漫画原作・竹熊健太郎氏がドラマ 「ぼくらの勇気 未満都市」 に不満爆発 「釈然としない」

ぼくらの勇気 未満都市 Blu-ray BOX21日、漫画「チャイルド★プラネット」の原作者である竹熊健太郎氏が、自身のTwitter上でドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」(日本テレビ系)をめぐって不満を爆発させました。

同ドラマは1997年に放送された連続ドラマ。ストーリーは、あるウィルスによって20歳未満の子どもだけが生き残る事態に。その後、子どもたちは生きるために力を合わせて国の陰謀に立ち向かい、「20年後、またこの場所で会おう」と約束して別れており、21日には、その20年後となる世界が描かれた続編が放送されて話題になっていました。

竹熊氏は、「あの番組に関しては釈然としない思いがある」と不満を述べ、当時、連続ドラマ版の製作途中にテレビプロデューサーから「竹熊さんの原作に似ていますが盗作ではありません」という断りを入れてきたことを告白。さらに、「『盗作ではない』と言って来たのに金を出そうとした」「盗作ではないので、原作名は出せない」と伝えてくるなど、矛盾するような言動があったこと明かしました。 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました