【立民】有田芳生「『張り子の小池』時代はもう終わりだが、猶予はある。本気で差別禁止条例を作るというなら協力する条件は生まれる」

             

【立民】有田芳生「『張り子の小池』時代はもう終わりだが、猶予はある。本気で差別禁止条例を作るというなら協力する条件は生まれる」

>>続きを閲覧する

この記事のサイト:正義の見方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加