サンシャイン水族館の魚1235匹死ぬ 酸欠が原因か

 東京・池袋のサンシャイン水族館は8日、展示の目玉である大型水槽「サンシャインラグーン」でトビエイ類やタカサゴ類など魚類24種類1235匹が死んだと発表した。この水槽で飼育中の生物の94%に当たり、酸欠が原因とみられる。9日も通常通り営業する。

タイトルとURLをコピーしました