韓国の国際結婚DVに『必死すぎる打ち消し記事』が出てしまった模様。国際犯罪を誤魔化したい

1:らむちゃん ★:2017/11/26(日) 14:17:57.33 ID:CAP_USER.net

朝鮮日報2017年11月26日 5時6分
http://news.livedoor.com/article/detail/13941579/

 ベトナム人女性Aさん(39)は2005年に韓国人男性と結婚し、釜山で暮らしている。当時、ベトナムに進出した韓国企業で18歳年上の夫と出会った。通訳の仕事をしている夫は「最近では、ベトナム人の新婦を紹介してほしい、という韓国人がぐっと増えた」と語った。

韓国人と結婚した別のベトナム人女性Bさん(31)は「私の結婚後、妹も韓国人男性と結婚して同じ街に住んでいる」と語った。

 昨年韓国で結婚した外国人新婦のうち、ベトナム出身者の割合が初めて中国を上回った。統計庁が11月16日に発表した「2016年 多文化人口動態統計」によると、昨年のベトナム人新婦と韓国人新郎の結婚は6054件で、中国人新婦との結婚件数(5838件)を初めて上回った。

国際結婚全体に占める割合も、2014年の20.9%から、昨年は27.9%へとアップした。一方、08年には38.6%を占めていた中国人新婦は減り続け、昨年は26.9%にまで低下した。

■ベトナム人女性の韓国愛

 このところベトナム人新婦と韓国人新郎の国際結婚が増えている背景の一つに、韓流ブームもある。統計庁は「韓国に対する好感が韓国企業への就職や韓国留学へとつながり、そこから韓国人との結婚も増えている」と分析した。

 ベトナム国内に13カ所の売り場を構えているロッテマートの関係者は「ベトナムの20代・30代女性は、ドラマで見た韓国の食品を好んで買い求める。ベトナムの売り場における韓国食品の販売量は、中国の売り場よりも多いほど」と語った。

 加えて、サムスン電子・LG電子などベトナムに進出した韓国の大企業が、洗練された韓国のイメージを植え付ける一助となっている。スマートフォン生産量のうちおよそ40%がベトナム製というサムスン電子は、ベトナム人従業員だけでも10万人を雇用している。

サムスン電子の関係者は「韓国語や韓国文化を学びたいという従業員は多い。韓国語は英語並みに人気が高く、第2外国語レベルになった」と語った。

ベトナムには、韓国語や韓国関連の学科が開設された大学がおよそ20カ所もある。韓国国内との懸け橋になり得る韓国系住民も多い。現在ベトナムでは12万人の韓国系住民が暮らしており、これは東南アジアの中では最も多い。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む
タイトルとURLをコピーしました