朝日新聞の元旦記事が『違法ギャンブルを全面的に称賛する』凄まじい代物に。異常な状況の危険性を伝えず

1:(^ェ^) ★:2018/01/04(木) 07:17:10.53 ID:CAP_USER9

http://ksl-live.com/blog13019

三重県のパチンコ店だけが大晦日から元日にかけてオールナイトで営業する「夜通し営業」を、朝日新聞の三浦淳平記者が取材し情緒たっぷりに報じている。違法ギャンブルであるパチンコを批判するわけでもなく、最長40時間もパチンコを打ち続ける常軌を逸した行動の危険性を伝えることもない。

誰も「帰って来い」って言わんし…ひとり年越しパチンコ:朝日新聞デジタル

客が「体力が続く限り、頑張りますよ」などと重度の依存症発言をしていても無批判にそのまま掲載し、ご丁寧に1円パチンコのシステムまで紹介する始末だ。

 男性が陣取っていたのは、通常4円の貸し玉を4分の1に下げた「1円パチンコ」の台だ。この日の予算は1万円。当たりが出たり止まったりの繰り返しで、気がつけば年が明けていた。

死ぬまでパチンコの人々

三重県では伊勢神宮の初詣参拝客がトイレに困り、路上で用を足すなどの問題が多発したため、駅前のパチンコ店がトイレを開放するという名目で県に交渉して夜通し営業が可能になったようだ。これに関しても大晦日の朝日新聞で詳しく報じられているが、この記事では「24時間営業のコンビニをはじめ、深夜に利用可能なトイレは増えた。それでも、需要はあるのだろうか。」と疑問を投げかけている。しかし、それに続く文章で、夜通し営業を正当化する県遊技業協会専務理事と県警のコメントを掲載している。

 県遊技業協同組合の佐波豊専務理事は「パチンコ店のトイレはきれいで数も多い。トイレ説は合理的で、地域に大いに貢献している思いはある」と話す。県警によると、深夜営業に関する苦情はなく、「今すぐ条例を改正するべき特段の事情は承知していない」としている。
出典:元日までパチンコ夜通し営業 「風習」理由に三重だけ可:朝日新聞デジタル

どうしてもパチンコの夜通し営業は批判したくないようだ。

1日の記事では、明らかにパチンコ依存症の客らの声を全く批判も危惧もしないまま、情緒たっぷりに掲載している。

続きは以下へ
http://ksl-live.com/blog13019


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました