【議席数に応じた質問時間配分】立民・枝野代表 「全くの論外、暴論の取り下げを」菅官房長官「そこは当然」

自民党
1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [CN] 2017/10/30(月) 12:34:22.89 ID:KoydtcAc0 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
そのうえで、枝野氏は自民党が野党側に多く配分されてきた質問時間を議席数に応じた配分に改めたいとしている
ことについて、「全くの論外だ。とんでもない暴論とも言える主張は一刻も早く取り下げて、建設的な議論ができる状況を作ってほしい。一切、妥協する余地は無い」と述べ、応じられないという考えを強調しました。

菅官房長官は午前の記者会見で、「政府としてのコメントは控えたいが、国会議員はそれぞれ国民の負託を得て当選してきており、ひとしく質問できるよう各会派の議席数に応じた質問時間の配分を行うことは、国民からすれば、もっともな意見であると考える。現に参議院ではそれに近い時間割で行っているのではないか。全体の質問時間を考慮する中で、国会でよく検討されるべきだと思う」と述べました。
56

そのうえで、菅官房長官は記者団が「政府・与党としては議席数に応じた質問時間の配分が基本だという認識か」と
質問したのに対し、「そこは当然のことだと思う」と述べました。
16

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011203861000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

関連スレ
正論】自民党「議席数が与党7:野党3なのに、質問時間が与党2:野党8なのはおかしくね?」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1509101460/
人気ブログランキングへ

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました