力士暴行事件で朝日新聞が『国際問題を自作自演で捏造する』最悪の展開に。真っ赤なフェイクニュースだった

1:名無しさん@涙目です。:2017/12/02(土) 00:34:35.69 ID:VPlRjr3h0.net BE:306759112-BRZ(11000)

元横綱・日馬富士(33)の29日の引退表明によって、日本中を騒がせた一連のモンゴル力士暴行事件は次の段階へ進もうとしている。そんな中で、朝日新聞デジタルが「『モンゴル人疎まれた』日馬富士の母国に日本不信」という記事を30日付けで配信して、SNS上では「またいつもの”日本悪い論”にスリ替えてる」と物議をかもしている。

「朝日の記事によると、日馬富士の引退は故郷モンゴルでも大きく報じられ、”英雄”の突然の引退に地元でもやりきれないムードが広がっているとか。しかし、ここからが朝日節全開で、心臓に重大な疾患があるという8歳のモンゴル人少年が登場します。そして少年が支援を受ける医療系NPOに日馬富士が深く関わっていることを明かし、少年の父の『日本人医師と日馬富士は息子の命の恩人。日馬富士を許してあげて』との言葉を、家族の写真入りで引用しています」(社会部記者)

 子供や女性、動物などを代弁者に仕立て上げるのは朝日新聞のお得意の手法。誰にも文句を言わせない、弱者という名の権力を盾に自論を誘導していくリベラルメディアの十八番だ。

「そして記事では『モンゴルはアジア屈指の親日国』で『大相撲は注目を集めてきた』にもかかわらず、今回の事件で『モンゴル人を締め出す』日本人に不信感がめばえ、『中継するチャンネルが激減』し、『モンゴルの大相撲熱は下降』していると説明。『モンゴル人力士が疎まれた』という見方が広まっているとの論説には、朝日新聞がいつも使う日本悪い論、日本人の差別意識がこんなに外国では嫌われてますという誘導が見て取れます」(同記者)

 同記事に対してSNS上では「日本ヘイトきたーw」「ていうか被害者もモンゴル人じゃないの?」「今度はモンゴルと日本仲悪くしようとしてる。 前科者の朝日は何書いてもそう取られる」「朝日っていつも弱者の味方のフリして対立煽るよな」と非難が集まってる。


朝日新聞が日馬富士の暴行事件を「日本人が悪い差別論」にすりかえ批判殺到
http://dailynewsonline.jp/article/1381359/



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました