中国武装警察国旗護衛隊の訓練、首元に針を刺しあごの高さを維持!


 国旗護衛と言えば、天安門広場の国旗護衛隊の颯爽とした姿を思い浮かべるだろう。しかし、中国南西部にもこのような武装警察はいる。

 彼らは毎日訓練所で列を作る、足を踏み出す、国旗掲揚、銃の操作、敬礼などの訓練を行い、ものさしで歩幅を測り、ストップウォッチで歩く速さを計算し、正確に歩調を合わせることが要求される。隊員はあごの高さを維持するために首元に2本の大きな針を刺して訓練する。


c03fd54ab89f16391bc001
http://japanese.china.org.cn/ 
引用元:http://japanese.china.org.cn/
  続きを読む
タイトルとURLをコピーしました