立民VS民進、地方議員めぐり争奪戦勃発 枝野氏「決断促し」に大塚氏が反発、駆け出し政党の焦りか

 民進党の地方議員をめぐる「争奪戦」が勃発した。立憲民主党の枝野幸男代表が「年内に態度をはっきりしてほしい」と決断を促したことに対し、民進党の大塚耕平代表が「強要はあってはならない」と反発したのだ。バトルの背景には、2019年の統一地方選まで2年を切り、互いに焦りを隠せない切迫した「お家事情」があるようだ。
タイトルとURLをコピーしました