国賓訪中の失敗で『文在寅が”無様すぎる悪足掻き”を始めて』恥を上塗り中。国民への情報統制に必死

1:動物園φ ★:2017/12/20(水) 12:18:14.51 ID:CAP_USER.net

記事入力 : 2017/12/20 10:39

文大統領「国民向けに訪中成果を積極的にPRせよ」
大統領府のブレーン陣、全閣僚に指示

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、先週行われた中国国賓訪問と関連して、大統領府(青瓦台)のブレーン陣はもちろん全閣僚に対し「韓国国民向けの成果PRを強化せよ」という指示を19日に出した。野党などから、今回の訪中に関して「屈辱外交」「冷遇された」といった批判が出ていることに対応したいという意味だと解釈されている。

 文大統領は19日、大統領府で開かれた国務会議(閣議に相当)で「国民が今回の訪問の成果を一日も早く体感できるよう、後続措置を速やかに推進し、各部門の成果を積極的に広報してもらいたい。国民の目の高さで外交の方向を定め、国民の安全と権益を保護することに最善の努力を尽くしていく」と語った。

 文大統領がこの日、李洛淵(イ・ナクヨン)首相と全閣僚が集まる国務会議でこのような訪中成果PRを指示したのは、韓中首脳会談を通して高高度防衛ミサイル(THAAD)への経済報復を解消したと自己評価しているが、野党やメディアの批判などで関連事実が浮き彫りになっていない、という判断があるからだといわれている。大統領府は今月16日、中国訪問を終えて韓国に戻る専用機の中で、取材記者団に対し成果のブリーフィングを行った。次いで17日には大統領府のソーシャルメディア放送、さらに尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席の公式ブリーフィングまで立て続けに開き「今回の中国国賓訪問は成功だった」と主張した。

朴国熙(パク・ククヒ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/20/2017122001060.html



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました