佐川前局長を『野党議員が”安倍を裏切れ”と恫喝する』凄まじい情勢に。都合の悪い証言を一切認めない

1:あはれをかし ★:2018/03/21(水) 23:20:48.82 ID:CAP_USER9

朝日新聞デジタル 2018年3月21日21時21分
https://www.asahi.com/articles/ASL3P6V9HL3PUTFK009.html


枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

 改ざんされた公文書に基づいて、この1年、国会や国民の皆さんにでっちあげの説明が繰り返されてきた。(財務省前理財局長の)佐川(宣寿)さんが1人でやったはずがない。森友学園問題は最初から首相にかかわる重要案件で、理財局長、財務大臣、首相、官房長官がバラバラに答弁するはずがない。まさに政権ぐるみで 答弁ラインを作り、それにあわせて文書を改ざんした。財務省の問題ではなく、政権全体の問題だ。

 佐川さんに国会で証言してもらうのは入り口の入り口でしかない。文書の偽造で罪に問われるかもしれないので洗いざらい話してくれるか、わからない。でも、佐川さんに期待しましょうよ。佐川さんも40年前にはこの国の未来のために大蔵省に入省した。「初心を取り戻して、国民のために証言してくれ」。そういう声を国民の皆さんから上げようじゃありませんか。

 少なくとも財務省の方が1人命を亡くされ、空前の文書偽造問題にまで発展した。この問題のキーマンが、安倍昭恵さんであることは誰がどう見ても間違いない。後ろめたいことがないなら、さっさと国会で証言してもらえればいい。(東京都新宿区内の街頭演説で)


関連記事
森友文書改ざん 祝日、雨の街頭で野党各党「真相解明を」

毎日新聞2018年3月21日 19時58分(最終更新 3月21日 20時43分)
https://mainichi.jp/articles/20180322/k00/00m/010/056000c



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました