韓国人歴史家が『任那日本府を勝手に歴史改竄して』各方面に喧嘩を売る。百済は日本より優位の存在だった

1:ダーさん@がんばらない ★:2018/03/05(月) 10:19:07.28 ID:CAP_USER

任那日本府は任那国史の名称が日本書紀の完成過程で改変されたと推定

「温祚系百済と沸流系倭の軍事的比較で優れた朝鮮半島支配説は事実ではない」

http://www.breaknews.com/imgdata/breaknews_com/201507/201507074010847.jpg
▲ホンスンジュ失われた韓国古代史研究会会長。

国内歴史学界や言論界は「任那日本府はない」という、防御的歴史観で一貫して発表するが、これは韓日間の正しい歴史を正しく解明できなかったせいで生まれたハプニングなのです。

任那日本府説は、日帝京城帝国大学の日本人歴史学者であった末松保和が彼の本、任那興亡史でAD 4C~6Cに倭が韓半島南部の伽耶地方を統治したと一方的に主張する植民史観の一つの仮説です。

しかし、AD 4C中葉、当時、遼西百済から近肖古王時代には温祚系百済勢力が沸流系勢力(倭)を制圧すると、彼らは韓半島に逃避するようになります。

沸流系勢力が慶尚北道高霊を中心に任那伽耶をしばらく止めて抵抗して百済に敗れて、倭列島に逃げたわけで百済が政治的優位にあったのが実情でした。

このため、当時温祚系百済が沸流系倭との軍事的比較で優れていたため、倭が韓半島に来て支配したという説は事実ではなくなります。

逆に温祚系百済勢力が倭列島に追われた沸流系百済倭を監督管理するための政府機関として、任那国史(任那國司、桓檀古記)、日宮府(日宮府、日本書記)、任那之倭宰(任那之倭宰、続日本紀)などの名称が存続されました。

韓国の記録には任那国史は対馬にあったとされています。百済が現地指導のために派遣した任那王と軍令城主の統制下、倭から派遣された将帥と外交使節が一緒にいた機関が間違いなく任那国史でした。

百済武寧王が7年(507年)に倭を担当する政府部門として日宮府を設置して、日本書紀に武寧王の息子である純陀を倭国に君(君、現地総督)として派遣したという記録が出てきます。

百済聖王時代(544年)には、任那伽耶地域に侵入する新羅真興王勢力を防ぐために慶尚南道咸安地域に設置した任那之倭宰の機関名が続日本期出てきます。

百済軍令城主の統合指揮の下、百済軍と倭から派遣された兵士たちが合同で新羅軍を守る百済と倭の連合軍指揮司令部の性格を持つようになります。

全般的に温祚系百済が沸流系倭国を支配するために任那伽耶地域(韓半島南部)、対馬、九州北部(大分県)などに倭国を統治するため、むしろ百済が主導して設置した監督管理官庁が任那日本府の正体だったのです。おそらく670年の日本建国の後、720年に日本書記が完成される過程において、任那国史などの名称が任那日本府に変更されたのではないかと推定されます。

*筆者/ホンスンジュ。歴史学者。失われた韓国古代史研究会会長。成均館転校(歴史担当)。コラムニスト。

ソース:ブレーキニュース 2018/03/02 [16:46](韓国語)
http://breaknews.com/563418



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました