には省内の女性にセクハラをした疑いが浮上している。公明党の石田祝稔政調会長は記者会見...

タイトルとURLをコピーしました