戊申戦争に使われた「錦の御旗」や征討大将軍の軍服を公開…明治維新から150年!

1: 記憶たどり。 ★
 《 真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市右京区)で、明治維新から150年を記念して、戊辰戦争の際に使われた「錦の御旗」や征討大将軍の軍服などが27日から公開される。

 24日、一足先に報道陣に披露されたのは、官軍が戦場で掲げたという長さ約3メートル、幅約70センチの錦の御旗。白地に金糸で雲の模様が描かれている。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Kinki_(1868)
https://www.sankei.com/west/news/180425/wst1804250009-n1.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524619055/
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました