読売新聞が『正体不明の怪人物の証言』を根拠に安倍政権を攻撃。凄まじく胡散臭い模様

1:クロ ★:2018/04/12(木) 15:37:24.99 ID:CAP_USER9

学校法人「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた。

 柳瀬氏は10日に「記憶の限りでは会っていない」とするコメントを出している。

 この出席者によると、15年4月2日に首相官邸で行われた面会には、県と今治市の職員、加計学園の職員らが参加。県職員が作成した記録文書の通り、柳瀬氏から「首相案件」との発言があったとし、「どういう意図でその言葉を使ったかは推し量りかねるが、(獣医学部新設に)前向きだと受け止めた」と語った。柳瀬氏が面会を認めていないことについては、「述べる立場にはない」と話すにとどめた。


読売新聞
2018年04月12日 15時00分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180412-OYT1T50101.html



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました