バリ島火山で続く混乱 空港閉鎖12万人に影響

 インドネシア当局は28日、バリ島東部アグン山の噴火を受けたバリ国際空港の閉鎖を29日午前まで延長すると発表、閉鎖初日の27日と翌28日の2日間で約900便が欠航し、計約12万人に影響が出たと明らかにした。避難対象者は今後9万~10万人に達する見通し。国際的に有名な観光地の混乱はなお続きそうだ。

タイトルとURLをコピーしました