陸自、米海兵隊を真似た新戦力の編成へ【水陸機動団】

国際関係・international relations
fbb92640ff048804f84827d4933586dc

陸自の水陸機動教育隊発足=尖閣防衛、専門部隊編成向け―長崎・佐世保
沖縄・尖閣諸島などの離島防衛を主任務とする「水陸機動団」の2018年3月末の編成に向け、「水陸機動教育隊」の発足式が27日、陸上自衛隊「相浦駐屯地」(長崎県佐世保市)で行われた。
水陸機動団は、米海兵隊をモデルにした部隊で、相浦駐屯地の西部方面普通科連隊を中心に3000人規模で編成。中国による離島侵攻を念頭に、防衛・奪還作戦に必要な戦術・戦闘能力を獲得する。米海兵隊が使う水陸両用車「AAV7」が配備される。
離島防衛の有事の際には、AAV7は海自佐世保基地(佐世保市)から「おおすみ」型輸送艦に搭載され、前線に運ばれる。陸自が佐賀空港(佐賀市)に配備する予定の新型輸送機「オスプレイ」を投入する構想も進められている。
yahoo

「米軍と自衛隊による共同訓練を見てみよう」
「お前等って、なんでそんなに中国を嫌うの?」
「日本・中国友好のスレ!」
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました