韓国の世論調査に『韓国人自身が”ありえない”と衝撃を受ける』珍事が発生。日本側は心底呆れている

1:たんぽぽ ★:2018/05/02(水) 19:24:24.57 ID:CAP_USER

2018年5月1日、韓国・中央日報によると、市場調査専門会社トレンドモニターが韓国国民を対象に「外交関係」についての認識調査を実施した結果、「好感の持てない国」の1位に日本が選ばれた。

日本に続いて2位には中国、3位には北朝鮮、4位には米国、5位にはロシアが選ばれたという。記事は「韓国人が日本を最も嫌う重要な理由は歴史問題」と説明している。調査では「日本に好感を持てない理由」として、「過去の歴史を歪曲(わいきょく)する歴史意識」(86.1%)、「植民地支配の歴史」(44.9%)、「独島(日本名:竹島)領有権主張」(41.0%)などが挙がったという。

また日韓の歴史問題への認識に関する質問では、10人中7人が「日本政府の右傾化が深刻」との考えを持っていることが分かったという。さらに10人中9人は「韓国の歴史教育を正すべき」と回答。日本の竹島領有権主張に関する質問には「独島が韓国領であることを国際社会に積極的にPRする必要がある」との声が多かったものの、「独島がなぜ韓国領なのか説明できる」との回答は14年66.4%、16年62%、18年59.3%と毎年減少傾向にあるとのこと。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「日本が1位?信じられない」「日本の外国人観光客数の国籍1位は韓国。これをどう説明する?」「本当に嫌いな国に遊びに行くわけがない」など調査結果に疑問を抱く声が多く寄せられている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.recordchina.co.jp/b597042-s0-c30.html



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました